小野了は「相棒」でお馴染みの中園参事官!石坂浩二との交流とは

小野了は「相棒」でお馴染みの中園参事官!石坂浩二との交流とは出典:https://matome.naver.jp

小野了は「相棒」でお馴染みの中園参事官!石坂浩二との交流とは

小野了は「相棒」中園参事官でブレイクした、遅咲きの新劇俳優

テレビ朝日の「相棒」シリーズは、2002年にスタートし、すでに15シーズンを迎えている人気刑事ドラマです。最近では、シーズンが変わるたびに新しい相棒役が話題になりますが、個性豊かなレギュラーを演じた俳優が、ブレイクすることでもまた有名です。

鑑識課の米沢守を演じた六角精児に始まり、伊丹刑事の川原和久、角田課長の山西淳、また圧倒的存在感を示した小野田官房長の岸部一徳など、彼らは、ドラマ「相棒」で一挙に知名度を上げたといっても過言ではありません。ここ最近際だって注目されているのが、主人公・水谷豊演じる杉下右京がいる特命係を目の敵とする、内村刑事部長役の片桐竜次と、中園参事官の小野了(おのりょう)です。

番組当初は、居丈高な上司とその腰ぎんちゃくといった、ステレオタイプな薄い役どころでしたが、最近では、闇深い警察組織のリアルな上下関係を、コミカルかつ不気味に演じる2人の掛け合いのシーンが、かなり多くなってきました。

小野了「相棒」では後輩の石坂浩二と対談して意外な交流を明かした

上司役の片桐竜次は、東映のピラニア軍団(大部屋俳優を中心に結成された俳優集団)出身のベテラン俳優ですが、小野了はというと、役者として、ほとんど情報がありません。あるのは、11シーズンより登場した石坂浩二と対談した、劇場版「相棒」3作目のプレス用記事ぐらいです。

スポンサーリンク

対談の中では、「相棒」がこれだけ続くと思っておらず、自分の存在が少しずつ一般に認知されていくことに、大きな喜びを感じていると語った小野了。しばしば石坂浩二と2人で飲みにいき、とりとめのない話をすることもあるのだとか。そんな小野了とは、いったいどんな俳優なのでしょうか。

小野了はどの作品でも中園参事官に見える!?プロフィールは?

小野了の「中園参事官」とともに成りあがった脇役人生

小野了は、1959年生まれの57歳。京都出身で、大阪芸術大学を中退し、舞台俳優を目指して東京へ出ました。新演劇人クラブ、現代劇センター真夏座という新劇系の劇団に所属していましたが、少なくとも40歳ぐらいまでは、ほぼ無名の役者であったようです。小野了は当時、俳優として有名になることより、役者としてひたすら演劇に取り組んでいたのでしょう。

1つ年下の生瀬勝久(なませかつひさ)が、京都の劇団「そとばこまち」で若くして頭角を現し、東京へ出て瞬く間に人気者となったのに比べれば、その差は歴然です。当然、舞台だけでは食べていけません。小野了が、映画やテレビドラマの脇役として登場し出すのは、やっと1990年代の後半になってから。しかし、なんといっても、役名と名前をセットで視聴者に覚えてもらえるようになったのは、ドラマ「相棒」に出演してからです。

スポンサーリンク

小野了がこれから役者として目指さなくてはならない脱中園参事官

今はまだ「相棒」中園参事官のキャラクターが、小野了という俳優のイメージの全てという状態なので、オファーする制作側も、中園参事官をイメージしてのブッキングが多いようです。重厚な警察ドラマだったNHKの「64」でも、小野了扮する警務部秘書課課長役は、まるで中園参事官そのものでした。

小野了は、たとえワンカットの出演でも存在感を放つ、たとえば笹野高史のような器用な役者でなく、同じ芝居を何度も演じて役柄を作り上げていく、生真面目な舞台俳優なのでしょう。

小野了「相棒」最後のブレイク俳優のこれから

「相棒」シリーズでは、注目された脇役が主役となったスピンオフ映画が、これまで2本制作されています。「相棒シリーズ鑑識・米沢守の事件簿」「相棒シリーズ X DAY」で、それぞれ六角精児、川原和久と田中圭が主演を果たしました。また「相棒」には、スピンオフドラマ「裏相棒」が存在します。

「裏相棒」とは、「相棒‐劇場版‐」「相棒シリーズ鑑識・米沢守の事件簿」の公開に合わせて制作された、「相棒」シリーズのバイプレーヤーのみが出演する2、3分のショートドラマです。今回、「相棒‐劇場版IV‐」の公開に合わせ制作された「裏相棒3」は、「米沢守の事件簿」以来、実に8年ぶりとなります。

オンエアは、テレビ朝日の情報番組「ワイド!スクランブル」2部内で、2月6日から10日まで、毎日1話ずつ5話が放送されました。出演は、捜一コンビの川原和久と山中祟史、角田課長の山西淳。そして、内村完爾刑事部長の片桐竜次、中園照生参事官の小野了が、初めて参加しています。

ネタばらしすれば、「裏相棒」は、あくまで劇場版の宣伝にすぎません。しかし、役者だけでなく、「相棒」と全く同じスタッフ、クオリティで作られているので、思わず引き込まれてしまい、続きを見たいなら劇場でという、番組スタッフの遊び心に溢れたショートドラマです。小野了も、いつも以上にノッて演技しているようでした。警察組織の中堅管理職の次に演じる役どころは何になるのか、遅咲きの俳優、小野了の今後に期待したいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る