宮本エリアナに母の壮絶過去!喫煙疑惑は高校時代か?!

宮本エリアナに母の壮絶過去!喫煙疑惑は高校時代か?!出典:http://9rious.jp

宮本エリアナに母の壮絶過去!喫煙疑惑は高校時代か?

宮本エリアナは母に捨てられた過去があった!

宮本エリアナにとって、親愛するべき母はまた、壮絶な過去でもありました。宮本エリアナの父と母は、まだ宮本エリアナが幼い頃に離婚しているため、女手一つで子育てをしてきた宮本エリアナの母。宮本エリアナの父はアフリカ系アメリカ人で、名前はブライアント・スタンフィールド。母は、日本人です。

ハーフとして生まれた宮本エリアナは、母子家庭という要素も加わって、ひどい偏見を受けていたといいます。母は、そんな宮本エリアナに良い生活をさせてあげたいと一心不乱に働きました。しかし、その負担は、母の心身を蝕んでいき、宮本エリアナが中学1年生の時、遂に育児を放棄して失踪。宮本エリアナは、中学卒業後に心機一転アメリカへ留学していますが、娘の海外生活を心配した母がアメリカへやって来て再会を果たした時には、すぐには受け入れることができなかったそうです。

宮本エリアナの母への反発?喫煙疑惑は高校時代か?

宮本エリアナは、母が失踪した当時、「自分がハーフだからかな……」と自分を責め、育ての母である伯母によると、毎日泣いて暮らしていたそうです。世間だけではなく、母にまで捨てられてしまったら、その反動でグレてしまってもおかしくありません。そこで話題になっているのが、宮本エリアナの喫煙画像。宮本エリアナは高校時代、留学先のアメリカでクラブ勤務をしていました。

本人のツイッターには「夜の世界が好き。16歳から始めたので、周りからいろいろ言われるけど。」というつぶやきと共に、いかにも遊び人風の宮本エリアナの画像が。例の喫煙画像も、その頃のフェイスブックに上げられていたものです。宮本エリアナは高校を中退しているため、高校時代の喫煙画像というと語弊があるかもしれませんが、18歳未満だったとしたらアメリカの法律でもアウトです。

スポンサーリンク

宮本エリアナがミスユニバースを目指した理由!カップ、身長体重は?

宮本エリアナがミスユニバースの舞台で訴えたかったこと!

宮本エリアナがミスユニバース・ジャパンのコンテストに応募した理由は、ハーフとしての立場から人種差別撤廃を世界中に訴えるため。きっかけは、宮本エリアナと同じく、ハーフを理由とした差別に苦しんでいた親友の自殺でした。自らの出自を克服して表舞台に立った宮本エリアナが、「日本はハーフに対する偏見が強すぎる」と訴えれば”日本批判”のレッテルを貼られるなど、ミスユニバースの選考過程においても前途多難な様相でしたが、見事にミスユニバース日本代表を獲得。

しかし、宮本エリアナに向けられた世界の反応までもが「日本代表に見えない」「外国人」という差別的なものだったのです。それでも親友の死を背負った宮本エリアナは、「そうした議論が起こっただけでも出場した意義があった」と力強いコメントを残しています。

宮本エリアナの水着のカップがスゴイ!身長体重は?

宮本エリアナがミスユニバースの舞台で披露した水着姿は、スレンダーながらもグラマラスだと話題になりました。推定E~Gカップの宮本エリアナは、スリーサイズB87-W60-H87ということで、やはりハーフだけあって、日本人とはかけ離れた抜群のスタイルです。宮本エリアナが、長時間の有酸素運動よりも、短時間の全力ダッシュをエクササイズに取り入れるのは、胸の形を美しく保つためなのだとか。

スポンサーリンク

宮本エリアナは身長173cmという高身長の持ち主ですから、水着姿よりも、胸がパックリ開いたドレスを着ると、ハリウッド女優ばりの貫禄が感じられます。宮本エリアナの体重については公表されていませんが、55kg前後ではないかと言われています。

宮本エリアナがミスユニバース日本代表は変?強気キャラはバラエティにうってつけ!

宮本エリアナが、ミスユニバース日本代表として世界大会に出場すると、日本ばかりでなく、海外からも思わぬ批判が浴びせられました。人種のるつぼといわれるアメリカでも同様の批判は起こっています。世界は、日本代表に、アジアンビューティを求めているだけであって、宮本エリアナ自身の出自を批判したわけではないのでしょう。しかし、ハーフとして生まれただけで活躍の場が狭められるのはフェアではありません。

宮本エリアナは「羨ましいから言っているのよ」「あなたの個性なのよ」という母の言葉によって、自らの出自を乗り越えたのだといいます。現在、日本では、日本人にはない美しさを持った多くのハーフタレントが活躍しています。マイノリティを批判すると、マイノリティになりたくてもなれない負け惜しみに聞こえる時代に確実になってきました。宮本エリアナは、ミスユニバース日本大会初のハーフ代表という珍しい経歴と共に、最近ではバラエティでもかなりのキワモノぶりを発揮しています。

2016年4月23日放送の「有吉反省会」でも、「性欲が強い」と発言して有吉弘行らをたじろがせるなど、あけすけで強気なキャラが面白いと話題に。ミスユニバース世界大会では、惜しくも10位と入賞を逃してしまいましたが、批判されても表舞台に立ち続けた打たれ強さは、今後の宮本エリアナにとって最大の武器となりそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る