もたいまさこの魅力満載「かもめ食堂」あらすじ感想キャスト!ファッションセンスに学べ!

もたいまさこの魅力満載「かもめ食堂」あらすじ感想キャスト!ファッションセンスに学べ!

もたいまさこの魅力満載「かもめ食堂」あらすじ感想キャスト!

もたいまさこの魅力満載「かもめ食堂」のあらすじとは?出演キャストは?

もたいまさこ出演映画「かもめ食堂」。もたいまさこの女優として魅力満載の「かもめ食堂」とは、どのようなあらすじなのでしょうか?

映画「かもめ食堂」の舞台は、フィンランドの首都ヘルシンキ。主人公は、「かもめ食堂」という小さな日本食の食堂を営むサチエです。近所の人からは変な店と敬遠されて、店には閑古鳥が鳴いています。ある日、ようやく初めての地元客として訪れた、日本かぶれの青年トンミから、ガッチャマンの歌詞を尋ねられるも、思い出せず悶々とするサチエ。

街の書店で偶然出会った日本人女性ミドリに、ガッチャマンの歌詞を尋ねたことで意気投合します。次第にミドリも店を手伝うようになり、お客さんが徐々に増えた頃、フィンランドへ観光でやってきたマサコが店をたびたび訪れ、そのうちマサコも店を手伝うように……。

スポンサーリンク

「かもめ食堂」は、食堂の主人サチエに小林聡美、長身で博識のミドリに片桐はいり、両親の介護を終え、フィンランドに旅行に来たマサコにもたいまさこと、長年多くの作品で共演を重ねた3人がメインキャストを務めています。両親を見届けたマサコの生真面目な様は、もたいまさこの雰囲気にうってつけ。地味ながらも、うちに秘めた強さも感じさせるマサコを魅力的に演じていました。

もたいまさこ出演「かもめ食堂」の感想の数々……

映画「かもめ食堂」は、映画ポータルサイト等で感想をいくつかさらってみると、意外にも、高評価と低評価とではっきりわかれていることが分かります。高評価のレビューでは「素朴、おしゃれ、和む」、「あったかい気持ちになった」、「ゆったりした映画で、そこはかとなく面白い」、「ほのぼの楽しい映画」、「コミカルで人の温かさを感じる」という、物語やキャストの醸し出す雰囲気についての賞賛が述べられています。

一方で「いつ話が始まるのかと思って観ていたら、エンドロールになってしまった」、「ドラマチックな要素がまるでない」、「空気や水みたいに、毒にも薬にもならない」、「演出にリアリティが感じられない」と、ドラマ性のなさや、日常を描いていながらリアリティに欠ける部分に納得ができない部分で、低い評価を付けている声もある「かもめ食堂」。

スポンサーリンク

総じて見ると、映画にドラマチックな物語性を求める方にオススメするのは難しいですが、ゆったりした雰囲気や、北欧のおしゃれな家具に囲まれたほのぼのストーリーを楽しめる方には、かなりお気に入りの映画になるのではないでしょうか。

もたいまさこの年齢は?ファッションセンスに学べ!

もたいまさこの年齢は?「もたい」って芸名?

もたいまさこは、東京都渋谷区出身で、1952年生まれの63歳です。実践学園高校を卒業後、舞台芸術学院で演劇を学び、1972年頃から女優活動を開始。1979年、渡辺えり(当時えり子)らと、「劇団3◯◯(さんじゅうまる)」を結成します。以来、もたいまさこは、独特の雰囲気を持つ名脇役として、さまざまな映画やドラマに出演しています。

もたいまさこは芸名ではありますが、本名は、読みが同じ「罇 真佐子」。「罇」という苗字は非常にめずらしく、全国にも推定で300人前後しかいないのだとか。「樽」という字の異体字で、「水や酒を入れる器」という意味の字だそうです。「もたい」は、字も音も、非常に珍しい苗字なので、芸名としてのインパクトは抜群。しかし、今となっては、「もたい」という苗字に、もたいまさこのパーソナリティが乗り移っているような感もあります。

もたいまさこ、若さの秘密はファッションセンス!?

もたいまさこは、御年63歳とは思えないほど若く見えます。秘訣は、彼女のファッションセンスにあるのではないでしょうか。「もたいまさこ ファッション」で画像検索すると、もたいまさこのファッションスタイルの画像がずらり!大半がナチュラル系の色使いで、少女的なもたいまさこの装い。イメージを例えるならば、蒼井優が着ていそうな洋服を好んで着ています。

もたいまさこが愛用しているブランドは、デザイナーの大橋歩が立ち上げた「a.(エードット)」。もたいまさこが着ていた洋服を見たファンの若い子が「かわいい!」と、「a.」の服を選ぶことがよくあると大橋歩は話しています。大橋歩は「ふつうのおしゃれ」「脱・おばおばファッション」を提唱していると、『ほぼ日刊イトイ新聞』内の糸井重里との対談で語っています。

もたいまさこのファッションからは、まさに自然体でかつ年齢を感じさせない「おしゃれさ」が伝わって来ますよね。そのあたりが還暦を過ぎても「おしゃれ」「かわいい」と若い人からも評価が高い秘密なのでしょう。

もたいまさこ&小林聡美が「相変わらず何も起きない」と自虐

もたいまさこは、2015年12月にWOWOWで放送されたドラマW「山のトムさん」に出演し、もはや相棒とも呼んでもいい小林聡美と共演しました。「山のトムさん」は、児童文学作家、故石井桃子の原作を実写化したドラマで、田舎暮らしをはじめたハナ(小林聡美)や友人のトキ(市川実日子)たち家族と、やんちゃな猫トムの日常を描いています。

もたいまさこや小林聡美の他にも、光石研など「かもめ食堂」シリーズで何度も共演した気心の知れたメンバーが共演している「山のトムさん」。日常を淡々と描く作品に出演することが多い主役の小林聡美は、このドラマについて「相変わらず何も起きない」と、自虐ネタで笑いを誘いながらも、「何も起きない分、奥に豊かさが広がっているというか、素朴な暮らしの中に幸せってあるんだなというのを改めて教えられた」と、じっくりと日常を描く中にこそ、この作品の味わいがあると話しています。

まさに「かもめ食堂」に通じる世界観。長野と山梨の県境にある八ヶ岳の自然豊かな風景の中で、もたいまさこや小林聡美たち、気心が知れたメンバーが、肩の力を抜いて演じる姿が見ものなのが、ドラマ「山のトムさん」ではないでしょうか。

「見ているだけでよだれが出そうな食事」も、このドラマの見どころとか。そういえば「かもめ食堂」の感想にも、劇中に出てくるシナモンロールやおにぎりが美味しそう、というのがありました。「食べる」ということは、まさに日常の中心ですから、そこをしっかり描いているところが、もたいまさこや小林聡美が出演する「特に何も起きない」日常が描かれる作品の大きな特徴なのかも知れません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る