宮沢りえ 父親は?拒食症、刺青、中村勘九郎との噂の真相

宮沢りえ 父親は?拒食症、刺青、中村勘九郎との噂の真相

宮沢りえ 刺青の秘密、りえママとの確執とは?

宮沢りえ りえママとの関係は?

女優の宮沢りえがラジオ番組『なかじましんやの土曜の穴』で、実は伝説のモデルであった山口小夜子に憧れて、自身はモデルを志していたことを告白。今や日本を代表する女優となった宮沢りえですが、女優宮沢りえを語る上で、忘れてはならないのはりえママこと、光子さんの存在です。

ステージママとして宮沢りえを全面的にサポートするだけでなくプロデュース業にも優れていました。17歳のときに出した『サンタフェ』は150万部を超えるベストセラーとなり、宮沢りえ人気を不動のものにしました。一卵性母子と言われた宮沢りえと光子さんでしたが、人には言えぬ確執もあったようです。母を亡くした宮沢りえは「私は役者として、母として、女として、憎しみなく生きようと思います。」との意味深なコメントを残しました。

宮沢りえ 刺青を入れているって本当?離婚、子供は? 

2009年に授かり婚をした宮沢りえでしたが、結婚生活は長くは続かずにわずか三年で離婚。宮沢りえの子供の名前は今流行のキラキラネームらしいのですが、娘を大学まで一貫教育の成城に通わせるなど非常に教育熱心なことで知られています。
美肌で有名な宮沢りえ。ですが、宮沢りえが刺青を手足に入れているとの情報が!実はこの刺青、ヘナタトゥーと言ってヘンナという植物から取れる染料を使って肌に上に描いたものでした。お風呂程度では落ちませんが、それでも徐々に薄くなるとか。肌に負担のないことから、おしゃれな若者の間でも人気がありますね。

宮沢りえ 中村勘三郎との噂の真相は?

宮沢りえ 父親はオランダ人でハーフ

宮沢りえは1973年4月6日生まれ、東京都練馬区の出身です。宮沢りえの父親はオランダ人、母親が日本人のハーフですが、幼少期に両親が離婚したため、本人は父親と会話した記憶がほとんどないそうです。11歳の時にモデルとしてデビュー。『週刊セブンティーン』の表紙モデルとなりました。宮沢りえをトップアイドルにしたのは『三井リハウス』初代リハウスガール白鳥麗子役です。その後、1989年、初主演映画『ぼくらの七日間戦争』で日本アカデミー賞新人賞を獲得。小室哲哉作曲の『ドリームラッシュ』で歌手デビューしました。翌年1990年には、『第41回NHK紅白歌合戦』に「のびのびと歌いたい」との本人の希望で初の中継出演を果たします。

スポンサーリンク

宮沢りえ 貴乃花との婚約解消で拒食症に ビートたけしとも噂に

順風満帆だった宮沢りえの芸能人生に転機が訪れたのは、1992年のこと。突然の婚約発表を行ったのです。相手は当時関脇だった貴花田(今の貴乃花)でした。ところが「お互いが人生の最高のパートナーになれなかった」とのコメントを出して、わずか二か月で婚約を解消。当時の相撲界は空前の若貴ブームに加え、芸能界のトップアイドルだった宮沢りえ。この二人の間に本人以外での軋轢があったことは容易に想像出来ます。この婚約の解消後、激やせしてしまい、宮沢りえは拒食症を患うことになりました。拒食症の原因は強いストレスと言われ、貴花田との婚約解消が宮沢りえにとって、どんなに辛い出来事だったのか分かります。この時、傷心を支えていたのが、故中村勘三郎でした。後に不倫騒動にまで発展してしまい、心を病んだ宮沢りえは自殺未遂を起こしてしまいます。歌舞伎俳優にスポーツ選手、様々な恋愛遍歴のある宮沢りえ。ビートたけしさんとも噂になりましたが、その陰の演出者はりえママとも言われています。

宮沢りえの出身地  東京都練馬区の観光スポット

宮沢りえの出身地  東京都練馬区「ちひろ美術館」

絵本作家いわさきちひろ。子供を生涯のテーマとして描き続けてきた彼女の作品は誰もが目にしているはずです。彼女の作品は母親として子育てをしながらのスケッチから生まれました。青春時代に戦争を体験したちひろは、いのちの尊さ、平和の大切さを自らの作品に込めています。没後三年目の1977年9月、いわさきちひろの絵にいつでも出会える場所として、自宅兼アトリエ跡地に『いわさきちひろ絵本美術館』(現ちひろ美術館・東京)は開館されました。2004年からは代表作をピエゾグラフ(原画に最も近い複製)として再現し、原画の展覧会が困難な場所や地域にも「ちひろ展覧会」を開催しています。翌年から子供たちにいつでも来てもらえるように、高校生以下の入場料を無料にしました。見るもの全てが愛おしい「いわさきちひろの世界」にぜひ、足をお運び下さい。

宮沢りえの出身地  東京都練馬区「練馬まつり」

練馬まつりとは、毎年10月に開催される練馬の秋の祭典です。昨年の第37回練馬まつりでは場所を「としまえん」に移しての開催となりました。としまえん臨時駐車場の「区民広場」には、模擬店ブースが約100店立ち並び、練馬の物品や名産品を販売。一番人気の焼きそばには多くの区民たちが列をなしました。一方「音楽、ダンス特設ステージ」では地元のキッズたちが迫力のパフォーマンスを披露。「子供体験コーナー」では子供向けの工作や伝承遊びを楽しむ事が出来るなど、区内最大級のお祭りながら、手作り感満載の地元まつりです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る