落合博満は伝説の最強バッター!現役時代の成績を振り返る!

落合博満は伝説の最強バッター!現役時代の成績を振り返る!出典:http://www.baseball-money.net

落合博満は伝説の最強バッター!現役時代の成績を振り返る!

落合博満は最強バッターとして伝説の宝庫!バットコントロールで時価1000万円のカメラレンズ直撃!

落合博満は、「オレ流」を貫き、一時代を築き上げたプロ野球選手です。監督、GMとしても素晴らしい手腕を見せてきましたが、伝説の宝庫である現役時代を抜きにしては語れません。「神主打法」と呼ばれた独特の構えから見せる自在なバットコントロールで、打撃三冠王に輝くこと史上最多の3回、しかも初の三冠王に輝いたのは史上最年少の28歳でした。

以降、目標を常に「三冠王」としてきた落合博満。何といっても、凄いのはそのバットコントロールです。ロッテ時代の1986年シーズン終盤に、試合前の打撃練習で、マスコミのカメラレンズへ打球を直撃させたエピソードは有名でしょう。グラウンドに居座るカメラマンに、「打球が来るから危ないよ」と警告したのにカメラマンが聞き入れなかったので、業を煮やした落合博満は、「じゃあ、そこ(カメラレンズ)、狙うよ」と一言。打球を右に流し打ちして、本当にカメラレンズを直撃したといいます。

打球の直撃を浴びたカメラレンズは、フジテレビのもので、時価1000万円という高価な代物だったそうです。カメラマンは大目玉を食らったかと思いきや、「迫真の映像を撮った」と社長賞を受賞。その件で、落合博満にお礼に訪れたとか。また、中日時代に打撃練習で体育館を使用していた際、垂れ下がったネットに引っかかったボールを、「オレが落とすよ」と、打球で次々に落とし、「まるで魔法みたいだ」ともいわれました。

同じく中日時代のナゴヤ球場での打撃練習では、「ゆるい球10本中、8本スタンドへたたき込める」と予告し、実際に8本をスタンドへ打ち込んでいます。これほど自在なバットコントロールを誇るわけですから、落合博満が最強バッターとして伝説的な存在になるのも当然です。

スポンサーリンク

落合博満の現役時代は三冠王3回成績!本来なら巨人がドラフト指名していた?

落合博満の20年にわたる現役時代の成績を振り返ると、これだけの数字を残したことには驚きが隠せません。生涯成績は、2236試合出場で、7627打数2371安打510本塁打1564打点、打率3割1分1厘。首位打者5回 、本塁打王5回(史上初の両リーグ本塁打王)、打点王5回(史上初にして唯一の両リーグ打点王)、最多勝利打点5回 、最高出塁率7回、MVP2回、ベストナイン10回など、タイトル、表彰は数えきれないほどです。

打撃三冠王は、史上最多となる3回も獲得しています。同じリーグの山田久志(阪急)、東尾修(西武)らエース級ピッチャーとの対戦もファンを楽しませました。しかし、驚嘆すべきは、25歳と遅いプロ入りでありながら、これだけの成績を残した点です。1978年のドラフト会議で、ロッテオリオンズの3位指名で入団した落合博満。実はこのとき、「江川問題」があったため巨人がドラフト会議をボイコットしていますが、本来ならば、巨人が落合博満を指名する予定だったとか。

歴史に「もし」は許されませんが、巨人によるドラフト指名が実現していたら、プロ野球は全く別の歴史を歩んだことは間違いありません。三冠王・落合博満は誕生しなかった可能性も濃厚です。3年目となる1981年には、オールスターゲームに初出場を果たし、第2戦では、初めて4番打者でスタメン出場した落合博満。

スポンサーリンク

西本幸雄監督の「将来の日本野球界を背負って立つ男」という見立てによるものでしたが、その予言は見事に的中したといえます。落合博満自身も、オールスターで初めて4番を打った当時を、「まさに私が世に出た試合」と述懐。同年に初めて規定打席に到達すると、早くも首位打者のタイトルを獲得したのですから、「まさに世に出た」シーズンとなりました。1982年には28歳で史上最年少の打撃三冠王に輝きますが、数字自体は決して抜群といえず、「三冠王に値する数字ではない」と評する声があったのも事実(打率3割2分5厘、32本塁打、99打点)。

しかし、「(三冠王経験者の)王さんや、野村(克也)さんならともかく、三冠王を取ったこともない人が言うのはおかしい」と意に介さなかった落合博満。そして、1985~86年の2シーズン連続で三冠王を獲得してみせました。これは、「王さんが2回だから、あと2回三冠王を獲れば自分がトップだ」と、三冠王獲得にターゲットを絞っていたからです。1986年は7試合を残して50本塁打しており、当時の日本記録だった55本塁打を破る可能性もありました。

しかし、若手選手にチャンスを与えたいという稲尾和久監督の意向を受け、落合博満本人も納得して、残り試合を欠場。自伝では、「来年でも十分チャンスはあると思った」としていますが、結果的に、日本記録に挑むチャンスを逃してしまいました。そして、シーズンオフには1対4の大型トレードでセントラルリーグの中日ドラゴンズへ移籍。日本球界初めての年俸1億円プレーヤーとしても名を刻んでいます。

落合博満が名球会入りを拒否した理由!高校、大学の逸話が大物過ぎる!

落合博満名球会入り拒否の理由は金田正一の酷評が理由だった?己の信念を通す「オレ流」の面目躍如!

落合博満の巨人2年目のシーズンとなる1995年4月、対阪神2回戦で、2000本安打を達成した落合博満。ホームランで節目の記録を達成するのはさすがとしか言いようがありません。2000本安打を達成したからには、名球会入りの資格を持ったわけですが、なぜか落合博満は名球会入りを拒否。

それには、当時名球会の会長だった金田正一が関係していました。落合博満がプロ入りした当初、キャンプ取材に訪れた評論家は、そろって落合博満の打撃フォームをこき下ろしたものです。中でも辛口だったのが、前ロッテ監督の金田正一で、「こんなフォームじゃプロで通用せんわい」と酷評。面と向かってボロクソに言われた落合博満は、根に持って、プロ入り2年目ごろには、すでに「2000本安打を打ったとしても、名球会には入らない」と断言していたと伝えられています。

しかし、真相は異なりました。たしかに、名球会入り拒否には、金田正一による酷評がかかわっているのですが、落合博満の真意は、「実績の素晴らしい元大選手の酷評は、選手の芽を摘みかねない」という危惧にあったといいます。酷評されたことに気分を害したわけではなく、そのような人物が仕切っている名球会に入るわけにはいかないというのが、落合博満が名球会入りを拒否した真の理由でした。いかなる権威にも屈せず、己の信念を通す「オレ流」反骨心の面目躍如といったところでしょうか。

落合博満が高校、大学で野球部を退部した大物的逸話!

落合博満の高校から大学時代を振り返れば、スター選手として鳴らした経歴はありません。それどころか、高校、大学ともに、野球部を退部したという逸話すら残っています。高校時代だけでも、7回入部・退部を繰り返したという落合博満。こ秋田工業高校を進学先として選んだのは、体育会系体質嫌いだったため。強豪校ではなく無名校なら大丈夫だろうと考えたからでした。

しかし、理不尽な上級生の体罰はここにもあり、それに耐えかねて野球部を退部。しかし、投打の実力が頭抜けていたため、試合間近になると、部員の説得で復帰。ほとんど練習することもなく、4番打者で試合に出場していたというから驚きです。結果として、退部と復帰を通算7回繰り返すことになりました。大学進学すると、この異質ぶりはさらに際立っていきます。東洋大学で野球部入部したものの、またもや体育会系に染まり切った環境に直面した落合博満。

たび重なる体罰に嫌気がさし、わずか半年で野球部を退部して、大学も中退。秋田に帰り、ボウリング場でのアルバイトをきっかけにプロボウラーを目指すことに。しかし、受験料は、スピード違反の罰金として消えてしまい、プロボウラーを断念。その後、才能を惜しんだ高校時代の恩師の勧めもあって、東芝府中へ入社し、いよいよ活躍し始めました。

落合博満「巨人入り」の憶測も?フロント入りそれとも参謀役か?

落合博満GMが、1月末で中日を退団と発表されていますが、球界では、さっそく今後の動向に対する憶測が乱れ飛んでいます。「他球団で監督就任か?」「いや、アドバイザーで巨人入りもあり得る」など、さまざまです。中でも、次期監督候補として具体的な名前が挙がる球団が、東北楽天やオリックス。2004年から8年間の中日監督としての手腕は誰もが認めるところ。この間はすべてAクラスをキープし、日本一にも輝いた指導者としての経歴を見れば、黙って放っておく手はありません。

しかし、ここへきて急浮上してきたのが「巨人入り」です。FA権行使で、1994年から3年間在籍した縁もあり、球団上層部にも、落合博満の手腕を高く評価する声があるとか。他球団の監督に就任してしまう前に、アドバイザーなどのポストでフロントへ招聘するのではというのがもっぱらの見方です。補強費が億単位で使える巨人ならば、落合博満の手腕も十分に生かされるはずとの声も高まりつつある一方では、フロントではなく、ヘッドコーチで巨人のユニフォームに袖を通すという見方も出始めています。

現在、巨人は、高橋由伸監督を支えて勝負に徹する参謀役が求められており、その役割に一番適しているのが落合博満とのこと。勝てるチームを作るノウハウに精通した人材が野に下るわけですから、資金の豊富な巨人が招聘に動く可能性は否定できません。斜に構えたスタイルは賛否両論ですが、その手腕を否定する声は皆無。まだまだ落合博満の「オレ流」指導へのニーズは尽きそうにありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る