水沢エレナのドラマの韓国語がネイティブすぎるワケ!本名や出身地はどこ?

水沢エレナのドラマの韓国語がネイティブすぎるワケ!本名や出身地はどこ?出典:

水沢エレナのドラマの韓国語がネイティブすぎるワケ!本名や出身地はどこ?

水沢エレナの韓国語がネイティブすぎる!「恋するメゾン」で見せた流暢な韓国語の理由とは

水沢エレナは、モデルデビューして以降、女優としての活動も徐々に増やしてきています。2012年にテレビ東京が制作した韓国ドラマ「恋するメゾン」では、ミユ役を好演した水沢エレナ。撮影は、ほとんど韓国で行っていたそうですが、韓国語がネイティブすぎると話題になりました。ドラマの中だけではなく、インタビューにも韓国語で対応していたこともあります。

もはや趣味の域と越えたレベルに達しているように思われる水沢エレナの流暢な韓国語。その理由は、水沢エレナの母親が韓国人で、父親が日本人のハーフという出自にありました。家では、水沢エレナの母親が韓国語で話している環境だったのかもしれませんし、母親の影響もあり、ドラマ出演決定以前から韓国語を勉強していた可能性も。母親に教えてもらっていたとしたら、発音がネイティブ級であることも納得です。

水沢エレナの本名は?出身地はどこ?スリーサイズも完璧なモデル体型

水沢エレナは1992年3月生まれの24歳。身長が170㎝もある水沢エレナは、一際目立つ存在です。エレナというカタカナの名前が本名なのかは気になるところですが、水沢エレナの本名は、各務英礼奈(かがみえれな)。本名の「英礼奈」で、芸能活動をしていた時期もありました。出身地は、愛知県名古屋市です。

2003年に小学館「ちゃお」の「ニーナを探せ!!モデルオーディション」に応募し、ニーナ賞を受賞した水沢エレナ。2003年にモデルとしてデビューをしています。水沢エレナのスリーサイズは、B80・W57・H85と、さすがのプロポーション。10代の頃から「CANDy」や「Seventeen」のモデルとして、一線で活躍してきました。

スポンサーリンク

水沢エレナ「東京少女 水沢エレナ」の連ドラ主演大抜擢!体重増加で引退説?

水沢エレナ「東京少女 水沢エレナ」連ドラ主演で女優として活躍!

水沢エレナは、16歳で、ドラマ「東京少女 水沢エレナ」の主役を務めています。タイトルに自分の名前が入ったドラマ「東京少女」では、4人の違うエレナという少女を演じた水沢エレナ。初めての連ドラ主演という大抜擢には、不安や緊張があったそうです。しかし、素の自分に近い「君の歌」という話のエレナ役や、自分とのギャップが最も大きい「マイ・フェア・エレナ」という話のエレナ役などがあり、楽しんで演じることができたそうです。10代半ばにしてこの度胸。水沢エレナは、当時から、大物っぷりをのぞかせています。

水沢エレナが引退説浮上!体重増加で仕事もヤバイ!?

水沢エレナは、2013年3月に、所属事務所だったアミューズを退社したことで、「芸能界を辞めたの?」と、水沢エレナ引退説が浮上しました。しかし7月には、オスカープロモーションに所属しています。事務所の退社が、引退説にまでなってしまった理由は、水沢エレナが時折ツイッターにあげていたツイートの内容にあったようです。

「可愛くない」「食べ過ぎた」「体型に悩みダイエットをいろいろしている」などの言葉の端々が独り歩きをして、「精神的に病んでいたから太ってしまい、仕事を辞めた」となってしまう結果に。実際はというと、アミューズを退社したのは、契約が切れたから。一時期太ったいわれましたが、その間の画像を見ても、そんなに激しい体重増加はなく、引退説はあくまで噂だったようです。

スポンサーリンク

水沢エレナがますます魅力的に!「せいせいするほど、愛してる」ではキャリアウーマン役に挑戦中

水沢エレナは、2014年から「Oggi」の専属モデルとなり、ちょっと大人っぽいイメージになりました。もともと、しっかりした目鼻立ちをしていたので、大人っぽく見られてはいましたが、24歳になった現在、色気も伴い、女性としての魅力がますます高まってきたように見えます。2016年には、「スミカスミレ 45歳若返った女」や、時代劇「おもかげ抄」「ドクターカー」などのドラマに出演したため、水沢エレナのモデルとしての顔よりも、女優としての顔のほうが広く知れ渡っているかもしれません。

7月からは、毎週火曜22時から放映されているドラマ「せいせいするほど、愛してる」がスタート。主演は武井咲と滝沢秀明で、「これを不倫だと思いますか?それとも純愛だと思いますか?」というキャッチコピーも話題のドラマです。水沢エレナは、武井咲の幼馴染で、ルームシェア仲間の1人である、真咲あかり役を演じています。真咲あかりは、25歳で、しっかりとした真面目な女子という役。等身大の自分と近く、共感できる部分も多いそうです。

そのため、演じていても自然に表現できる部分が多く、役に打ち込めるのだとか。役に合わせて、髪の毛もバッサリ切った水沢エレナ。プライベートの友達からも、「しっくりきてる」と評判は良いようです。ドラマ「せいせいするほど、愛してる」は、北川みゆきのコミックが原作で、大人の恋愛模様が描かれています。キャリアウーマンを演じる水沢エレナが大切にしていることは、毎日のスキンケアや、食事のバランス。大人の女性として魅力の出てきた水沢エレナは、プライベートでの恋愛の話題も気になるところですが、目立ったものはありません。女優として、充実しているからでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る