中井りかはキスマイ藤ヶ谷太輔の熱烈なファン!炎上クイーンと呼ばれるワケは?

中井りかはキスマイ藤ヶ谷太輔の熱烈なファン!炎上クイーンと呼ばれるワケは?出典:http://akb48taimuzu.livedoor.biz
スポンサーリンク

中井りかは藤ヶ谷太輔の熱烈なファン!炎上クイーンと呼ばれるワケは?

中井りか藤ヶ谷太輔の熱烈なファン!証拠はツイッター

中井りかは、NGT48のメンバーとして活躍しているアイドルです。2015年にNGTオーディションに合格し、2016年より正規のNGT48メンバーとして活動しています。さらに、2017年のAKB48選抜総選挙ではアンダーガールズ入りも果たした今、まさに人気上昇中と言えるでしょう。

そんな中井りかは、実はNGT48加入前は、Kis-My-Ft2ファンの間で有名なジャニーズヲタクでした。Kis-My-Ft2のコンサートにウェディングドレス姿で参加するほどの熱烈なファンだった中井りか。中でも藤ヶ谷太輔の大ファンで、ツイートする際に名乗っていたアカウント名が「藤ヶ谷りか」だったことからも、中井りかの想いの強さをうかがうことができます。

中井りかが炎上クイーンと呼ばれるのは自由な発言が原因?性格がきつい?

中井りかは、SNS等で自由な発言を繰り返し、たびたび炎上騒動を起こしていることから「炎上クイーン」とも呼ばれています。1月1日にSNSで自分へのアンチコメントを見つけるやいなや、「初詣行けば?彼女でも作って!出来ないだろうけど!(笑)」と強気発言を繰り出しました。

彼女がいる男性ファンに対しては、「早く破局することを願ってあげます」と発言しています。このように、中井りかを炎上クイーンたらしめているのは、性格のキツサをうかがわせる強気すぎる発言の数々です。とはいえ、普通のアイドルでは思っていても言えないことを堂々と発言し、炎上してもその態度を曲げずに貫く中井りかのキャラをリスペクトする人が多いのも事実。

スポンサーリンク

「媚びていないからこそ売れる」との意見も見られるように、中井りかが炎上クイーンであり続けることは、意図的なのかは分からないものの、他のメンバーとの差別化に役立っていることは確かでしょう。

中井りかのSHOWROOMでアクシデントが発生!総選挙の順位やコメントは?

中井りかのSHOWROOMで奇声が聞こえるアクシデントが発生!

中井りかのSHOWROOM配信中に、ある事故が起きたことがありました。SHOWROOMとは、ライブ配信しているアイドルやタレントが、ファンとコミュニケーションを取ることもできる配信サービス。中井りかのSHOWROOM配信中に部屋の外から聞こえてきたのは、男性の奇声でした。

突然のアクシデントに動揺を隠しきれない中井りかは、「怖い怖い怖い、ちょっと待って……」と今にも泣き出しそうな表情に。恐怖のあまり、その日の配信は中止になってしまったほどです。奇声が、アイドルオタクがライブでやるMIX(盛り上げるためのコール)の一部「ジャージャー!」という音声にも聞こえることから、中井りかのストーカーの声では?という見方もあるようです。しかし結局、声の正体は謎のままとなっています。

スポンサーリンク

中井りかが選抜総選挙でアンダーガールズ入りを果たす!順位やコメントは?

中井りかは、2017年6月17日に開催された第9回AKB選抜総選挙に参加しました。速報では83位と圏外スタートでしたが、開票されるとなんと23位の結果に。みごと、AKBのシングルのカップリング曲を歌うことができる、アンダーガールズ入りを果たしました。

名前を呼ばれると、立ち上がって笑顔を見せた中井りかは、「アンチも多いんですけど、その分、味方もいるということを23位という順位が証明してくれた」とコメント。続けて、「これからもファンのみんなと一緒に頑張っていく」と決意表明しています。その後にNGT48メンバーからも祝福された中井りかは、日ごろの毒舌は封印し、「本当にうれしいです」と23位という順位を素直に喜んでいました。

中井りかは毒舌アイドルとして個性を開花?「さんま御殿」でも存在感を発揮!

2017年度に行われたAKB48選抜総選挙で23位となって堂々のアンダーガールズ入りを果たして一躍注目を集めた中井りか。炎上クイーンとも呼ばれる数々の強気発言もあいまって、一気に知名度を上げつつあります。SNSで炎上クイーンと呼ばれてもファンを煽る発言をやめない中井りかは、テレビでも毒舌発言をし話題になりました。

人気バラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」に出演した際、愛犬をベビーカーに乗せて散歩していると話した自民党参院議員の三原じゅん子に対し、中井りかは、「お前犬やろ、歩けやって思って」と真っ向から批判。司会の明石家さんまがその場を取り繕うも、批判の態度を崩すことはありませんでした。大物相手に毒舌を浴びせた中井りかを、大物と捉えるべきか確信犯と捉えるべきか……

アンチファンも巻き込みながら知名度を上げている中井りかは、今後もアイドルらしからぬ発言で、新しいアイドル像を確立していくのではないでしょうか。本気の毒舌アイドルが、2018年のAKB選抜総選挙でどこまで順位を伸ばしていくかも気になるところ。ますます個性を際立たせ、もっともっと上へと登っていく姿を見守りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る