仲間由紀恵5代目「相棒」決定!主演舞台「放浪記」もスタート!超多忙を支える旦那とは?

仲間由紀恵5代目「相棒」決定!主演舞台「放浪記」もスタート!超多忙を支える旦那とは?

仲間由紀恵5代目「相棒」決定!主演舞台「放浪記」もスタート!演技力は太鼓判!?

仲間由紀恵 多忙のため5代目「相棒」に!4代目は反町隆史で大丈夫?

水谷豊さん主演の人気刑事ドラマ「相棒season13」(テレビ朝日系)が18日、関東地区で20.3%という高視聴率で最終回を迎え、2012年の「season11」から続いた3代目相棒の成宮寛貴さんが卒業しました。「新しい相棒は誰か?」と憶測が飛び交う中、初の「女性相棒」として期待がかかるのは仲間由紀恵さんです。
Season13では子持ちの警視庁キャリア広報課長として複数回ゲスト出演していて、すでに相棒ファミリーに仲間入りしています。関係筋によれば、仲間由紀恵さんは故・森光子さんの代表的舞台「放浪記」を今秋から引き継ぐことが決まっており、来年1月まではスケジュール調整が困難なため一度は「相棒」への出演を断ったそう。ところが仲間由紀恵さんの代表作「TRICK」のプロデューサーが「相棒」へ異動し、懇願されたこともあり受諾したとのことです。そこで来年10月スタートのseason15から5代目相棒として入ってもらうことに決定したという話が有力のようです。
そうなると本命の仲間由紀恵さんとの間をつなぐためだけのseason14のは「相棒」誰なのか・・・。今のところ、他の仕事が入っていなかった反町隆史さんが次の相棒の有力候補らしいのです。果たして、反町隆史さんで「相棒」の重責を果たせるのか心配ですね!?

仲間由紀恵 舞台「放浪記」は故・森光子を凌ぐ!?演技力は太鼓判!?

仲間由紀恵さんの主演舞台「放浪記」のスチル写真が3月25日に公開されました。衣装は1961年の初演から関わるスタッフが仲間由紀恵さんをイメージして新たに制作。文机や万年筆の小道具は故・森光子さんが舞台で使ったものが用意されました。
撮影した篠山紀信さんは、仲間由紀恵さんが18歳の頃から親交があり、森光子さんの「放浪記」舞台写真も手掛けています。篠山紀信さんは「仲間さんの心根の美しさが表れて良かった」と話し、仲間由紀恵さんは「篠山先生はシチュエーション作りがすばらしいのですんなりと世界に入れました」と林芙美子役に期待を寄せました。「放浪記」は、10月14日~11月10日、東京・日比谷シアタークリエで上演されます。

仲間由紀恵 超多忙を支える夫・田中哲司とは?念願の結婚生活!

仲間由紀恵 超多忙を支える旦那・田中哲司とは?

仲間由紀恵さんは1979年10月30日生まれ。沖縄県浦添市出身です。1993年、工藤静香さんにあこがれ芸能界入りを目指し「沖縄タレントアカデミー」に入学。1995年には偶然にも工藤静香さんの所属事務所を紹介され上京しました。篠原涼子さんなどが在籍した「東京パフォーマンスドール」に一時在籍し、歌手や声優としても活動します。
1999年頃からドラマ出演が中心となり、2000年のドラマ「TRICK」の主役・山田奈緒子でブレイク。2002年のドラマ「ごくせん」シリーズとともにスペシャル版や劇場版も制作される自身の代表作となります。2014年のNHK連続テレビ小説「花子とアン」では、村岡花子(吉高由里子)の友人葉山蓮子役が絶賛され、話題は尽きません。
そんな絶頂期の2014年9月に仲間由紀恵さんは俳優の田中哲司さんと結婚。13歳の年の差で6年の交際を経てゴールインしたのです。田中哲司さんは、舞台・映画・ドラマと数多くの作品に出演し、名脇役の個性派俳優として人気があります。ただ、気になるウワサが…それは田中哲司さんの浮気グセ。仲間由紀恵さんとの交際中、一般女性との浮気が発覚していますし、お笑い芸人との合コンに行くなど心配が絶えないようです。それでも仲間由紀恵さんがベタ惚れで結婚したそうなので、しばらくは、あたたかくお二人を見守りましょう。

スポンサーリンク

仲間由紀恵 性格がおとなしそうに見えて、実はアクティブ?!

黒髪の日本美女でおしとやかに見える仲間由紀恵さん。琉球舞踊は師範代レベルというのは立ち居振る舞いから納得できる特技ですね。人見知りとのことですが、性格は穏やかでドラマの現場スタッフへの気配りができる方だとか。スタッフ受けの良さは、スタッフが選ぶ好きな女優ランキングで上位に入ることでもわかります。
イメージ通りの性格のようですが、実はアクティブでスキューバダイビングと2級小型船舶操縦士の資格を持っています。それだけでも驚きですが、以前、テレビのバラエティ番組に出演した際、マネージャーが仲間由紀恵さんの立てる旅行スケジュールがキツすぎると告白しました。朝一番の飛行機に乗り、午前中だけで3カ所回るというハードスケジュールにマネージャーは、「もう一緒に旅行には行きたくない」と話したほど。これは仲間由紀恵さんが忙しい日々を過ごしているからこそ、オフはオフで楽しみたいという気持ちの表れでしょうか。

仲間由紀恵の出身地 沖縄県浦添市とはどんなところ?

仲間由紀恵の出身地 沖縄県浦添市は琉球王朝発祥の地

那覇市の北に位置する浦添市は、首里へ王都が移転されるまで琉球王国初期の王都として栄えた琉球王朝発祥の地です。「観光客に通過されてしまう残念な市」とも言われ、海水浴場がないために大きな観光ホテルはなく、観光スポットも少ないとか。それでも琉球王朝発祥の地として、遺跡などがいくつかあります。「当山の石畳道」は、琉球王朝時代に首里から浦添を通って宜野湾にいたる「普天間街道」の一部です。石畳道には、急こう配な部分があり、地元では「馬転がし(ウマドゥゲーラシ)」(馬が転がるほどの急坂)と呼ばれています。「浦添ようどれ」は、浦添城の北側崖下にある琉球王国初期の王陵です。<太平洋戦争で破壊されてしまいましたが、近年復元されました。近くに「浦添グスクようどれ館」があり、映像や資料を見てからようどれに行くのがおすすめです。

仲間由紀恵の出身地 沖縄県浦添市の春の風物詩 東京ヤクルトスワローズ春季キャンプ

浦添市といえば、東京ヤクルトスワローズのキャンプ地。16年続く浦添市の春の風物詩となっています。2月1日のキャンプイン前日、歓迎セレモニー「東京ヤクルトスワローズ交流会」(主催 東京ヤクルトスワローズ浦添協力会)が那覇市で開催されました。交流会は「東京ヤクルトスワローズ浦添協力会」会員だけが参加できるプレミアムイベント。選手からサインをもらったり記念撮影をしたりと交流ができるスワローズファンには魅力的なイベントです。参加者250名前後のうち約半数が県外からの参加者とのこと。会員でなくても当日受付カウンターで入会(年会費2000円)すれば参加ができるそうです!2月1日には、浦添市民球場でキャンプイン歓迎会が行われ「てだこレディ」から真中満監督と森岡良介選手会長へ花束が贈呈されました。
意外とアクティブな仲間由紀恵さん。「相棒」では難事件に挑む刑事として本領発揮してくれるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る