織田信成が現在テレビ番組に引っ張りだこな理由とは?スケート現役時代の成績は?

織田信成が現在テレビ番組に引っ張りだこな理由とは?スケート現役時代の成績は?

織田信成が現在テレビ番組に引っ張りだこな理由とは?スケート現役時代の成績は?

織田信成が現在テレビ番組に引っ張りだこな理由とは?

織田信成といえば、オリンピックなどにも出場した元フィギュアスケート選手で、プロのフィギュアスケーターです。名前が示すように、戦国武将・織田信長の末裔であるといわれており、スケート選手時代から注目されてはいました。そして現在、織田信成はテレビ番組に引っ張りだこ。その理由は何でしょうか?

まず「織田信成」と聞いて思い浮かぶのは、愛嬌のある笑顔です。しかし、選手を引退して、テレビ番組に出演するようになった織田信成が、さらに注目を集めた理由の1つには「号泣」する姿があるのではないでしょうか。織田信成は、感動するとすぐ号泣してしまいます。番組制作側も感動を与えるように仕向けているため、織田信成は本当によく号泣していて、とうとう「号泣キャラ」のタレントとして有名になってしまいました。

また、織田信成は関西出身ということだけのことはあり、ノリがよいこともテレビ番組向けなのでしょう。特にバラエティ番組でのノリは、重要です。視聴者が飽きない番組作りのためには、号泣キャラとノリのよさ、この2つをあわせ持つ織田信成が必要なのでしょう。

織田信成のスケート現役時代の成績は?優勝経験も複数あり!

織田信成は、テレビ番組での号泣キャラと愛らしい笑顔で、お茶の間の人気者になっていますが、スケート現役時代の成績もなかなかのものです。主な成績としては、2005年世界ジュニア選手権、2006年四大陸選手権、2008年日本選手権で優勝している織田信成。2006年、トリノオリンピックへの出場をかけた全日本選手権では、採点ミスで優勝から2位となりオリンピック出場は逃したものの、その後の2009年、2010年にはGPファイナル2位で、バンクーバーオリンピックにも出場しています。

スポンサーリンク

バンクーバーオリンピックでは、SPで4位だったものの、FSで靴紐が切れたアクシデントがあり7位で終わったことは記憶に新しいところ。2014年のソチオリンピック出場を逃しているので、織田信成がオリンピックに出場したのは1度となりました。

織田信成の女子力が高すぎる!身長、体重、性格は?

織田信成の女子力が高すぎる!キャラ弁だってお手のもの

織田信成は、現在テレビ番組に引っ張りだこですが、高すぎる女子力でも注目されています。最近女子力が高い男性がモテルという風潮がありますが、織田信成の女子力の高さは奥様も驚くほど。料理好きな織田信成がブログにアップする料理の写真は、女子もびっくりするほど色鮮やかです。料理にあわせて選ばれた器へ綺麗に盛り付けられた料理があったり、パンを焼いたり、そして驚くことに、息子さんにはキャラ弁まで作っている織田信成。これだけのものを見せられれば、織田信成の女子力が高すぎると言われるのもうなずけます。

織田信成の身長、体重、性格は?

織田信成が、実は意外と小柄なことをご存じでしょうか?公表されている織田信成の身長は162センチ、体重は52キロだそうです。女子力が高いと話題の織田信成ですが、スタイルも女子に近いですね。男子スケートの選手で高身長の選手は少ないようですから、身長が高くないことは、フィギュアスケートを華麗に舞うために必要なことなのかもしれません。現在テレビ番組に引っ張りだこの織田信成は、間違いなく愛されキャラ。

スポンサーリンク

いつもニコニコし、感動して大号泣しても周りから嫌がらないのは、織田信成の性格が、素直で、明るく人懐っこいためでしょう。とはいえ、厳しい勝負の世界を戦い続けて優勝経験もあるアスリートですし、息子さんに作るキャラ弁の完成度から見ても、織田信成の性格には、負けず嫌いな部分もあるのでしょう。

織田信成は愛されキャラでこれからの活躍にも期待

織田信成の視聴者からの受けがよい場面は数々ありますが、最近では、浅田真央選手が復活した時の解説をしていた様子がネット上で話題になりました。多くの人が待ち焦がれていた浅田真央の復活。ある意味、その気持ちを何倍にも表現したのが織田信成だったのではないでしょうか。織田信成は、フィギュアスケートでの苦労を実際に知っています。だからこそ、浅田真央復活の興奮と感動を、大げさにも見えるような表現の仕方で表すことができたのでしょう。

インタビューでも、浅田真央本人よりも織田信成のテンションが高く、かえって浅田真央になだめられるシーンまでありました。浅田真央の復活を、感動の言葉と共に熱く伝える織田信成の様子には、「落ち着いて」という声も多かったのは事実ですが、それもおそらく愛情こもった投稿だったはず。

素直に自分の気持ちを表現する織田信成の姿は、素直に好感が持てますし、変に飾った言葉で語るよりもずっとダイレクトに感動が伝わったのではないでしょうか。飾らない織田信成は、これからも視聴者に愛されるキャラであり続けることでしょう。フィギュアスケートの解説者としても新しい風を吹かせながら、織田信成らしく明るく突き進んで行ってほしいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る