水野美紀が結婚に至らぬワケ!園子温監督作品で完全復活!

水野美紀が結婚に至らぬワケ!園子温監督作品で完全復活!

水野美紀が結婚に至らぬワケ!歴代熱愛彼氏は?

水野美紀が結婚に至らぬワケ!

水野美紀は、『踊る大捜査線』シリーズで一躍人気がでた女優。被害者の娘・柏木雪乃役で、思わず守りたくなるような女性を演じていたのが印象的ですよね。


初出演じから20年近くたち、『踊る大捜査線』では、ユースケサンタマリア演じる真下刑事と結婚しましたが、水野美紀自身の結婚はいかがなのでしょう?現在のところ、水野美紀はまだ独身。理由として水野美紀のちょっと変わった性格があるようです。

たとえば、イケメンや美女を見ると「戦ったら、勝てるかなぁ」とか「もし襲われたら、どう撃退しようか」などと考えてしまうという水野美紀。男勝りというか、ちょっとずれたところがあるみたいですね。また、「自分の中におっさんがいる」と発言する水野美紀は、「私の中のおっさん」という名のエッセイまで出版するほど。もしかしたら、結婚できないというより、水野美紀の結婚願望がまだまだ低いのかもしれません。

スポンサーリンク

水野美紀の歴代熱愛彼氏は?

水野美紀にも、今まで男性の噂が全くなかったわけではありません。過去にはオダギリ・ジョーとの熱愛報道や、北村有起哉との熱愛写真で週刊誌をにぎわせたこともありました。
また、ともさかりえの元夫・河原雅彦との不倫報道もありました。ともさかりえと河原雅彦の離婚原因は、水野美紀だったとも言われています。報道では、なんでも離婚直後から堂々とラブラブぶりを見せつけたりしていたようで、その関係は10年近くたった現在でも続いているとも言われています。
10年もたてば、お互い、さすがに結婚も意識するようになるのでしょうが、いまだ水野美紀と河原雅彦が結婚に至っていないのには、何かしらの理由があることなのでしょう。

水野美紀が園子温監督作品で完全復活!バーニングと和解?!

水野美紀が園子温監督作品で完全復活!

水野美紀は、一時テレビで全く見かけることがなくなり、「干された?」などの噂が飛び交っていました。しかし、2014年に園子温監督の映画「恋の罪」にて、完全復活を果たしています。物語全般にラブシーンがとても多いので、観続けていると、過激なシーンも普通に思えてしまうほど、濃厚な作品「恋の罪」。

水野美紀の役どころは、夫も子供もいながら不倫相手である夫の後輩に奴隷扱いされているという女刑事・吉田和子。『踊る大捜査線』のイメージとは180度違う、文字通り「体を張った」演技で話題になりました。

スポンサーリンク

水野美紀がバーニングと和解?!

水野美紀がテレビに出なくなった理由の一つに、かつての所属事務所・バーニングプロからの独立、というのがあります。
水野美紀は、「自分の役の幅を広げたい」と、個人事務所「オフィス・モレ」を立ち上げたのですが、「あんなワガママなやつを許すわけにはいかない」と激怒したのが、芸能界のドンであるバーニングの社長。独立当初は、事務所側も今まで通り水野美紀に仕事を渡すつもりだったのですが、バーニング社長のこの一言で、完全に仕事を取り上げられてしまったのだそうです。

そして水野美紀が、最近また復帰出来つつある背景には、とあるパーティーで、水野美紀がバーニング社長に「詫びを入れた」のだからとか。現在、水野美紀は、晴れてバーニングと業務提携を結んでいます。とはいえ、芸能界はなんとも怖い世界です。

水野美紀が芸能界復活!よくも悪くも男勝りなその性格。

水野美紀が、事務所独立の際に思った「役の幅を広げたい」という言葉の本心には、「アクション女優になりたい」という思いがあったようです。水野美紀は、小学校6年生~中学1年生まで少林寺拳法を習うなど、子供のころから格闘技が好きでした。女優デビューのために上京したあとも、「倉田アクションクラブ」に通って、本格的にアクションの修行を積んでいた水野美紀。そういえば『踊る大捜査線』でブレイク中も、映画『千里眼』での元女自衛官の役では、見事なアクションもこなしていましたね。

「アクション女優になりたい」という自分の夢を本格的にかなえるため、独立という方法を選んだのでしょうが、その男っぽい性格が、時には「わがまま」や「性格が悪い」と映ってしまうようです。おそらく、自分の気持ちに正直で一途な性格が、このとき悪い方向へ向かってしまったのでしょう。しかし、そこは男勝りな性格の水野美紀。自分の無礼については、堂々と頭を下げることができたからこそ、芸能界復活を果たせたのでしょう。

良くも悪くもさっぱりとしていて、自分の思いをきちんと表現できる水野美紀。この経験が、さらなる役の幅を広げることとなるでしょう。今後の活躍がますます楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る