宮里藍と結婚が噂される彼氏って?引退後は指導者活動も?

宮里藍と結婚が噂される彼氏って?引退後は指導者活動も?出典:http://pinky-media.jp

宮里藍と結婚が噂される彼氏って?生い立ちやプロフィールは?

宮里藍の彼氏は阿部寛似の30代マネージャー?引退理由は結婚ではなかった?

「藍ちゃん」の愛称で人気を集めたプロゴルファーの宮里藍。今シーズン限りでの引退表明への世間の反響は、予想以上に大きかったようです。プロゴルファーとして、まだこれからという時期に苦渋の選択だったと想像されますが、彼女自身の下した決断は大いに尊重されなければなりません。

引退理由については、「結婚ではないか?」という噂も流れており、実際に、引退会見の席上で「近々結婚は?」という質問も飛び出しています。これについては、本人が「今のところはないですね」と明確に否定しました。しかし、これで宮里藍の結婚の噂が消えてなくなったわけではありません。宮里藍の結婚相手として有力視されているのは、プロ転向の2003年からパートナーとして活動している30代のマネージャーです。

英語にも堪能で、ルックスは俳優の阿部寛似で長身のイケメンだとの情報もあります。活動拠点をアメリカに置いて以降は事実婚状態で、家族ぐるみの付き合いはかなり親密だとか。とはいえ、宮里藍の父親も、引退理由は「結婚が理由ではない」と語っているため、結婚のニュースがすぐに飛び込んでくることはないでしょう。

宮里藍の命名由来は「トップが取れるように」という父親の願い!史上初の高校生プロゴルファーに!

宮里藍は、1985年6月19日生まれで、沖縄県国頭郡東村出身。身長155cmで、体重52kgです。「藍」の命名の由来は、「トップがとれるように」と言う願いを込めて、辞書の最初のほうに出てくる単語を探して父親がつけたとか。兄の聖志、優作もプロゴルファーであることから、「宮里3兄妹」と呼ばれることも。2000年、中学校2年の時に「ダイキンオーキッドアマチュアゴルフ選手権」で優勝すると、同年3月開催の「第13回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」でプロツアー初出場を果たした宮里藍。

スポンサーリンク

その後は、沖縄から離れた仙台市にある東北高校へ進学し、アマチュアながら数々の女子プロゴルフトーナメントに参加し、マスコミから「天才」と取り上げられるようになりました。高校3年にして、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝し、同年にプロに転向すると、史上初の高校生プロゴルファーとなります。その存在は、ライバルの横峯さくらとともに女子プロゴルフ界へ新風を吹き込む存在として注目され、彼女が参加する大会は大観衆を動員するなど、低迷していたゴルフ人気の復活に大きく貢献しました。2006年からは、アメリカツアーに参加し、活躍の場を世界へと広げています。

宮里藍の高校時代の活躍!最盛期の成績や獲得賞金は?

宮里藍の高校時代はアジア大会金メダルの活躍!強豪東北高校進学で才能開花!

沖縄出身の宮里藍ですが、なぜ遠く離れた東北高校へ進学したのでしょうか?それは、次兄の宮里優作が、ゴルフの名門・東北福祉大学に在学して活躍していたからです。そんな宮里藍の高校時代の活躍には目覚ましいものがありました。中学時代に早くも全国中学選手権連覇を遂げるなど、ゴルファーとしての素質を見せつつあった宮里藍ですが、それが開花したのが高校時代でしょう。「天才高校生ゴルファー」として注目を集め始めたのは、2002年の釜山アジア大会で金メダルを獲得した高校2年の頃です。

その後も数々のトーナメントに参戦して、「フジサンケイレディスクラシック」では、最終順位4位ながらも優勝争いを演じるなど、将来を嘱望される存在に。高校3年のときに出場した日本女子アマチュアゴルフ選手権競技での優勝に続き、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」でも優勝を決めると、世間の見方も「プロ転向は疑いなし」という雰囲気になりました。そして、実際に高校生として史上初のプロ転向を発表するなど、この頃の宮里藍は本当に神がかっていました。

スポンサーリンク

宮里藍の最盛期は日本人初の世界ランキング1位!獲得賞金は日米で13億円?

日本女子プロゴルフ協会発表による生涯獲得賞金ランキングによると、2017年5月28日現在で、生涯出場が97試合の宮里藍は、4億1734万2622円を獲得し、ランキング43位です。しかしこれは、日本女子プロゴルフ協会の発表で、アメリカで活動してきた時期の宮里藍の実績が考慮されておらず、国内ツアー限定の数字であることに留意する必要があります。アメリカツアーでは、ランキング21位で、約817万ドルを稼ぎ出しています。

日本円に置き換えると、今のレートで9億円は下りません。つまり、日米両国にまたがって13億円の賞金を稼ぎ出したということになります。2010年には、アメリカツアーで年間5勝を挙げて、日本人初となる世界ランキング1位にまで登り詰めた宮里藍。しかし、2013年以降は優勝から遠ざかり、2014年は賞金ランキング86位に陥落したばかりか、2015年は試合でトップ10入りゼロと苦しみ続けていました。通算勝利は、日本で14勝、アメリカ9勝をマークしています。

宮里藍の引退理由はモチベーションの低下だった!今後は指導者活動も示唆?

名実ともに日本女子ゴルフ界を牽引した存在といえる宮里藍の現役引退表明は、非常に大きな衝撃をもたらしました。2003年に、高校生として史上初のとなるプロ転向を発表してから15年。女子ゴルフ人気に貢献した宮里藍の功績は、計り知れないものがあります。2004年には国内で5勝をあげ、その後の活動拠点となったアメリカでも、2009年に初優勝し、2010年に世界ランキング1位になると、試合後にサインを求めるギャラリーが殺到。英語も堪能な宮里藍に憧れてプロを志し、ゴルフを始めた後進も数え切れないほどです。

そんな宮里藍も、近年は優勝には縁遠く、苦しむ日々が続いていました。会見で彼女が真っ先に挙げた引退理由は、「モチベーションの維持が困難になった」ということです。「4、5年前からモチベーションを保つのが難しくなった」と語りましたが、これは優勝から遠ざかった時期とも一致しています。休養して、何年後かに現役復帰という選択肢も考えられそうなものですが、「プロでやる以上、そこまで甘くはない」ときっぱりと否定。

しかし、現役復帰の可能性こそ否定したものの、「違った形で恩返しできれば」と、指導者などとしての活動を示唆しています。結婚については「今のところはない」と否定していますが、「子供ができたらゴルフを勧めるか?」との質問には、「一緒に遊ぶような感じなら、やってみたいなとは思う」とも答えた宮里藍。今後は、これまでとは違った形でゴルフに携わりつつ、女性としての幸せを求めていくことになりそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る