岡田みはる、元NHK気象予報士の号泣事件はイジメが原因?降板理由は?

岡田みはる、元NHK気象予報士の号泣事件はイジメが原因?降板理由は?出典:http://www.weathermap.co.jp

岡田みはる、元NHK気象予報士の号泣事件はイジメが原因?降板理由は?

岡田みはる、元NHK気象予報士はいじめで号泣した?!「NHKやまがた6時」の放送中に何が?

岡田みはるは、NHK山形放送局の「やまがた6時」お天気キャスターとして出演中に、突然泣き出してしまったことで一躍注目を浴びました。気になるシーンは、岡田みはるが、原稿通りに、鶴岡市の空の様子を読みだすも、映像として映し出されたのは、新庄市の様子だったというもの。

番組は、泣いている岡田みはるの様子を放送し続け、メインキャスター2人にカメラが変わるとしばしの沈黙……。「どうしたんだ?」という雰囲気の中、次の話題へと進んでいきました。突然のハプニングに、どうしていいか分からなくなった岡田みはるが泣いてしまったとも伝えられたこの号泣事件。ネットでは、NHK局内の岡田みはると同世代のお局による嫌がらせだったのではないか、ともっぱらの噂です。

号泣事件の原因追及が波及して、お局とされる女性は局の上役とデキているなど、内部の黒い噂が露呈する形となったNHK山形。これまでも同じようなミスがあったともいわれていますが、当の岡田みはるは、「プロとして恥ずかしく、深く反省している」と反省の気持ちを語っています。

岡田みはる元NHK気象予報士の降板理由はやはりいじめか?

岡田みはるが、NHK山形に、お天気キャスターとして所属したのは2015年のことです。岡田みはるは、当時39歳。分かりやすい解説で評判も良かったといいます。号泣騒動後6日で、一度は現場に復帰した岡田みはるでしたが、翌年3月末で契約満了につき、そのまま番組降板となってしまいました。

スポンサーリンク

2、3年続投するのが普通で、1年で交代してしまうのは、かなり異例な事態だそう。NHK山形を卒業した岡田みはるは、「これからは、仕事ではなく、ゆっくり遊びで来たい」と、山形への気持ちを綴っています。しかし、「番組降板理由は?」という取材に対して、「お答えできません」としか答えなかった岡田みはる。

もちろん、騒動に対して責任を取ったのだとしたら、それも立派な降板理由ですが、いじめがあったという噂を聞くと、辞めざるをえないような空気になっていたのかもと疑いたくもなるというものです。

岡田みはるがお天気お姉さんでテレビ復帰していた!学歴、プロフィールは?

岡田みはるは「ひるおび!」でテレビ復帰!現在の仕事はお天気お姉さんにあらず!

岡田みはるは、2016年3月末にNHK山形を辞めた直後の4月から、TBS系「ひるおび!」でテレビ復帰しています。しかし今回は、お天気コーナーのキャスターとしてではなく、サポート業務に従事しているとのこと。実際、「ひるおび!」でのレギュラー出演はありませんが、6月に起きた長崎の豪雨被害のレポートでは、久しぶりに岡田みはるの姿がテレビに映りました。

スポンサーリンク

号泣事件後は、「気象予報士として地道に頑張る」と語っていた岡田みはる。久しぶりに見た視聴者も、さぞ安心したのではないでしょうか。気象キャスターとして表舞台に立つことが少なくなったのは残念ですが、気象予報士の業務は、なにもテレビに出て伝えるだけではありません。今では、気象情報と健康情報の融合を目指しているという岡田みはるにとっては、より目標に近い活動ができているのかもしれません。

岡田みはるは信州大学と早稲田大学卒業の高学歴だった!お天気アプリ「頭痛~る」を開発した才媛のプロフィールは?
岡田みはるは、1975年9月20日生まれの41歳です。長野県出身で、地元の信州大学を卒業し、その後さらに、早稲田大学にも進学しています。

小、中、高等学校の教員免許を持っている岡田みはるですが、大学時代に劇団に所属していた関係からか、大学卒業後は、教育関係の仕事ではなく、モデル事務所に所属。ケーブルテレビの天気コーナーを担当したことがきっかけで、気象予報士と健康気象アドバイザーの資格を取得しました。

2012年には、インターネットを利用したコンテンツの企画を行う(株)ポッケに勤務。気象予報士資格を持つ知識を駆使して、お天気アプリ「頭痛~る」のディレクターを務めています。「頭痛~る」は、気圧変化による片頭痛などをコントロールしようという目的で開発されたお天気アプリです。

毎月20万人以上が利用し、TABROID大賞を受賞するなど、優れた成果を残しました。その後は、ネクスコ東日本の「ドライビングウェザー」を経て、NHK山形にてお天気キャスターとして活躍。現在は、(株)ウェザーマップに所属しています。

岡田みはるがグラビアデビュー!有吉反省会に出演しバカリズムに怒られた!

岡田みはるは、NHK山形を卒業した半年後の9月に、グラビアデビューしました。週刊誌にて、6ページにわたるグラビア写真を堂々と披露した岡田みはる。つい半年前までは、「気象予報士として地道に頑張る」と言っていた岡田みはるが、舌の根の乾かぬ内にグラビアデビューしたことで、世間はおおいにザワついたものです。

日本テレビ「有吉反省会」にて、バラエティ番組初出演を飾った岡田みはるが反省したのも、もちろん、号泣騒動に便乗しグラビアデビューしたことでした。司会の有吉弘行は、「号泣した番組を降板し、同情が集まっていたのに、グラビアにいってしまうと、そういう子なのかって思われちゃうよね」と、岡田みはるをフォローしきれない様子。

さらに、号泣事件後に、吉本興業に面接に行ったことを明かした岡田みはるは、「とりあえず芸人になって頑張ろうかなと思った」と説明し、反省見届け人のバカリズムに、「芸人なめてんの?」と怒られる始末でした。そんな岡田みはるの禊は、「セクシーお天気お姉さん」。全力でやってきますと言っていましたので、近日公開される画像を楽しみにしておきましょう。

岡田みはるが、グラビアアイドルに対して、漠然と関心があったことはたしかだそうです。オファーが来た時は、正直チャンスだと思ったといいます。「号泣騒動があったからこそグラビアデビューができた」というコメントを、前向きととるか、開き直っているととるかは、意見の分かれるところかもしれません……。ともあれ、「台風一過」が座右の銘だそうですから、今後は晴天続きとなるよう祈るばかりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る