中尾明慶と仲里依紗は略奪デキ婚?バイク、愛車がヤンチャ過ぎ

中尾明慶と仲里依紗は略奪デキ婚?バイク、愛車がヤンチャ過ぎ出典:http://www.daily.co.jp

中尾明慶と仲里依紗は略奪デキ婚?バイク、愛車がヤンチャ過ぎ!

中尾明慶と仲里依紗は略奪の末のデキ婚だった?

中尾明慶は、青春モノのドラマには欠かせない清潔感のある俳優さん。そして奥さまは、こちらもドラマに映画に大活躍の仲里依紗。2人は、2013年4月に結婚。発表した時、すでに仲里依紗のお腹には、中尾明慶の子供がいるというデキ婚でもありました。

しかし、仲里依紗といえば、それまで俳優の浅野忠信と交際していて破局したばかり。一方の中尾明慶も、アパレルブランドのディレクター・秋定麻紀子と両親公認の仲で結婚目前と報じられていました。中尾明慶と仲里依紗は、沖縄での共演がきっかけで急速に接近し、その直後、中尾明慶は、秋定麻紀子に別れを切り出したのだとか。この時、中尾明慶は、別れたい原因が、仲里依紗との交際であることは決して口にしなかったそうです。結局、彼氏に振られたばかりの仲里依紗が、秋定麻紀子から中尾明慶を略奪したという形になりました。

中尾明慶のバイク、愛車がヤンチャ過ぎ!愛車遍歴がハンパなかった!

中尾明慶の趣味はバイクと車です。特に愛車遍歴は筋金入りで、19歳の時には、なんとすでにクライスラー300Cを購入。そして23歳の時には、キャデラックCTSを手に入れ、24歳になると、たてつづけにダッジチャレンジャーを購入しています。ドラッグレースにも参加するほどの車好きな中尾明慶は、趣味が高じて、「SUPER GT +」でメインMCに加えサーキットリポーターを務めるまでに。

車愛が冷めることはなく、愛車に乗って銭湯に向かう様子などをよくツイッターにてつぶやいています。
その他にも、ツイッターやインスタグラムで、バイクや愛車とともに自身が映っている写真を続々と公開している中尾明慶。座り方がちょっとヤンキーっぽいのは気になるところですが、中尾明慶の車にかけている愛情がよく分かる写真ばかりです。

スポンサーリンク

中尾明慶は金八先生が出世作?二重や筋肉はまるで作りもの!?

中尾明慶は子役デビュー後の金八先生が出世作?

中尾明慶は、幼少のころからテレビで活躍している印象があります。実際の中尾明慶の子役デビュー作は、小学生だった2000年に出演したドラマ『ママまっしぐら!』です。

その後も数々のドラマに子役として出演してきた中尾明慶が、本格的にブレイクしたのは、TBS系ドラマ『GOOD LUCK!!』に出演したことでしょう。この起用は、同系列ドラマ『3年B組金八先生』に出演していた中尾明慶を観たSMAPのマネージャーが、「この子がいい」と名指ししたのがきっかけになり、『GOOD LUCK!!』の出演に至ったのだとか。
金八先生といえば、若い俳優のブレイク登竜門。中尾明慶も、金八先生での好演で目を付けられた、ということになります。

中尾明慶の二重や筋肉はまるで作りもの!?

中尾明慶と検索すると、関連ワードで出てくるのが「整形」と「筋肉」。余りにも立派な二重のせいで、中尾明慶の整形疑惑は途切れることがありませんが、こちらは、本人がツイッターにてきっぱり否定。そういえば『ママまっしぐら!』時代から、顔が変わっていないのですから、二重は自前といわれても納得できます。

スポンサーリンク

筋肉に関しては、筋トレが趣味と公言している中尾明慶。ご自慢の腹筋は、現在、見事に4つに割れています。また、昔、ボクシングも習っていたといいますから、中尾明慶は常日頃からカラダ作りに余念がないのでしょう。
ボクシングと日ごろの筋トレのおかげでケンカも強いらしく、「中尾明慶にはケンカを売るな」というのは業界では有名なのだとか。どうやら筋肉も作りものではなく、日ごろからの鍛錬のたまもののようです。

中尾明慶が芸能界のタブーを小説化!話題騒然の処女作「陽性」を発表

中尾明慶というと、イメージが「青春キャラ」っぽいので、あまり文学とは結びつきがないような気もしますが、2016年の年明け早々に、長編小説「陽性」を出版して話題となりました。何より衝撃なのが、小説「陽性」の内容でした。主人公は、人気清純派女優の上原なつき。中尾明慶の小説「陽性」は、なつきが妊娠検査薬を使用すると陽性だった、というところから始まります。

なつきの相手は、以前共演したことのある売れない俳優。……と、ここまで来ると、「ん?どっかで聞いたことのある話では?」と思いますが、それもそのはず。この内容は、中尾明慶と仲里依紗が結婚に至るまでの背景とそっくりです。さらに物語の内容は、なつきたちと事務所とのやり取りや、ライバル女優がなつきを蹴落とそうとする様、週刊誌の執拗な取材など、芸能界の裏側に関する鮮明な記述が続きます。中でも芸能界の闇のドンたちに関する内容は、特定の事務所を引用しているのではないか?とさえ言われるまでに。

一方で、生まれてくる新しい命を必死に守ろうとする若い2人の想いが、とても素敵に描かれている「陽性」からは、中尾明慶が、自分の子供をとても愛していることがまっすぐに伝わってきます。
新しい才能を開花しつつある中尾明慶。これからも家族を守って、よきパパであり、よき俳優でいてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る