宮田大はチェロ界屈指のイケメンチェリスト!プロフィールは?

宮田大はチェロ界屈指のイケメンチェリスト!プロフィールは?出典:http://www.hhf.jp/www/hhf/index.html

宮田大はチェロ界屈指のイケメンチェリスト!プロフィールは?

宮田大はチェロ界屈指のイケメンチェリスト!国際コンクール覇者の音色の秘密とは?

宮田大は、日本チェロ界の中で、特に男らしい色気を漂わせたイケメンチェリストとして近年注目されています。そして、チェロの実力のほうは、ルックスを全く裏切らない世界トップレベル。2009年にパリで開催された、世界最高峰の第9回ロストロボーヴィチ国際チェロコンクールで、日本人初の優勝者となった宮田大。彼の奏でるチェロの音色には、作品の内奥を、聞き手の心に訴えかける豊かな歌を聴くことができます。

コンクール2次予選前、宮田大は、バスティーユ近くの店でパティシエをしている友人の”オペラ”というケーキを食べました。押しつけがましくなく、自然に主張するオペラの味にインスピレーションを与えられた宮田大は、そのような演奏を心がけたと話しています。

第1次予選のバッハや、現代曲の無伴奏作品のテクニックも素晴らしいものがありましたが、インスピレーションによる変化が、今の宮田大の愛情深いチェロの音色を生んだとも言えそうです。

宮田大のプロフィール!父親もチェリストだった!

宮田大は、栃木県宇都宮市出身。1986年7月5日、両親ともに音楽家という恵まれた環境に生まれました。宮田大の父親・宮田豊もまたチェリストで、現在は、スズキメソード銀座教室でチェロ講師をしています。宮田大は、3歳からこの父親に付いてチェロを学び、中学1年生以降は、倉田澄子ら名立たる音楽家に師事。桐朋女子高等学校音楽科、続く桐朋学園大学ソリストディプロマコース在学中には、第7回コンセール・マロニエ21、第74日本音楽コンクールなど、出場した国円内コンクールでは全て1位(1位なしも含む)入賞を飾っています。

スポンサーリンク

特待生扱いで入学した桐朋学園大学を主席で卒業した宮田大は、その後、ジュネーヴ音楽院在学中の2009年に、第9回ロストロボーヴィチ国際チェロコンクールで優勝。2011年に「宮田大first」でCDデビューを果たし、2013年までクロンベルク・アカデミーで研鑽を積んでいます。

宮田大と小澤征爾の約束は果たされた?チェロコンサート情報は?

宮田大が小澤征爾にしてもらった約束!夢の共演実現までの成長が素晴らしい

宮田大の本格デビューに際し、2011年1月に、自らがタクトを振る公演のソリストに宮田大を起用したのは、世界のマエストロ小澤征爾でした。宮田大と小澤征爾が共演する曲は、プロのチェリストならば必ず通る道でもある、ハイドンの「チェロ協奏曲」。小澤征爾は、公演に向けて「下品すぎない程度にもっと!」「もっと音楽バカになれ!自由奔放に!俺はあいつを変えたいんだ!」と新鋭・宮田大に多大なる情熱を傾けてきました。

しかし、直前になって、小澤征爾が体調を崩し、公演は中止となってしまいます。宮田大は、病床の小澤征爾が電話で語った「来年は必ずやるから、待っていてください」という約束を信じ、あの厳しくも熱い音楽への愛を胸に、みるみる間に世界から注目される若手筆頭チェリストに急成長。

スポンサーリンク

そして2012年1月、ようやく宮田大と小澤征爾の約束が果たされることになったのです。全国5公演中、小澤征爾が指揮をできたのは、たった2日間だけでしたが、宮田大の音楽人生にはこの上ない財産になったに違いありません。

宮田大のチェロコンサート情報!アンサンブルやオーケストラ共演も注目!

宮田大のチェロの音色をCDでゆっくり堪能するのもいいですが、やはり一度は生演奏を体感してみたいですよね。現在予定されている宮田大チェロコンサートスケジュールは、2016年6月3日東京ヤマハホール、6月5日北海道札幌コンサートホールkitara、6月11日長野県八ヶ岳高原ロッジ、9月10日東京サントリーホール、9月17日大阪いずみホール、10月8日静岡音楽堂AOI。

また、6月26日東京サントリーホールのピアニスト小山実稚恵らとの室内楽アンサンブル、6月18日長崎アルカス佐世保の東京交響楽団公演では、ドヴォルザーク「チェロ協奏曲」、2017年東京オペラシティの東京シティフィルハーモニック管弦楽団公演では武満徹「オリオンとプレアデス」のソリストとして宮田大が登場します。6月3日公演分のチケットはすでに完売となっておりますので、気になる公演がございましたらぜひお早めに。

宮田大がチェリストを目指したきっかけ!「徹子の部屋」出演でファン急増の予感!

宮田大がチェロに賭ける情熱は、「死ぬまで弾き続けたい」との言葉どおり、まさに命そのもの。チェロは、最も人間の話す声に近い音色を持っている楽器であり、それに生命を与えることこそが宮田大がチェリストとして最大の喜びとするところです。チェロ学び始めた頃は、まだ遊びのような感覚で、練習自体はあまり好きではなかったものの、父親の工夫もあって、音が出る喜びに目覚めたという宮田大。その後、宮田大は、多くの音楽家に師事して、音楽を奏でる心技を養い、コンクール優勝歴を重ねてきます。

そんな宮田大が、プロのチェリストを志すようになったきっかけは、高校1年の夏に参加した小澤征爾主催「2002若い音楽家のためのサイトウキネン室内楽勉強会」。同年9月、サントリーホールで行われた、小澤征爾指揮の桐朋学園音楽部門創立50周年記念コンサートで協奏曲ソリストに選ばれたことで、小澤征爾の音楽への情熱に心を熱くしたのです。その頃から宮田大の才能に目をかけていた小澤征爾には、2009年の国際コンクール優勝以降も慢心せず、年を追うごとに奥行き増す宮田大の姿は、誇らしく映っているはずです。

2016年5月17日、宮田大は「徹子の部屋」に登場しました。何しろ宮田大はイケメンですから、これをきっかけにクラシック音楽ファン以外の注目度も一気に高まる予感。宮田大はデビュー当初、女性の好みを”さりげない気配りができ、目力のある年上女性”と語っていましたが、今後は「宮田大には彼女はいるの?」という話題も増えそうですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る