大谷翔平、年俸1億円!!「スカウト」から3年目で開幕戦投手も、花巻東高校が選抜高校野球から外れた理由は?

大谷翔平、年俸1億円!!「スカウト」から3年目で開幕戦投手も、花巻東高校が選抜高校野球から外れた理由は?

大谷翔平「スカウト」から3年目で開幕戦投手!

大谷翔平「スカウト」から3年目で開幕戦投手に選ばれましたが、
残念ながら2015年選抜高校野球から花巻東高校が外れた理由とは?

プロ野球開幕間近。各チームは現在それぞれのキャンプ地で優勝を目指し奮闘中ですが、
日ハムは早くも臨戦態勢バッチリのようで、栗山英樹監督が今季開幕投手に大谷翔平選手を指名しました。

今回の発表は大谷選手の背番号11にちなみ午前11時11分に行われました。
またこの日は2月20日でしたが「二刀流で20勝」の意味も込められていて、

スポンサーリンク

栗山監督の本気度を感じます。パリーグ開幕は3月27日とまだ先ですが、
この段階で発表されるのは珍しいのではないでしょうか。

日ハムで高卒3年目での開幕投手はダルビッシュ有投手以来の快挙です。

スポンサーリンク

対戦相手は楽天一方、対戦相手の楽天・大久保博元監督は大谷選手のことを「球界を代表する
尋常じゃない選手」と評し、「先に失点をしない野球をしなければならない」と警戒しています。

二刀流を続けることに反対の声が上がっているのも事実ですが、投打に渡り結果をきちんと残していますし、
何より他ではあまり見られない貴重なプレースタイルですからファンとしてはぜひ続けて欲しいのが本音です。

大谷翔平を生んだ花巻東高校が選抜から外れた理由は?

2015年選抜高校野球大会には、花巻東高校の名前がありませんでした。
選抜高校を決める秋季東北大会で、残念ながら3回線で敗れてしまったためです。

その相手校とは、秋田県の大曲工業高校です。延長15回でいったん引き分け、延長再試合で惜しくも敗れてしまいました。
大谷翔平選手が在籍の頃も大曲工業と対戦をしていますが、その時は花巻東高校の圧勝でした。
東北の高校生の熱いぶつかり合いがあったようです。

大谷翔平選手は1994年生まれの岩手県奥州市出身です。

花巻東高校卒業後ドラフト一位で日ハムに入団しました。

本人はメジャーリーグ行きを希望していましたが、
日ハム側の度重なる説得に応じる形で入団を決めました。

大谷翔平選手、花巻東高校が生んだ「超二刀流」高卒3年目にして一億円プレイヤー

契約金は一億プラス出来高払い5000万の年俸は1500万。

初年度から一軍として定着し、トレードマークである「二刀流」を武器に文字通り投打に渡りめざましい活躍を
しているのは野球ファンならずともよく知られています。

その活躍ぶりは年俸にも如実に表れていて、
入団時1500万だった年俸は2年目には倍の3000万、そして今回の契約更改では一億円の大台を達成しました。

これは高卒3年目では松坂大輔投手以来二人目とのことです。
1年目2013年の成績は投手としては3勝(防御率4.23)、打者としては打率.284、2年目の2014年は11勝4敗(防御率2.61)、打率.274を記録しました。

よく比較対象にされるのが、同じ日ハムで同じ11番を背負っていたダルビッシュ有投手ですが、
既に超えたとの声も多く聞かれます。

ちなみに大リーグではブルックス・キーシュリックが2003年〜2004年の間に二刀流として活躍しました。
また野球の神様と呼ばれるベーブ・ルースも二刀流でした。

それから二刀流選手は登場していませんので、大谷選手がどれだけ稀有なプレイヤーなのかが分かります。

唯一の贅沢はスーツとスイーツ若干二十歳の大谷選手ですが、
お金の管理はご両親に任せているそうです。月のお小遣いは10万円だそうですが、
ほとんど使うことなく貯まる一方とのこと。

年一回スーツを10万円かけて新調するのと、大好物のアイスやチョコを買うのが主な使い道とのことです。
無趣味であることを公言し、外出も許可制ですから使う場所がないのでしょうね。

年齢は若いが考え方がベテラン並と言われている大谷選手。
純粋培養のままどこまで成長するのか期待したいところです。

大谷翔平の出身地 岩手県奥州市は世界遺産からグルメ、伝統工芸、温泉と盛りだくさん

奥州市代表する観光地と言えば、世界遺産でもある奥州藤原氏関連の施設でしょう。
特に中尊寺と毛越寺は学校遠足の定番コースでもあります。他には前沢牛、
江差りんご、南部鉄器も有名で、個性豊かな温泉も持ち味のひとつです。

豊かな自然に恵まれた奥州市、一度は訪れてみたいですね。

大谷翔平の出身地 岩手県奥州市のオススメスイーツはこれ

大谷選手のスイーツ好きにあやかって、ここでオススメ奥州スイーツをいくつかご紹介しましょう。
まずは回進堂。地元農家栽培のこだわり小豆を使った岩谷堂羊羹はここの定番商品。
工場見学では羊羹を試食することもできます。(要予約)看板が出ていない甘党の店 まるやは知る人ぞ知る隠れた名店です。

おはぎが看板メニューですが、午前中で売り切れることもあるそうです。
洋菓子がいいという人にはフルールきくやはいかがでしょう。

口の中でとろける奥州ポテトはテレビや新聞で紹介されたこともあります。
また季節限定ですが杏仁豆腐も大人気。

奥州市内に4店舗を展開していますがわざわざ全店舗へ赴き買いまわりするファンもいるとのことです。

今年もプロ野球、盛り上がりそうですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る