宮脇咲良は劇団四季子役だった!HKTの次世代エース?

宮脇咲良は劇団四季子役だった!HKTの次世代エース?

宮脇咲良は劇団四季子役だった!HKTの次世代エース?

宮脇咲良は劇団四季子役だった!

宮脇咲良は、HKT48チームKIVやAKB48チームAで活躍中のアイドルです。芸能活動を始めたのは早く、なんと小学6年生の時に劇団四季で子役を務めた経験がある宮脇咲良。ミュージカル好きな母親の影響を受け、幼い頃から舞台を夢見てトレーニングを重ねてきました。そうした努力が実り、宮脇咲良は、劇団四季ミュージカル「ライオンキング」のヤングナラ役を見事に射とめ、夢の舞台に立つことができたのです。

劇団四季には「慣れは去れ」という言葉があるそうです。その意味は「慣れることに甘んじていると、いずれ崩れるので、そのような人間は劇団を去れ」という厳しいもの。その言葉どおり、子役にも容赦なくプロ意識を求めるため、過酷な訓練となりましたが、一方で、劇団四季で得たものは、宮脇咲良の人生に大きな影響を与えました。

宮脇咲良はHKTの次世代エース?

宮脇咲良は2011年、HKT第1期メンバーに選ばれ、劇場デビューを果たしました。翌年の総選挙では、HKTメンバー内で唯一47位に選ばれた宮脇咲良。このまま順当にセンターを獲得するかと思われましたが、大方の予想を裏切り、1~3曲目では2期メンバーに先を越され、辛酸を舐めることとなります。

しかし、中学生中心の覚束ないメンバーの中、HKTに移籍してきたアイドルの先輩・指原莉乃を間近に見た宮脇咲良は「HKT内で争うのではなく、もっと視野を広げ、HKTを盛り立てていこう」という心構えを持つことができるようになりました。「ライバルは大先輩のさっしー!」、そんな目標を掲げ、昨年、見事神セブン入りを果たした宮脇咲良、HKTの次世代エースとしての資格は十分です。

スポンサーリンク

宮脇咲良がドラマ「マジすか学園」に大抜擢!震災ルポが秋元康をも感動させた!

宮脇咲良がドラマ「マジすか学園」に大抜擢!

宮脇咲良は、島崎遥香とともにドラマ「マジすか学園4」の主役を演じました。マジすか学園シリーズは、AKBグループメンバーが多数出演するヤンキードラマ。ストーリーや役名に、現実世界のポジションやエピソードが反映されているところが見所の一つとなっています。1から2にかけて主演した前田敦子は、渡辺麻友と松井珠理奈を後継に選んだところで終了。

現実世界での後継者争いの様子が如実に反映されていました。3から主演しているのは島崎遥香で、これまた現実世界で人気急上昇したところが見事に活かされています。4では、現トップの島崎遥香演じる「ソルト」と、転校生として登場した宮脇咲良演じる「さくら」とがテッペンを争います。

また指原莉乃が、停学処分で博多に転校したスキャンダルという役で登場……実際かなりのスキャンダルがあっただけに、なかなか大胆なネーミングです。
AKB創設時からの絶対エース前田敦子、すでに次世代エースとして活躍中の島崎遥香に続く主演が宮脇咲良でしたから、いかに期待されているかが分かりますね。

スポンサーリンク

宮脇咲良の震災ルポが秋元康をも感動させた!

宮脇咲良の震災ルポがすごいと、もっぱらの噂になっています。宮脇咲良の震災ルポとは、AKBの一員として、被災地訪問に参加した時に感じた思いを書き綴ったものです。震災支援に自分が行くこと自体に不安を覚えながら現地に赴いた宮脇咲良は、被災者に直に触れることで、震災の恐ろしさや悲しみを感じるとともに、それでも前に進もうとする強さ、明るさに励まされることになりました。

力づけるために訪問したはずが、逆に元気をもらうことになったことに気付いた宮脇咲良。自分ももっと強くなれる、もっと頑張ろうと心に誓う震災ルポの文面には、AKBグループのプロデューサーである秋元康も涙が出たとコメントしています。

宮脇咲良、単独センターで次世代エースとして覚悟!今年の総選挙はどうなる?

宮脇咲良が、AKB10周年記念曲でセンターを務めることが分かりました。卒業生の前田敦子ら総選挙歴代1位の面々が顔を揃えた中で、センターに選ばれたのが若干17才の宮脇咲良という異例とも思われる事態。AKBグループにとっての大きな区切りの場面で、AKB本体ではなく、姉妹グループからセンターを輩出したことになります。宮脇咲良の初めてのセンター曲は、AKBのシングル曲。その年に総選挙で1位に輝いた渡辺麻友とのダブルセンターでした。

初の大役を任された宮脇咲良は、突然のことに、その決定を聞いて泣き崩れてしまいました。大きなチャンスを与えられると、得るものも大きいですが、当然、風当たりも強くなります。心ないアンチの言葉に傷つき体調を壊したり、不安に押しつぶされそうになったり、HKTの同期に愚痴をこぼすこともあったという宮脇咲良。何度も挫折を味わってきましたが、幼い日に培った芸能活動への真摯な思いが揺らぐことありません。

昨年の総選挙で神セブン入りを成し遂げた時には「AKBを壊したい」と力強くスピーチし、秋元康から指名を受けた時には、「賛否両論あると思う」とコメントしている宮脇咲良は、本当に強くなりました。今年の総選挙に向けて、誰よりも早く立候補の手を上げた宮脇咲良。次世代エースとしての自覚もばっちりで、まさに機は熟しました。6月18日に開票が行われる新潟のステージで、宮脇咲良の喜びの声を聞くことを楽しみにしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る