ニッチロー’が珍プレーで退場!?イチローそっくりさんに海外の反応は?

ニッチロー’が珍プレーで退場!?イチローそっくりさんに海外の反応は?出典:http://matome.naver.jp

ニッチロー’が珍プレーで退場!?イチローそっくりさんに海外の反応は?

ニッチロー’がマリナーズ戦で珍プレー退場!イチローそっくりさんの世界デビュー戦!

ニッチロー’といえば、世界のイチロー選手のそっくりものまね芸人。2011年のシアトルマリナーズ戦の試合中に珍プレーで退場する事件を起こしたのは、イチローではなく、なぜか芸人・ニッチロー’のほうでした。

2009年に、東京ドーム周辺で路上デビューして以来、イチローに限りなく近づくべく、さまざまな努力を重ねてきたニッチロー’。イチローと同じユニフォームとグラブを身に着けてメジャー”観戦”デビューを飾ったニッチロー’は、早速、守備鮮やかなイチローよろしく客席から身を乗り出して、ファウルボールをキャッチ!……と思いきや、実はそれは、明らかなインプレーの打球でした。

勘違いとはいえ、重大な妨害行為を行ってしまったニッチロー’は、警備員によって連行されることに。マリナーズのオーナー夫人の温情で開放されたものの、ファンの殺意にも似た大ブーイングには、かなり気が滅入ったことでしょう。

ニッチロー’は珍プレー退場も日本・海外の知名度アップ!本家イチローの反応は?

ニッチロー’の珍プレー退場事件の一部始終はカメラにも捉えられて、まだニッチロー’の名が浸透していない日本でも、大きく報道されました。その様子は、「イチローがボールを取って退場」という実況と共に、全米放送のスポーツ番組でも、何度も面白おかしく放送されています。

スポンサーリンク

以来、シアトルの街を歩くニッチロー’を、「イッチロー!」と呼び止める声が急増。マリナーズの球場を見学していたら、係員に呼び止められて、選手との対面が叶うなど、ニッチロー’は、イチローのお膝元で、もうすっかり有名人。ニッチロー’にとって選手……いや、芸人生命にもかかわる一生の不覚ともいうべき珍プレーは、図らずも、国内外の知名度アップに繋がることになったのです。

予期せぬ形で、「世界のニッチロー’」となり得たかもしれないニッチロー’にとって、最も気になるのは、まだ対面を果たしていないというイチローの反応。ただ、あんな事件があっても黙認を続けるイチローには、「まだ会っちゃいけない」と、頭が上がらない思いのほうが大きいようです。

ニッチロー’とイチローの年収比較!身長体重、プロフィール!

ニッチロー’とイチローの年収差!そっくりさんだけに悲しすぎる

ニッチロー’は、現在、銀座のバー「id」の店長、新宿のモノマネ芸人劇場「そっくり館キサラ」への出演、テレビ・イベント出演が、主な収入源となっています。モノマネ芸人の平均年収は約1103万円といわれていますが、ニッチロー’の仕事量および収入は、イチローの活躍や話題性に比例すると言っても過言ではありません。対する本家本元のイチローは、マリナーズ時代には18億円と破格の値が付いていましたが、2016年は200万ドル(約2億円強)。

スポンサーリンク

自己最低年棒とはいえ、平均的なモノマネ芸人の20倍は稼いでいます。また、ニッチロー’の場合は、イチローが移籍したり、チームのユニフォームのデザインが変わるたび、自腹を切って仕事着を買いそろえなければならないという出費も運命づけられています。尊敬するイチローのそっくり度の精度を年々上げつつあるニッチロー’ですが、さすがに経済状況は、永遠に模倣できそうにありません。

ニッチロー’とイチローは身長まで奇跡的に同じ!体重、プロフィールは?

ニッチロー’のイチローものまねには、顔が似ているという強みの他に、181cmという身長まで奇跡的にイチローと同じという強みもあります。筋肉量の差から、ニッチロー’の体重は68kgと、イチローよりも約10kg軽いそうですが、ユニフォーム姿をより似せるために、素振りやランニング、体幹トレーニングを欠かさず行っているといいます。

そんなニッチロー’こと、本名・今村健太は、1978年9月23日生まれの長野県出身。長野県阿南高等学校時代はサッカー部でキーパーを務めており、俳優を目指して上京するも、22歳で飲食店に就職。29歳で結婚して娘にも恵まれ、平々凡々と暮らしていました。

ところが、勤めていた飲食店の顧客に、「イチローに似てる」と言われたことをきっかけに路上デビューしたのが2009年。2010年の誕生日の日に、イチローが10年連続200本安打を達成したことに運命を感じ、離婚して、ニッチロー’1本でやっていくことを決意します。イチから人生を賭けるにしては、あまりにニッチな芸風。それが、「ニッチロー’」という活動名の由来だったそうです。

ニッチロー’がイチロー3000本安打目前で大活躍もライバル登場で存続危うし!?

ニッチロー’にとって、尊敬するイチローは、もはや運命共同体。日米通算最多となる4257本安打という大記録を打ち立て、メジャー通算3000本安打目前に迫った2016年のイチローの活躍に準じ、ニッチロー’にお目にかかる機会も増加中です。2016年7月5日のロッテマリーンズVS西武ライオンズ始球式には、マイアミ・マーリンズのユニフォームをまとったニッチロー’がバッターボックスに。外見、仕草、オーラまでそっくり過ぎる完成度の高いパフォーマンスで、会場を、驚きと爆笑で沸かせました。

しかし、世界で唯一、イチローのドッペルゲンガー化に成功したニッチロー’に、今、最大の危機が訪れているといいます。なんと、2016年6月13日のマイアミ・マーリンズの試合で、客席にいたファンがイチローに酷似していると、全米が騒然となったことがありました。マーリンズのユニフォームを着た彼が、客席でイチローのものまねを始めると、実況席も大爆笑。ニッチロー’か?と思いきや、イチロー02と名乗る全くの別人でした。これにはネットも「ライバル現る。

ニッチロー’より完成度高くない?」とざわついたものですが、ニッチロー’本人は、「自分はイチロー選手を尊敬しているので、球場で自分が目立つことはしません」とキッパリ。さすが、世界のイチローの崇高な精神までも受け継いだ世界のニッチロー’です。イチローに公認される日を目指して、消えることなくニッチロー’であり続けてほしいものですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る