小川菜摘 浜田雅功の不倫を許した器の大きさ!長男ハマオカモト、次男の現在は?木梨憲武、野沢直子との関係!ローストビーフレシピがスゴイらしい

小川菜摘 浜田雅功の不倫を許した器の大きさ!長男ハマオカモト、次男の現在は?木梨憲武、野沢直子との関係!ローストビーフレシピがスゴイらしい

小川菜摘 浜田雅功の不倫を許した器の大きさ!長男ハマオカモト、次男の現在は?

小川菜摘の器が大きすぎる!浜田雅巧の不倫を許したことで評価が上がった

大御所芸人ダウンタウン浜田雅巧とその妻小川菜摘は、芸能界きってのおしどり夫婦として有名。二人の仲睦まじいエピソードがあちこちで聞こえてきます。

けれども、昨年『FRIDAY』にて、浜田雅巧が昨年Fカップのグラビアアイドル・吉川麻衣子と3年にも渡って不倫していたことがすっぱ抜かれましたね。女遊びは芸の肥やしと言いますが、さすがに3年も本格的に不倫をしていたのでは、小川菜摘も心中穏やかでいられないでしょう。

しかし、浜田雅巧の不倫が発覚した時の小川菜摘の対応が「神対応」「芸人の妻の鏡」などと絶賛されました。小川菜摘は浜田雅巧の不倫に対し、「芸人はモテなくなったら終わり」「芸人さんだから結婚した時から覚悟しています」「芸の肥やしになるなら全然いい」と、なんとも器の大きいコメントを連発したのです。

そうは言っても、不倫期間は3年。小川菜摘が覚悟していたとしても、少々遊びが過ぎたのでしょう。浜田雅巧も謝罪文を発表して反省したようですが、芸人の妻として立派な対応をした小川菜摘を、これからは泣かせないようにしてもらいたいですね。

スポンサーリンク

小川菜摘の長男はベーシストのハマ・オカモト!次男はアメリカで映画を勉強中

小川菜摘には2人の息子がいます。長男のハマ・オカモトはロックバンド「ズットズレテルズ」のベーシストとして活躍中です。ハマ・オカモトは父親、浜田雅功があまりにもビックネームだったため、子供の頃から親の七光りと言われ続けて辛い思いをしてきたようです。

そのため「父親の名前は1度も言ってない」と浜田雅巧の名前は封印して活動してきました。それでも浜田雅巧が芸能界デビュー30周年を迎えた時には、ハマ・オカモトのラジオに浜田雅巧がゲスト出演。この初の親子共演が終わった後、ハマ・オカモトはツイッターで「なんか21年間溜まっていたものが今日抜けた気がします。また明日から頑張るぞー!」とツイートしました。

このツイートには「七光りだなんて微塵も思わない」「楽しくて感動的な時間だった」「普通にうらやましかった。あんな親父を目指そう!」と好意的なツイートが続出。

スポンサーリンク

これには小川菜摘も「これからも彼は今までと変わることなく努力し、自分の力で道を切り開いて行くと思います」と母親らしいツイートをしました。

一方もう1人の息子である次男は一般人。現在はアメリカで映画を学んでいるようです。次男もそのうち映画監督になって、芸能界に殴りこみをかけてくるのでしょうか。

小川菜摘 木梨憲武、野沢直子との関係!ローストビーフレシピがスゴイらしい

小川菜摘は過去に木梨憲武と交際していた!親友・野沢直子と不仲に?!

小川菜摘は浜田雅巧と結婚していますが、独身の頃に木梨憲武と交際していたという噂がありますね。小川菜摘は木梨憲武、浜田雅巧と三角関係だった時期があり、そのせいで浜田雅巧と木梨憲武は共演NGという都市伝説まであるようです。

しかしこれは『ワイドショナー』の中で、ヒロミが、浜田雅巧ととんねるずが同じ飛行機になった話を明かして、「仲良く会話していた」と都市伝説を否定。このことから浜田雅巧と木梨憲武の不仲は、単なる噂にすぎないといえそうです。

そして最近話題になっている、小川菜摘と野沢直子の不仲の噂も気になるところ。小川菜摘と野沢直子は同い年で同じ事務所所属だったことから、お互いを「相方」と呼ぶほど大親友のようです。野沢直子が帰国する時は、小川菜摘と浜田雅巧の豪邸に居候するのが恒例。

加えて、夏には知人らと一緒に旅行に行き、野沢直子がアメリカに帰る時は女芸人を集めて盛大に送別会を開いているのだとか。しかし今年7月に野沢直子が帰国したにもかかわらず、それらの予定がなく不自然というのが不仲説の発端のようです。

これには小川菜摘が「不仲説はない!お互いに忙しいの」とブログで否定。近々テレビで共演する予定があるそうなので、野沢直子との不仲も単なる噂ということになるでしょう。

小川菜摘の「焼かないローストビーフ」が美味しすぎると話題!レシピも簡単と大好評

小川菜摘が「はなまるマーケット」で披露した「焼かないローストビーフ」がめちゃくちゃ美味しいと評判になっているようです。ローストビーフといえば、美味しいけれど時間と手間がかかるから、手作りするのは大変……というイメージがありますが、そんなローストビーフを「焼かずに」「簡単に」作れてしまうというのですから、試してみたくなりますよね!

小川菜摘のローストビーフのポイントは「漬け込むたれ」が重要とのこと。たれの入った耐熱袋に肉を入れてもみこみ、冷蔵庫で一晩寝かせた後、保温性の高い鍋で水を沸騰させたら火をとめ、常温に戻した肉を入れて蓋をして40分間保温するだけ!

本当にこんなに簡単に、あのローストビーフが出来てしまう?!とにわかに信じられないですが、ネット上では「簡単なのに美味しい!」とあちこちで絶賛されています。筆者もローストビーフは大好物ですが、手作りするのは難しそうと尻込みしていました。

ですが、「自分でもできるかも!」と嬉しくなってしまうほどの小川菜摘の簡単なレシピ。ローストビーフはパーティーや記念日など特別な日に出せますし、大勢のお客さまをもてなす時にも使えますよね。

これも、小川菜摘が普段から人をもてなす料理を振舞っている実力だからこそのレシピではないでしょうか。

小川菜摘の人生は理想的!器の大きさとしたたかさで芸能界の荒波をくぐりぬける

最近、野沢直子との不仲で注目された小川菜摘ですが、8月2日に野沢直子と共演したことをブログでアップ!もともと小川菜摘自身も「野沢直子との『不仲説』笑」「ないないないない~~!下らなくていちいち言う必要もないんだけど」と言っていましたが。

いくら毎年恒例行事にしていると言っても、都合が合わない時もありますし、生きていれば色々なことが起こります。それなのに「不仲!女の友情もアラフィフィになると難しくなる」などと本人の気持ちを無視するように、周りが勝手に話を盛り上げてしまうのはお気の毒としか言いようがありませんね。

それにしても小川菜摘の人生は何とも羨ましい限りです。夫はトップクラスの芸人ダウンタウンの浜田雅巧であり、長男ハマオカモトは音楽面で才能を発揮し、次男はアメリカで映画を学んでいます。

また小川菜摘もテレビで活躍して充実していますし、本当に理想通りの女の生き方です。もちろん小川菜摘も苦労をしているでしょう。浜田雅巧の不倫騒動では器の大きさをアピールできましたが、影では随分泣いたことと思います。気丈な発言は浜田雅巧の立場を考えたことと、自身のプライドを保つためでもあったでしょう。

ですが小川菜摘のとった行動は正解でした。浜田雅巧の不倫騒動の一件で小川菜摘の株が上がりましたし、同時に小川菜摘はとても頭のいい女性だということも世間に広まったことでしょう。これからもよい妻・よい母という小川菜摘らしさを前面に出し、今まで以上に活躍してほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る