三浦貴大は映画「怒り」にも出演!七光り俳優と呼べない存在感とは?

三浦貴大は映画「怒り」にも出演!七光り俳優と呼べない存在感とは?出典:http://newssokuho.com

三浦貴大は映画「怒り」にも出演!七光り俳優と呼べない存在感とは?

三浦貴大は映画「怒り」にも出演!役どころは刑事役!

三浦貴大(みうらたかひろ)は、今話題のイケメン俳優です。父は俳優の三浦友和で、母は元歌手の山口百恵です。2010年にデビューして以来、これまで数々の映画やドラマ、CMに出演してきました。

三浦貴大が出演した映画には、2016年に公開された大作映画「怒り」もあります。渡辺謙や綾野剛など、豪華キャストが出演しているということでも話題になったこの映画。三浦貴大の役どころは、刑事・北見荘介でした。映画「怒り」で、三浦貴大は、責任感や焦りを感じながら殺人事件を追い続ける若き刑事の姿、そして刑事としての「怒り」の感情を見事に演じています。

三浦貴大、七光り俳優と呼べない存在感とは?その演技力はハンパなかった!!

三浦貴大が、三浦友和・山口百恵夫婦の間に生まれた二世俳優だということで、親の七光りで芸能界に入ったのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、その演技力で、すでにかなり高い評価を得ている三浦貴大。親の七光りだけで、ここまでの実力派俳優になれるはずもありません。

デビュー当時の三浦貴大は、「親の七光り」と言われることを覚悟していたといいます。一方で、自分に実力があれば、そんなことも言われなくなるに違いないと信じてもいたとか。真摯に俳優を志していた三浦貴大にとって、両親の名声は、むしろ邪魔だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

恵まれた環境であることに甘えることなく、俳優としての高みを目指し、ずっと努力し続けてきた三浦貴大は、自身の演技に満足したことは、これまで一度もないそうです。

三浦貴大の熱愛彼女は優香ではなかった?高校大学、プロフィールは?

三浦貴大の熱愛彼女は優香ではなかった?元彼と言われていたけれど……

三浦貴大には優香との熱愛の噂がありました。共演がきっかけで付き合うようになったと言われ、2人で食事している写真を週刊誌にも撮られたことも。結婚間近とまで言われていました。しかしその頃、優香は、シンガーソングライター山中さわおとの破局が報じられていました。その後、優香が実際に結婚したのは、俳優の青木宗高です。

優香が結婚したことで、一部では「元彼」と書かれてもいる三浦貴大ですが、情報をつなぎ合わせてみると、優香との熱愛報道にはあまり信ぴょう性がないようにも見えます。交際は、優香の所属事務所が、三浦貴大の母である山口百恵も所属していたホリプロという縁で、プライベートで親しくしていた程度だった様子。ちなみに、三浦貴大には現在、彼女はいないようです。

スポンサーリンク

三浦貴大の出身高校大学、プロフィールは?精神保健福祉士を目指すも演技の道に

三浦貴大は、1985年11月10日生まれ。成城学園高校出身で、順天堂大学を卒業しています。父は、名優・三浦友和で、母は、伝説級の人気歌手だった山口百恵。兄は、シンガーソングライターの三浦祐太朗です。従兄弟には、俳優の絲木建太(いとぎけんた)もいます。

まさに芸能一家に育った三浦貴大ですが、2010年に「RAILWAY 49歳で電車の運転士になった男」でスクリーンデビューした時、彼の両親について知っているのは、ほんの一部の人だけでした。ですから、その年の日本アカデミー新人賞を受賞は、親の七光りによるものではなく、純粋に三浦貴大の演技力が高く評価された結果です。大学時代は、精神保健福祉士になることを目指していた三浦貴大。

しかし、国家試験のための実習中に、この仕事に自分が適しているかどうか悩むようになりました。俳優になることを決意したのは大学卒業後で、父の三浦友和には、相談ではなく、決意のほどを報告したそうです。自身の演技力だけで勝負してきた三浦貴大には、これまでに出演した映画やドラマがたくさんあります。

主な出演作品としては、映画では「永遠の0」「進撃の巨人」「怒り」、ドラマでは「探偵の探偵」「花燃ゆ」「モンタージュ 三億円事件奇譚」など、いずれも大作がずらり。主演を任されることも増えてきています。

三浦貴大、「銭形警部」など最新話題作に多数出演!幅広い役柄で、その実力を見せつける!!

三浦貴大は、2017年2月10に放映された日テレ「金曜ロードショー 銭形警部」に、警視庁捜査一課の刑事・国木田晋太郎役で出演しました。「銭形警部」は、あの人気アニメ「ルパン三世」に出てくる銭形警部をフューチャーした実写作品で、「銭形プロジェクト」として、日テレ・WOWOW・Huluが共同制作したものです。

今後、WOWOWやHuluでも続編が放送される「銭形プロジェクト」で、主役の銭形警部役を演じているのは、鈴木亮平。他にも、警視庁捜査一課の女性刑事・桜庭夏希役に前田敦子、管理官・城ヶ崎等役に渡辺いっけいなど、個性的なキャストが勢揃いしています。

三浦貴大の役どころは、涙もろくてちょっと気の弱い性格の刑事。失敗ばかりで、なかなか実績が上がらないのですが、爆弾事件が発生したことから銭形警部と行動を共にすることに。「金曜ロードショー 銭形警部」では、型破りで頑固な銭形警部に振り回されながらも、刑事として成長していく姿で魅せました。主演の鈴木亮平は、ドラマの発表記者会見で、三浦貴大の演技について「素晴らしい脇役だ」と大絶賛しています。

数多くの映画やドラマに出演してきた三浦貴大ですが、話題作であるほど脇役が多い印象です。しかし、脇役であっても、そのストーリーになくてはならない重要な役柄ばかり。三浦貴大の演技力に強い信頼が寄せられていることがうかがわれます。そんな三浦貴大は、2017年5月13日に劇場公開される、石橋静河、池松壮亮のW主演映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」にも、脇役として出演します。

ラブストーリーなので、「銭形警部」の刑事役とはまた違った三浦貴大の演技を見ることができるはずです。イケメンではあるものの、どちらかといえば地味な感じのする三浦貴大の演技力は本物。これからも、長く活躍し続けてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る