二階堂ふみ、宮崎あおいと「私の男」を取り合いに?!

二階堂ふみ、宮崎あおいと「私の男」を取り合いに?!

二階堂ふみ、宮崎あおいと「私の男」を取り合いに?!

2015年1月15日から放送されている「問題のあるレストラン」(フジTV)新田結実役でお馴染みの二階堂ふみさん。

3月17日から放送されているサントリーチューハイ「ほろよい」のCMに二階堂ふみさんが出ています。
2014年9月21日に“ハタチ”になったんですね。

二階堂ふみさんは『ようやく大人の仲間入り。ハタチになった記念になりましたし、すごくうれしい』と感激しています。
沖縄県出身のため、大酒家ぶりについては『普通にマイペースに飲んでますよ・・・酔ったら楽しくなってニコニコしてるみたいです』と
にっこりして打ち明けています。

スポンサーリンク

二階堂ふみ不思議っ子の勝負作「私の男」

2014年6月公開された映画「私の男」では、第38回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した二階堂ふみさん。
『自分の「勝負作」であり、「特別な作品」なんです。』と思い入れを語りました。

二階堂ふみさんは、流氷に入った感想を『何といっても手が大変でした。手袋だけだったので、感覚がリアルで「これは死ぬな」と思いました。
その時は監督と撮影の近藤さんが鬼畜に見えましたね。』と
撮影シーンが「鬼畜大宴会」だったと笑顔を見せています。

スポンサーリンク

「私の男」で一躍有名女優となりましたが、初めて二階堂ふみさんをご覧になった方は、「あれ?宮崎あおい?」と思った方も多いのでは?
取材先でそう言われる事が度々で、今では二階堂ふみさんの前では宮崎あおいさんの話はNGとか。

男性は似たタイプの女性とお付き合いすることも多いですし、昔の彼女を引きずることも多いですよね。
もしかして、今後、宮崎あおいさんと「私の男」を取り合いになることもあるかも?

二階堂ふみはヘンタイ!?『もう、みんな死ねって思った』

二階堂さんは、過激な発言により不思議っ子なる異名をも持ち合わせていますね。

映画「脳男」では不健全にやせろとの指示に『なんだよ、はやく終われ。この現場』と思った」と毒舌を吐き、
絞首シーンで、失神寸前となり、『もう、みんな死ねって思った』と飄々として語り、
『もっとヘンタイと仕事がしたい』とは日常的に述べており、誰もが認める「ヘンタイ」なんだとか。

二階堂ふみさん、ハタチになってしたいコトは『朝帰りですね』など、独特のコメントを残していますね。

二階堂ふみAO入試で慶應義塾大学

二階堂 ふみ(にかいどう ふみ)沖縄県那覇市出身、1994年9月21日生まれ20歳は、
ソニー・ミュージックアーティスツ所属の女優、ファッションモデルです。

東京都立八潮高等学校を卒業するも映画やドラマで多忙だったため、撮影現場などで受験勉強をし、
一年浪人して2014年慶應義塾大学総合政策学部にパス(AO入試にて)していますね。

2014年映画『私の男』でニューヨーク・アジア映画祭(New York Asian Film Festival)
ライジング・スター・アワード受賞(3人目の日本人)など多様な賞を受賞しています。

二階堂ふみの恋愛遍歴

映画「ヒミズ」にて共演した青森県生まれの在日朝鮮人3世で、アイドル好きの新井浩文(37)さんと交際し、2014年11月に16歳差の熱愛にピリオド。
2015年2月9日発売された「FLASH」(講談社)がオカモトレイジさん(24)との熱愛が報道されています。

『ダウンタウン・浜田雅功(51)の長男のハマ・オカモト(23)も所属するOKAMOTO’Sのドラマー。
THE PRIVATESの延原達治を父に持つ“2世”。2人は同じ事務所で彼女は『ジーレイちゃん』と慕い、ペアルックを作る間柄』と音楽関係者が語っていますね。

二階堂ふみのふるさと、沖縄県那覇市は首里城と焼物のまち、琉球王国でラフテー、ゆうなんぎい

沖縄県那覇市は二階堂さんの故郷で、1429年から1879年まで栄えた琉球王国の居城とした首里城があります。
2000年12月2日に世界遺産に登録され、「西のアザナ」は那覇市内を見渡すことができ、無料の絶景ポイントですね。

有料区域には大人820円、高校生620円、小中学生310円で入場でき、8:30から18:00ぐらいまで楽しめます。

国際通りから歩いて7分「焼物のまち壷屋」と称される琉球石灰岩でできた石畳がすき間なく敷かれたやちむん通りもあり、個性あふれる工房が立ち並び、
様々な陶器が楽しめますね。

二階堂さんもこの様な環境下で多様な賞に輝く女優さんに成長したのでしょうね。

ゆうなんぎい

那覇市久茂地3丁目にある「ゆうなんぎい」沖縄料理で人気があるお店です。
ラフテー720 円はみそベースタレで味付けされた、大きく簡単に箸で切れるほどの柔らかい豚バラ肉です。
これはお勧めの一品ですね。

もちろん、野菜の旨味の効いたコクのある味で、中太の麺と野菜たっぷりの
沖縄そば550円や、シンプルな味付けでも箸が止まらないゴーヤチャンプルー630円もあります。

日曜、祝日が定休日で、12:00pm~3:00pm、5:30pm~10:30pmまで営業しています。

二階堂さんもこの様な食べもので育まれて慶應突破を果たしたのでしょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る