根本凪のGカップグラビアが可愛すぎる!虹のコンキスタドールとは?

根本凪のGカップグラビアが可愛すぎる!虹のコンキスタドールとは?出典:http://uncannyzine.com

根本凪のGカップグラビアが可愛すぎる!虹のコンキスタドールとは?

根本凪のGカップボディに称賛の嵐!グラビア界の新星は虹のコンキスタドールのアイドル!

根本凪(ねもとなぎ)は、イラスト投稿サービスpixivのアイドル育成プロジェクトから誕生したユニット・虹のコンキスタドール、「虹コン」のメンバーです。

”ねも”の相性で親しまれる根本凪は今、Gカップのエロキュンボディが可愛いと、グラビアファンから熱い視線を集めています。2016年に開催された週刊ヤングジャンプのグラビア投票企画「サキドルエースSURVIVAL SEASONS」で、ルックス自慢の逸材たちの中から堂々の1位に選ばれ、初めて同誌の表紙と巻頭グラビアに登場した根本凪。

おねだりするようなキュートな瞳と、こぼれんばかりのマシュマロGカップに、世の男性は悩殺されてしまいました。身長150cmのロリータチックな体型だからこそ、スリーサイズB90-W57-H85と豊かな肢体のエロさが増すというもので、「これほどそそるボディがあるのか!?」と、一躍グラビア界の期待を担う存在となっています。

根本凪はイラスト担当!虹のコンキスタドールは歌って踊れるクリエイティブ集団

根本凪のグラビアでの活躍によって、虹のコンキスタドールというユニットにも注目が集まるようになりました。虹のコンキスタドールは、pixivが開催したオーディションで選ばれたメンバーによって2014に結成され、現在8名が在籍しています。

スポンサーリンク

”コンキスタドール”の意味は、スペイン語で”征服者”。さまざまな色を持つ虹のように多彩な個性でファンの心を征服するというテーマを掲げ、虹のコンキスタドールというユニット名が誕生しました。活動内容は、歌やダンスに加え、イラストや声優、ダンスの振付けなど、各メンバーの得意分野を生かしたクリエイティビティ溢れるものとなっています。

幼い頃からイラストが得意だった根本凪は、”イラストレーターチーム”として、プロのイラストレーター岸田メルの指導をうけながら、SNSでアニメのイラストを発信。他のメンバーも同様に、アイドルとしてだけではなく、それぞれの分野での飛躍を目指しています。

根本凪の高校やプロフィール!母親が経営する「イエカフェ」の評判は?

根本凪は通信制高校の現役女子高生?でんぱ組.inc・夢眠ねむに憧れて芸術系アイドルへ

根本凪は、1999年3月15日生まれで、茨城県水戸市出身。2017年1月現在で17歳の現役女子高生です。高校名が気になるところですが、本人のTwitterには、”カワウソ似の高校3年生(通信制)”と記されているだけで、どこの通信制高校かは明らかにされていません。

スポンサーリンク

もともとは地元の高校に通っており、虹のコンキスタドールの活動のために上京した2014年に、東京都の定時制高校へ転校したという説もあるようです。そんな根本凪がアイドルを目指すようになったのは、映画監督や美術家としても活動する、でんぱ組.inc夢眠ねむへの憧れがきっかけでした。

2013年から、候補生として、地元・水戸のご当地アイドルグループで活躍しましたが、2014年1月に脱退。夢眠ねむのように、芸術センスを生かしたハイブリッドな活躍を目指し、2014年7月14日に、虹のコンキスタドール1期生としてアイドル活動を再開しています。

根本凪のファン殺到!?母親が実家で経営する「イエ カフェ」の人気メニューは?

根本凪の母親は、茨城県水戸市の住宅街で、カフェ「イエ カフェ(ie cafe)」を経営しています。屋号は、自宅の1階部分を改装して店舗を構えていることに由来。レトロな隠れ家的な雰囲気が女性に人気だとか。モッチリとした食感の厚切り食パンを使用したフレンチトーストや、フルーツと生クリームがギッシリ詰まったフルーツサンドは、ビジュアルに負けず、味にも定評があるようです。

そして何より、「イエ カフェ(ie cafe)」は、アイドル根本凪の実家であるにもかかわらず、住所バレしてしまっているという事実が。根本凪は、水戸のご当地アイドル時代から、地元では知られた存在でしたが、当時は店舗に現れることもあり、ファンが押し掛けることもあったといいます。

根本凪グラビアの次は「トモダチゲーム」でドラマ・映画デビュー!ハマリ役で人気加速!?

根本凪は、虹のコンキスタドールとしての活動を足掛かりに、イラストだけではなく、類いまれなるグラビアの素質を世に知らしめることになりました。グラビア活動を行うアイドルは数知れませんが、これほどのポテンシャルの持ち主はなかなかいないでしょう。飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を拡げつつある根本凪は、2017年にドラマ・映画化される「トモダチゲーム」で、女優業にも参戦します。

「トモダチゲーム」は、別冊少年マガジンで連載中の人気漫画を実写化したもの。仲の良い友達同士が疑心暗鬼になりながら、大金がかかった頭脳ゲームに挑むという物語です。ドラマ「オトナ女子」の年下男子のハマりっぷりが話題となったイケメン俳優・吉沢亮の主演に熱い視線が注がる中、根本凪は、主人公に恋心を抱く、アニメ好きのインドア少女・心木ゆとりを演じます。

心木ゆとりは、大人しく優しいキャラクターの裏に、いじめから逃れるために援助交際をしていた後ろ暗い過去を持つ、複雑なキャラクター。演技初心者には少々手強いかもしれませんが、Gカップで漫画を描くことが趣味のキャラということで、根本凪のパーソナリティを印象付けるにはうってつけの役柄です。

虹のコンキスタドールでは、2017年1月9日に8thシングル「レトルト~華麗なる愛~」が発売されたばかり。まだグループとしての知名度は十分ではありませんが、2017年の根本凪は、グラビアだけではなく、さまざまなメディアの中心人物になる可能性が大いにありますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る