棟朝銀河(トランポリン)リオオリンピック日本代表!メダルの期待も!

棟朝銀河(トランポリン)リオオリンピック日本代表!メダルの期待も!出典:http://ilovefamily.hatenablog.com

棟朝銀河(トランポリン)リオオリンピック日本代表!メダルの期待も!

棟朝銀河(トランポリン)がリオオリンピック日本代表に正式決定!世界選手権8位の実力者

棟朝銀河(トランポリン)が、トランポリンのリオオリンピック日本代表に決定しました。最終予選が終了した時点で日本代表に残ったのは、棟朝銀河とともに初出場で18才の中野蘭菜と、ロンドンオリンピックにも出場して惜しくも4位だった伊藤正樹の3人です。棟朝銀河は、現在22才で、2016年全日本トランポリン年齢別選手権に出場して優勝するなど、今、まさに波に乗っている選手。

この勢いのままリオオリンピックに臨めればと、他の2人の日本代表選手とともに、メダルの期待も高まっています。とはいえ、棟朝銀河の気持ちは、昨年末の時点で、すでにリオオリンピックに向いていたはず。というのも、実は、リオオリンピック代表選考を兼ねて、2015年11月にデンマークで行われた世界選手権で7位だった伊藤正樹と、8位だった棟朝銀河は、この時点でリオオリンピック日本代表に内定していたようです。

棟朝銀河(トランポリン)にメダルの期待高まる!ワールドカップ3位の実力!

棟朝銀河(トランポリン)には、リオオリンピックでのメダル獲得の期待が高まっています。棟朝銀河は、5月に、中国で開催されたトランポリンワールドカップの2016上海大会でも、見事に銅メダルを獲得しているからです。これは、棟朝銀河にとって、ワールドカップ初のメダルの快挙。その後6月に行われた全日本トランポリン年齢別選手権では優勝するなど、迫るリオオリンピックを前に、次々と実績を積み上げています。

ともに日本代表入りしている伊藤正樹は、ロンドンオリンピックで4位という結果を残していますから、リオオリンピックでは、もしかしたら日本代表の2人が同時に表彰台!などという期待の声も。棟朝銀河は、メダルへの期待に対して、「まだ自分には厳しい」と冷静なコメントをしていますが、この機を逃さずに、メダルをつかんでくれることを祈ります。

スポンサーリンク

棟朝銀河(トランポリン)の名前の読み方!所属やプロフィールは?

棟朝銀河(トランポリン)の名前の読み方とは?

棟朝銀河(トランポリン)の名前の読み方は??という方も多いのではないでしょうか。棟朝銀河は、「むねともぎんが」と読みます。棟朝銀河の出身地は東京ですが、苗字の棟朝は福井県に多いようで、読み方の難しい珍しい苗字にもあげられているのだとか。また、名前の銀河については、「美大出身で派手好きの母親に付けられた」と本人がコメント。

トランポリン競技では、地上約7mの高さまで跳躍しますので、銀河とはまさにぴったりな名前ですね。銀河との名前のごとく、より高みを目指して跳んでほしいところです。棟朝銀河が、リオオリンピックの表彰台に立ち、日本でもかなり珍しい部類に入るその名前が、高らかにコールされることを願ってやみません。

棟朝銀河(トランポリン)は慶応大学所属!内村航平も知り合いだった?

棟朝銀河(トランポリン)の所属は、慶應義塾体育会器械体操部で、学部は、環境情報学部のようです。慶應義塾大学の出身者には、ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した競泳の立石諒(環境情報学部)や、銀メダルを獲ったフェンシングの三宅諒(文学部)がいることもあって、後に続けと言わんばかりに、棟朝銀河にもメダルの期待が高まっています。ちなみに、出身高校は、明治大学付属明治高校。棟朝銀河は、スポーツも得意で、学業もこなせる、まさに文武両道のアスリートといえるでしょう。

スポンサーリンク

棟朝銀河の競技プロフィールについては、「物心ついた頃から体操を始めていた」とのこと。日本体操会の雄、内村航平に声をかけられたこともあるようです。大学を卒業して、次に所属するチームはどこなのでしょうか。その間にも、棟朝銀河のプロフィールには、華麗な戦績が次々に刻まれていくことでしょう。

棟朝銀河がトランポリンでメダル候補に!リオオリンピックに期待高まる!

棟朝銀河(トランポリン)が、トランポリンでリオオリピック代表に選ばれたことで、にわかにメダル獲得の期待が高まっています。日本では多少マイナーな競技というイメージがあるトランポリンですが、若いスターの登場で、一躍脚光を浴びることになりました。これまでのトランポリン競技では、世界選手権やオリンピックなどの大きな大会に出場できるのは、いわゆるベテランの選手が多く、若手選手への世代交代が進んでいませんでした。

しかし今回のリオオリンピックの日本代表は、棟朝銀河をはじめ、ともに初出場となる中野蘭菜も18才という若い選手ですので、一気に世代交代が進んだようです。現在22才となれば、当然2020年にやってくる東京オリンピックも視野に入ってくるはず。棟朝銀河も、リオオリンピックで弾みをつけて、その後の世界選手権などで戦績を積み重ねていってくれることでしょう。

リオオリンピック代表ということもあり、最近はメディアへの露出も増えているようで、5月には、テレビ東京系の「みらいのつくりかた」にも出演した棟朝銀河。「みらいのつくりかた」は、多くのアスリートが、いかにして未来を切り開いてきたかを紹介する番組です。今後もオリンピックが近づくにつれて、テレビなどで、棟朝銀河の顔を見る機会が増えるのではないでしょうか。棟朝銀河は爽やかな笑顔のイケメンということで、女性の人気も急上昇中だとか。リオオリンピックでメダルを獲得すれば、棟朝銀河人気も、トランポリン競技の知名度も、一気に跳ね上がること間違いなしでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る