中野英雄と哀川翔の出会いが刺激的!一世風靡から名脇俳優へ

中野英雄と哀川翔の出会いが刺激的!一世風靡から名脇俳優へ出典:http://matomame.jp

中野英雄と哀川翔の出会いが刺激的!出身やプロフィールは?

中野英雄は哀川翔に秒殺されて芸能界入りした!?

俳優の中野英雄は、路上パフォーマンスで人気を博した「劇男一世風靡」のメンバーでした。「劇男一世風靡」に入ったのは、3歳上の哀川翔と出会ったからです。

16歳だった中野英雄は、当時所属していた暴走族「スペクター」のメンバー十数人と一緒にたむろしていました。ある日、パンチパーマにサファリ系ファッションで決めていた中野英雄は、たまたま通りかかった哀川翔の髪型をからかったとか。細身な哀川翔を見て「勝てる」と思った中野英雄でしたが、哀川翔の頭突きを食らうと……秒殺されてしまったと言います。

こうして超刺激的な出会いを経て、哀川翔を慕うようになった中野英雄は、弟分としていつもくっ付いて回るように。先に「劇男一世風靡」に参加していた哀川翔から誘われる形で芸能界入りすることになりました。しかし、俳優として食べていけるようになるまでに時間がかかった中野英雄は、長い下積み生活も経験しています。

その間は、柳葉敏郎の運転手兼マネージャーや、「一世風靡セピア」の付き人などをしていて、真夏に「柿を買ってこい」と、無茶なパシリに使われることもあったそうです。

スポンサーリンク

中野英雄の出身は?孤独な幼少期を経て俳優になるまでの軌跡

京都市左京区出身の中野英雄は、幼い頃に東京都に移り住みました。当時、プロボクサーだった父親は、家に帰らず愛人宅暮らしで、母親と妹は家を出ていってしまうなど、孤独な小学生時代を送っていたと言います。中野英雄は、杉並区立杉森中学校から都立四谷商業高校に進学しますが中退。学生の頃は、ハンドボールと柔道をしていましたが、反抗期を迎えると非行の道へと足を踏み入れていきました。暴走族に入った中野英雄は、ケンカや暴走行為などで警察沙汰になったことも少なからずあったようです。

哀川翔と出会い、「劇男一世風靡」での活動を経て、俳優として成功してからは、「やくざに一番近い」と言われるなど、強面の役も多い中野英雄。波乱万丈な幼少期を知ると、これまでの経験が役作りに活かされていることがうかがわれます。とはいえ、プライベートも破天荒なままというわけではありません。名脇役を目指している中野英雄は、「男はつらいよ」シリーズで知られる名優・渥美清のサインを大切にしていて、日々「普通の生活」を心がけるなど、俳優としての努力を怠ることなく歩み続けています。

中野英雄「愛という名のもとに」でブレイク!息子たちの現在は?

中野英雄はヒットドラマ「愛と言う名のもとに」チョロ役でブレイクするもキレた理由とは?

中野英雄にいよいよスポットライトが当たったのは、1992年に放映されたフジテレビドラマ「愛と言う名のもとに」でした。鈴木保奈美や唐沢寿明など当時の人気トレンディ俳優がそろった大ヒットドラマに、愛称チョロこと倉田篤役で出演していた中野英雄。生真面目すぎるあまり社会でうまく立ち回れず、自殺してしまうセンセーショナルな役どころでした。

スポンサーリンク

次第に追い詰められていくチョロをハラハラしながら見守り、哀しい最期を迎える姿に涙した方も多かったのではないでしょうか。こうしてようやく俳優として食べていけるようになった中野英雄は、当時28歳。まだ若かったこともあり、実は、「チョロ」という役名で呼ばれることに抵抗があったと言います。

ドラマを見たファンから「チョロだ」と言われると、「チョロじゃねえんだよ」と言い返すこともあったそうです。「愛と言う名のもとに」で共演した竜雷太に「『ゴリさん』って言われるのはイヤじゃないですか?」と聞いたところ、返ってきた答えは、「1つの役をそうやって言われるのっていいことなんじゃないの?そう思うしかないだろ」。続けて、「寅さんなんかどうすんの」と論破された経験を明かしています。

中野英雄に離婚危機?息子は俳優の太賀!

中野英雄は、中学生の時に憧れていた先輩と結婚しています。その頃にプレゼントした貯金箱を、ずっと持っていてくれたことに感激したなどという心温まるエピソードが聞かれたこともありました。しかし、そんな中野英雄夫妻を揺るがす騒動も。それが、2001年に持ち上がった中野英雄とグラビアアイドル松田純の不倫騒動です。この騒動によって、「中野英雄は干された」などともささやかれるようになりました。

しかし、夫婦の危機を救ってきたのは子供の存在だったと言います。中野英雄の子供は2人で、長男は、以前は俳優活動をしていた武尊(たける)で、次男は、現在も俳優として活躍中の太賀(たいが)。中野英雄とは違う芸能事務所スターダストプロモーションに所属し、個性派俳優として数多くの作品に出演中です。中野英雄は、そんな太賀の活躍を喜んでいるのか、間接的ではありますが、時おりSNSでエールを送っています。

中野英雄がCKB20周年記念映画「イイネ!イイネ!イイネ!」に出演!

中野英雄は、2017年6月24日公開の映画「イイネ!イイネ!イイネ!」に出演しています。門馬真人監督と一雫ライオン脚本のこの作品は、クレイジーケンバンドのバンド結成20周年を記念して製作されました。すでに、2016年の「島ぜんぶでおーきな祭 -第8回沖縄国際映画祭-」に出品されている「イイネ!イイネ!イイネ!」ですが、このたび、TOHOシネマズ新宿ほかでいよいよ全国公開されます。

主演は、本人役を務めるクレイジーケンバンドのボーカル横山剣。中野英雄は、主人公ケンの幼馴染で、後にクレイジーケンバンドのマネージャーとなるトニー萩野を演じています。伊原剛士演じるドブオを含めた3人は、幼馴染であり、今でも「イイネ!」のひと言ですぐに繋がれる存在です。

それぞれの夢を追い求めて大人になったケン、トニー、ドブオは、人生の分岐点に立たされされたときにも「イイネ!」を合言葉に踏ん張って、希望を失わず……というあらすじです。撮影は、横山剣が実際に生まれ育った横浜を中心に、本牧や山下公園などで繰り広げられ、ストーリーを彩るのは、クレイジーケンバンドの名曲の数々。ライブ映像もあると言いますから、クレイジーケンバンドのファンにはたまらない作品でしょう。

横山剣は演技することが初めてだったと言いますが、いかに主演を引き立たせるかは名脇役としての腕の見せ所でもあります。トニーを演じた中野英雄もさぞ力が入ったのではないでしょうか。ヤクザ者の迫力ある演技で高い評価を得ている中野英雄ですが、最新出演作品「イイネ!イイネ!イイネ!」で見せている敏腕マネージャー・トニーの演技にも「イイネ!」を期待しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る