浪川大輔の輝かしい声優歴!「ルパン三世」石川五エ門役の評判は?

浪川大輔の輝かしい声優歴!「ルパン三世」石川五エ門役の評判は?出典:https://webnewtype.com

浪川大輔の声優歴が凄かった!年齢に似合わず声が若い!?

浪川大輔の声優歴が凄かった!多数の洋画大作で主役の吹替えも!

浪川大輔は、「ルパン三世」の石川五エ門役などで有名な人気声優です。実は、9歳の頃から声優を続けているというベテラン声優です。洋画の吹替えも多く、子役時代に担当したのは、「E.T.」や「ネバーエンディングストーリー」「グーニーズ」など、超有名作品の主役少年。

大学生の頃には、「ロミオ+ジュリエット」のロミオ役、レオナルド・ディカプリオの吹替えを担当しています。一見輝かしいばかりの声優歴ですが、ずっと順風満帆だったわけではありません。中学時代に、学校を休まないといけないアフレコの仕事をさぼりがちだったことが災いし、大学卒業後は、声優の仕事がほとんど回ってこなくなりました。そのためアパレル会社に就職しますが、諦めずに海外作品のオーディションに応募し続け、その後は、「スター・ウォーズ」アナキン・スカイウォーカー役や、「ロード・オブ・ザ・リング」フロド・バギンズ役の吹替えなど、大作で抜擢されるようになります。

こうして、アパレル会社を退社し、声優界の第一線で活躍するようになった浪川大輔。アニメでも、「ルパン三世」石川五エ門役、「君に届け」風早翔太役、「HUNTER×HUNTER」ヒソカ役、「アルスラーン戦記」ナルサス役など、人気作のメインキャラとして数多くの作品に出演しています。

浪川大輔は年齢に似合わず声が若い!?甲斐田裕子が舞台挨拶で明かしたこととは?

浪川大輔が出演している映画「デジモンアドベンチャー tri.第4章『喪失』」の舞台挨拶が2月25日に都内で行われ、甲斐田裕子、三森すず子、重松花鳥の3名が登壇しました。このとき話題になったのが、甲斐田裕子が浪川大輔の若すぎる声に戸惑ったという裏話です。

スポンサーリンク

同作は、アニメ「デジモンアドベンチャー」の主人公である八神太一少年が、17歳の高校生になり、再び懐かしい仲間たちと再会して冒険を始める物語。浪川大輔演じる西島大吾は、八神太一の高校の副担任ですが、甲斐田裕子演じる姫川マキとの大学時代の恋模様を描いたシーンがありました。

「大学生らしい若い声で」という指示はあったものの、想像していたよりもさらに若い声で来た浪川大輔に、甲斐田裕子が戸惑ったとか。これまでに演じてきた役柄から、浪川大輔には低めの声というイメージがあります。そんな中、「大学生らしい若い声」と言われたため、必要以上に意識してしまった結果、共演者を戸惑わせるほどに声を若くしすぎてしまったのかも知れません。

浪川大輔「ルパン三世」石川五エ門役の評判!結婚はしてる?

浪川大輔「ルパン三世」石川五エ門役の評判!励みになった栗田貫一の言葉とは?

浪川大輔は、2011年のテレビスペシャル「ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~」から、石川五エ門を演じています。歴史もある人気作品だけに、最初はプレッシャーが大きかったようで、名台詞の「またつまらぬものを切ってしまった」は、家で何百回も練習してから収録に挑んだそうです。2017年1月16日には、映画「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」の上映会が行われ、舞台挨拶に登壇しました。

スポンサーリンク

席上では、2016年末に、ルパン三世役の栗田貫一から、「『血煙の石川五ェ門』は、浪川大輔が石川五ェ門になった話」と言われたことを明かしています。それまでは、イメージを壊さないようにレジェンドの物真似のような形で石川五エ門を演じてきたという浪川大輔。

しかし、「血煙の石川五ェ門」は、石川五エ門が若かりし頃の話なので、一緒に一歩を歩ける作品です。そのため、栗田貫一の言葉が非常に励みになったとのこと。アニメファンの反応も、「浪川大輔の石川五エ門は違和感ない」と好評のようです。

浪川大輔は既婚者で2児のパパ!独立して事務所を設立

浪川大輔は、1976年生まれの40歳。結婚していることを公にしないことも多い声優業界ですが、浪川大輔は、2001年1月に結婚をしたことを公表しており、現在は2人の子供にも恵まれているようです。結婚相手が誰かまでは明かされていないことを考えると、お相手は、恐らく一般人なのでしょう。

浪川大輔は、声優のマネジメント事務所「アクロスエンタテインメント」に所属していましたが、2014年には円満退社。新しい事務所「ステイラック」を自ら立ち上げ、2016年にはさらに、ステイラックの付属養成所「Follow-Up」も立ち上げました。独立を決意したのは、より一層活動の幅を広げたいという想いがあったから。養成所まで立ち上げた姿勢には、演者として活動を続けながらも、優秀な声優を育て声優業界の未来を明るくしようとする浪川大輔の心意気のようなものが感じられます。

浪川大輔も出演決定!アニメ「王室教師ハイネ」は4月放送開始!

浪川大輔も出演することが決定しているアニメ「王室教師ハイネ」が、4月から放送開始されます。「王室教師ハイネ」は、王室というきらびやかな世界を舞台に、王子を教育する専属家庭教師である”王室教師”のハイネが、超個性的な4人の王子相手に奮闘する物語。浪川大輔が演じるのは、4人の王子を見守る生真面目な衛兵ルートヴィヒ役です。

浪川大輔は、ルートヴィヒ役を演じるにあたり、「ルートヴィヒはマクシミリアンとコンビで見守る立場なのですが、締めるところは締めてしっかりと成長を見届けていきたいと思う今日この頃です!」とコメント。浪川大輔演じるルートヴィヒとコンビを組む衛兵仲間のマクシミリアンは、ルートヴィヒと真逆で陽気な性格。そんなマクシミリアン役に決定したのは、立花慎之介です。

硬軟が対照的な2人のやり取りにも期待が持てそうですね。4王子に向けては、「国王になるのは大変なので、国王に向けての努力も大変だと思いますが、テレビの前の国民に是非愛をふりまいてください! ガンバレ~っ!」とエールを送っている浪川大輔。メインキャストのハイネ役は植田圭輔で、4人の王子は、安里勇哉、安達勇人、廣瀬大介、蒼井翔太と若手声優が中心となっています。そのため、浪川大輔は、役柄よろしく、先輩声優として、収録現場での縁の下の力持ち的な存在としても活躍してくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る