長与千種と宿敵ダンプ松本との仲は?若い頃、前田日明と同棲していた!

長与千種と宿敵ダンプ松本との仲は?若い頃、前田日明と同棲していた!出典:http://enuhito.com
スポンサーリンク

長与千種は若い頃リング上で歌も披露していた!ダンプ松本や北斗晶との現在の仲は?

長与千種は若い頃リング上で歌も披露していた!クラッシュギャルズで人気を博す

長与千種は、1980年代に、ライオネス飛鳥とクラッシュギャルズというタッグを組んで人気を博した女子プロレスラーです。女性ながら実力主義のストロングスタイルを貫く長与千種の姿に、多くのファンが熱狂し大人気となりました。

しかも、そのファイトスタイルからは意外なほど、ルックスはボーイッシュながらかわいくキュートな長与千種。従来のプロレスファンのみならず10代の女性を中心にアピールし、リング上で歌も披露するなど歌手としてもヒット曲を生み出しました。

長与千種と宿敵のダンプ松本や北斗晶との仲は?

長与千種がクラッシュギャルズ時代に抗争を繰り広げファンを熱狂させた悪役レスラーが、極悪同盟のダンプ松本です。リング上では憎みあっているように見えた2人ですが、ダンプ松本が長与千種のことを「ちーちゃん」と呼んでいるところを見ると仲は悪くないのでしょう。

また、現役時代に因縁のライバルとも言われていた後輩の北斗晶とは、お互いに尊敬の念を抱く仲であるらしく、北斗晶が乳がんを患った時には、長与千種が熱い激励コメントを寄せました。北斗晶はと言えば、長与千種の50歳のバースデーパーティにも駆け付けています。

スポンサーリンク

長与千種は前田日明と同棲していた!現在は居酒屋、ドッグカフェを経営!

長与千種は前田日明と同棲していた!恋多き女性の元カレは?

クラッシュギャルズ時代に、男女問わず多くのプロレスファンを魅了していた長与千種。当時彼女が所属していた全日空女子プロレスでは、「男、酒、たばこ」を禁ずる鉄の掟「三禁」が存在していました。しかし、恋多き女性だったらしい長与千種には、同じプロレスを愛する数人の人気プロレスラーと熱愛状態に陥っていたという噂が。

特に前田日明とは同棲にまで至り、他にも橋本真也や、獣神ライガーと付き合ったこともあったという証言もあるとか。一方では、ここまで独身を続けてきた長与千種を「プロレスと結婚した」と見るファンも多いようです。

長与千種の居酒屋の他にドッグカフェも経営!

40代に入ってからは、レスラーとしては第一線を退いていた長与千種は、副業として、居酒屋「長与千種の体育会系酒場リングサイド」を経営し始めました。往年のプロレスファンのためか、小さなリングが設けられた店で、オーナーとして店に立ち、接客もこなすこともあったと言います。

スポンサーリンク

巷では閉店したという噂もありますが、現在も営業しているようです。さらに、犬好きな長与千種は、ドッグカフェ「ドッグズテイル」も経営中。トリミングに加えて、愛犬と一緒に楽しめるカフェとペットホテルも備えており、長与千種の女性らしい気遣いと愛犬家らしい優しさにあふれたお店だと評判です。

長与千種が仁田厚やファンに電流爆破デスマッチ継承を誓った

長与千種は、1964年12月8日生まれのアラフィフ世代。競艇選手の長與繁の長女として誕生しました。幼い頃から、男ばかりの空手道場で腕を磨き、中学を卒業すると、全日本女子プロレスの門をたたきます。わずか16歳でデビューを果たした長与千種は、1984年、20歳の時に、ライオネス飛鳥とクラッシュギャルズを結成してからは飛ぶ鳥を落とす勢いで女子プロレスブームをけん引。

それを支えていたのは、長与千種が持つレスラーとしての群を抜いた力量や天才的なセンスでした。仇敵ダンプ松本をはじめ、長与千種と戦ったレスラーが口をそろえて彼女は「天才」だと評しているほどです。
16歳でデビューして以降プロレス一筋の人生を送ってきた長与千種は、2005年にリングを去ってからも、プロレス興行のプロデュースやレスラーの育成という形でプロレスに携わってきました。

そうして50代を迎え、さすがに第一線へ本格的に復帰することはないと思われていましたが、2017年8月13日、超花火プロレス神戸大会のノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチに参戦した長与千種。なんと電流爆破デスマッチの生みの親である男性レスラー大仁田厚と対戦しています。

邪道の名で知られる大仁田厚との対戦は白熱し、大仁田厚も長与千種もともにリングにしかけられた爆破の餌食になるすさまじい試合展開の末、大仁田厚が勝利。しかし試合後には、さらに観客を驚かせる展開が待っていました。大仁田厚が、自身が大切にしてきた電流爆破デスマッチを長与千種に継承してほしいとリングで告白。申し出を受けた長与千種は、初代「爆女王」に就任することを宣言し、女子プロレスでも電流爆破デスマッチを継承していくことを大仁田厚やファンに誓いました。

プロレスを深く愛し、女子プロレス界のカリスマ的存在である長与千種が初代「爆女王」の座に就いたことで、再び女子プロレス界に注目が集まることになるのでしょうか。アラフィフ世代の長与千種が、今後どんなファイトを見せてくれるのか、気になるところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る