水嶋ヒロの現在!絢香が復帰を急いだワケとは?

水嶋ヒロの現在!絢香が復帰を急いだワケとは?出典:http://thisisenglish.jp

水嶋ヒロの現在!絢香が復帰を急いだワケとは?

水嶋ヒロの現在は、絢香といっしょに事務所を独立し、芸能界を干されてヒモ状態?!

水嶋ヒロはこれまで、一見順風満帆なキャリアに見えます。しかし、水嶋ヒロと絢香は同じ所属事務所だっただけでなく、結婚をきっかけに、2人が同時に事務所を離れるというタブーを犯しています。その影響もあってか、水嶋ヒロは、結婚以後、映画「黒執事」以外、主だった俳優活動をしていません。

一方、妻の絢香はバセドー氏病の治療を終え、音楽活動を再開。2014年にはNHKドラマ「花子とアン」の主題歌「にじいろ」が大ヒットし、順調な復活を見せています。口さがない芸能マスコミは、水嶋ヒロはヒモ状態で、子供もできた今、絢香が働かざるを得ないといった論調の記事が出る始末。本当のところはどうなのでしょう。

水嶋ヒロは、小栗旬などと並んで、ここ10年近く続いた、新人のイケメン男優ラッシュというべき状態の第一世代といえる存在でした。しかし現在は、芸能界の一線から身を引いて、すでに過去の人のようになっています。

水嶋ヒロ、帰国子女でスポーツマン、高学歴で作家となった彼は、次に何を目指すのか

水嶋ヒロは、1984生まれの32歳。幼少期から小学校までスイスで過ごし、中学へ入る前に日本へ帰国。桐蔭学園で中高を過ごします。高校3年の時には、第81回全国高等学校サッカー選手権大会にMFとして出場、ベスト4に入るという経歴の持ち主。大学は、慶應義塾大学環境情報学部に進み、卒業後しばらくは、自分探しを続けていたようですが、アルバイトで始めたモデルがきっかけで、2005年に俳優デビューし、「仮面ライダーカブト」や「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」で、一躍人気者になります。

スポンサーリンク

ところが2009年、シンガーソングライターの絢香と電撃結婚し、絢香の病気のサポートを理由に、芸能界の仕事から一線を引いた水嶋ヒロ。また2010年には、偽名で書いた小説「KAGEROU」が、第5回ポプラ社小説大賞を受賞。今度は作家へと転向かと騒がれましたが、次作は未だ書かれていません。2015年6月には、水嶋ヒロと絢香の間には、第一子となる女児が誕生しています。

水嶋ヒロの小説「KAGEROU」感想!英語力、経歴が想像以上だった!

水嶋ヒロの処女作「KAGEROU」は、はやりのライトノベル感覚

水嶋ヒロが書いた処女作「KAGEROU」とは、どんな作品だったのでしょう。ストーリーは、自殺しようとしている青年の前に、闇の臓器移植のバイヤーが現われ、彼の臓器を買いたいと持ちかけるところから始まります。2人の不思議な関係に加えて、青年の心臓が移植される少女との運命的な出会いを通じて、人が生きることの意味を問うような重い内容の作品です。

しかしストーリーは、今風の若者たちの会話形式でテンポよく進み、まさにライトノベル感覚の作品といってよいでしょう。その分、世界観やテーマの大きさに比べて、語られる世界は、極めて狭い世界であるともいえます。

スポンサーリンク

水嶋ヒロは、プロデューサーとして新たな才能を示すことができるか?

水嶋ヒロは、イケメン帰国子女なので、もちろん英語力もハイレベル。サッカーはプロ級レベルで、おまけに名前を隠して応募した処女小説が賞を受賞するなど、誰もがうらやむ経歴の持主です。水嶋ヒロは、彼ら世代の中でもエリートなのかもしれません。昭和世代の努力や根性とは無縁で、自分に与えられたさまざまなフィールドで、楽に成果が出すことができるタイプ。

そして他人が思うほど、それら1つ1つのフィールドに固執せず、自分がやりたいことを目指す、まさに欧米的な発想の持ち主。芸能の仕事も、出演者としてではなく、プロデュース志向があるといわれる水嶋ヒロ。これからも、いい意味で、ファンたちの期待を裏切り続けてほしいものです。

水嶋ヒロと絢香、別事務所設立でささやかれる、絢香の水嶋ヒロへの三行半

水嶋ヒロがどのような意向を持っているにしても、日本の芸能マスコミは、水嶋ヒロが表だって仕事をしていないことが気になって仕方がないようです。結婚後は、同じ事務所に籍を置いていた水嶋ヒロと絢香ですが、実は最近、それぞれが別の事務所を立ち上げました。

芸能マスコミがいうところには、絢香は結婚当初、水嶋ヒロの優しさと才能にどっぷり惚れ込み、やたら自分の側に水嶋ヒロを置きたがり、彼はまるでマネージャー状態だったとか。ところが、惚れ込んだはずの水嶋ヒロは、いつまで経っても小説の第2作が書けません。おまけに俳優業の仕事もめっきりしなくなったため、絢香がついに、水嶋ヒロに「三行半」を突きつけた、ということだそうです。

しかし、この事務所の件には、もう1つの事情があります。結婚後につくった水嶋ヒロと絢香の事務所は、大手プロダクションを揃って抜けた2人が作った、個人事務所のようなもの。当然、絢香の本格的なアーティスト復帰を支える力はありません。絢香が新しく所属する事務所の取締役には、エイベックス代表・松浦勝人氏の名前がありますから、実質的にエイベックスが、絢香のマネジメントを行うために設立されたようです。

一方、水嶋ヒロは、自身も新しい事務所の社長に就任。いよいよ、映像や音楽、出版イベントをミックスしたマルチプロデューサーとしての第一歩を踏み出そうとしていると思われます。水嶋ヒロにはいっそ、天は二物を与えずではなく、今まで以上の活躍をして、芸能マスコミの鼻を明かしてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る