大島美幸が流産・出産を乗り越え激やせ?!体重、身長は?

大島美幸が流産・出産を乗り越え激やせ?!体重、身長は?

大島美幸が流産・出産を乗り越え激やせ?!夫・鈴木おさむ、子供の現在は?

大島美幸が流産・出産を乗り越え激やせ?!顔がホッソリして美女に?!

大島美幸の激やせが話題になったのは、2015年11月23日に夫・鈴木おさむがInstagramに投稿した子供とのツーショット写真がきっかけでした。結婚6年目の2008年1月に、妊娠5週目で流産して以来、妊活に専念してきた大島美幸。長い不妊治療を、夫と手を取り合って乗り越えた末、2015年6月22日に待望の第一子となる長男・笑福(えふ)を出産した一連の様子は、7月5日放送の「世界の果てまでイッテQ!」で映像として紹介されました。

しかし、その時点での大島美幸には、全く激ヤセの気配などなかったのです。ところがInstagramの大島美幸は顔が別人のようにホッソリ。ネットでは「目がぱっちりしてキレイになった」「顎がとがっている」と大騒ぎになりました。流産・出産が体に祟ったために激ヤセしたのだったら心配ですが、最近では再び以前の大島親方に戻ってしまっていますから、授乳による一時的な体重減少だったのではないかと思われます。

大島美幸の夫・鈴木おさむは育休中?子供の現在、卒乳が話題に!

大島美幸の夫・鈴木おさむは、「笑っていいとも」や「ココリコ黄金伝説」など、1週間のテレビ番組表を埋め尽くすほど、数多くの人気バラエティ番組を世に送り出してきた実力派放送作家です。現在も「めちゃ×2イケてるッ!」「SMAP×SMAP」を手掛けていますが、2015年7月6日から「父勉育休」のため、実質上休業に入っています。休業は1年間の予定ですが、妊活・出産・子育てをSNSで発信する子育てパパ売りで「大島美幸を食い物にしている」と批判されている鈴木おさむ。

長男・笑福は現在7カ月。おすわりもできるようになり、もうすぐハイハイが始まる頃だといいます。顔色が悪いと噂になったこともありましたが、夫・鈴木おさむのブログでは、毎日のように笑福くんの元気な画像が報告されています。最近では、読者から、卒乳について多くの意見が寄せられていますが、大島美幸は、笑福が1歳になった頃には卒乳しようと考えているため、現在は、離乳食やストローの導入に奮闘中です。

スポンサーリンク

大島美幸が島田紳助にブチ切れされたワケ!大島親方完全復活!

大島美幸が島田紳助にブチ切れされたワケ!努力は報われず「お前は使わん!」

大島美幸が島田紳助にブチ切れされたのは、2007年7月~2008年2月まで放送されていた島田紳助司会の番組「今夜はシャンパリーノ」の公開収録での出来事。大島美幸は、社会問題を扱ったテーマを、出演者の前でレクチャーする「先生」として出演することになったため、事前に、何日も専門家の下で勉強して収録に臨みました。

本番では、大島美幸のレクチャーに何の問題もなかったように思われましたが、島田紳助は激しく気に入らなかった模様。「お前、自分で何点と思う?」「頑張って勉強してきたので80点だと思います」というやり取りの末、島田紳助から「もうお前みたいなんは使わん!お前はちっとも勉強してへん!20点もつけられへん!」と罵声を浴びせられてしまったのです。その剣幕は、大島美幸が謝るタイミングも掴めないほどで、関係者や観客は凍り付いてしまったのだとか。最終的に、島田紳助の意向でこの収録回はお蔵入りとなりましたが、大島美幸には努力が無駄になった虚しさと、大物に睨まれる恐怖感が残されたはずです。

大島美幸、「イッテQ!」大島親方完全復活!体当たり芸はブランクも何のその!

大島美幸が1月17日放送の「世界の果てまでイッテQ!」で、1年8カ月ぶりに復帰し、芸能活動を再開しました。一時期は激やせしていたものの、「1年8カ月ぶり!大島親方復帰スペシャル」と銘打たれたこの回を背負って登場した大島美幸は、すっかり以前と同じ相撲取りのような姿に戻っており、文字通り「大島親方完全復活」と相なったのです。

スポンサーリンク

ところが満を持して挑んだ「お帰り相撲」では、簡単に投げ飛ばされてしまいます。休業の間は、顔も洗わず育児に専心していたといいますから、かつての迫力を取り戻すには暫く時間を要する気配……と思いきや、その直後には、ズボンを引きずり下ろされるなどの体を張った芸は健在。

「温泉同好会」のロケVTRでも、オーストラリアの絶叫マシーンで、名物「恐怖顔」を惜しげもなく晒し、女芸人に「何だお前!」とにらみを効かすリアクション芸も冴えわたっていました。出川哲郎が「大島がいると落ち着くなあ」と言うように、大島親方の完全復活と共に、本当の「イッテQ!」が帰ってきた気がします。

大島美幸の流産・出産・子育ては幸せ自慢?実はもっと奥深い

大島美幸が流産・出産を乗り越えたことは多くの感動を呼びました。しかし、7月の出産VTR公開や「妊活本」の出版で「幸せ自慢」と言われたり、挙句は子育て法まで尾木ママに批判されたりと、あまりキレイではない話題ばかり続いていた大島美幸。交際0日で結婚した大島美幸と夫・鈴木おさむは、スタートから王道を外れていましたから、この程度の奇抜な行動は想定の範囲内でしたし、ポジティブに捉えると、夫婦仲良く妊活を乗り越えて喜びを分かち合う姿は、妊活中のカップルの希望になり得る気さえします。

1月26日放送の「ナイナイアンサー」で、大島美幸は彼女がいながら結婚に二の足を踏み続ける前園真聖に「女の7年を何だと思ってるんだ!」とブチ切れました。大島美幸のキレ顔に笑いが起きる展開でしたが、この言葉は、多くのプロポーズ待ち女性の胸を突いたに違いありません。

0日交際で結婚したとはいえ、約6年の不妊治療の末に35歳でやっと出産した経験は、焦りと不安の連続だったはず。女性の20代30代は、男性が思う以上に重いものだということを、大島美幸は代弁してくれたのです。「イッテQ!」の大島親方完全復活では、大島美幸が女性であることを忘れさせられるような内容でしたが、お尻を出したり、無様にキレまくったりしながらも、大島美幸の心の中は、可愛らしい妻であり母親。

長男・笑福の露出が激しすぎて、後にいじめられはしないかと心配でもありますが、数々の修羅場を体当たりでくぐって来た胆力と愛情で、マイペースな幸せを掴みそうな予感はします。「幸せ自慢」ではなく、「大島美幸でも結婚して出産できた」と考えると、見習いたいポイントがたくさん見えてきます。「ナイナイアンサー」では、楽屋に笑福を待機させての収録に挑んだ大島美幸。レギュラー出演が決定していますから、今後は、大島美幸の働くママの顔も見られそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る