大江光(スノーボート)が支えてくれた母に平昌オリンピックで恩返し!地元企業がスポンサーに決定

大江光(スノーボート)が支えてくれた母に平昌オリンピックで恩返し!地元企業がスポンサーに決定出典:http://www.heavysnowker.com
スポンサーリンク

大江光(スノーボート)が支えてくれた母に平昌オリンピックで恩返し!豪快なジャンプや回転技がスゴい

大江光(スノーボート)が支えてくれた母に平昌オリンピックで恩返し!見たい知りたいプロフィール!!

スノーボード女子ハーフパイプで平昌オリンピック出場を決めた大江光(おおえひかる)は、1995年8月3日生まれで富山県出身です。シングルマザーとして大江光を育てていた母は、いつも一人で留守番をしている娘を不憫に思い、気分転換になればとスキー場へ連れていきました。

スノーボードの楽しさに目覚めた大江光が、本格的に競技を始めたのは小学校1年生の時です。中学3年生になった2010年には、全日本選手権で優勝を果たし、プロ資格を取得。高校へ進学した大江光は、世界を舞台に戦い始めるようになります。一方で、スノーボードに関わる費用を捻出するため、女手一つで大江光を育てていた母は、寝る間も惜しんで働き詰めました。

大江光が弱気になった時に、「オリンピックを目指そう!」と背中を押したのも母です。大江光自身も「原動力は母である」と語っており、平昌オリンピックで結果を出して母に恩返しをしようと固く誓っています。

大江光(スノーボート)は男子顔負けの豪快なジャンプや回転技!そのヒミツは器械体操にあり!?

可愛らしいルックスとは対照的に、男子顔負けの豪快なジャンプや回転技を得意とする大江光。男子勢に負けないジャンプの高さや、軸のブレない回転技を駆使したプレースタイルを実現したヒミツは、小学校1年生の頃から通っていた器械体操教室にありました。

スポンサーリンク

器械体操に慣れ親しんでいた大江光にとって、体をひねりながらの宙返りや前転宙返りなどはお手の物。さらに「器械体操をやっていたから、空中で逆さまになるのは怖くないんです」とケロリ。大江光の豪快な滑りやジャンプは、幼少期に、器械体操で空間認識能力や体幹の使い方を鍛えた賜物だと言えそうです。

大江光(スノーボート)が「アスリートの魂」でスランプとの戦いを告白!スポンサーや後援会は?

大江光(スノーボート)の地道な戦いに「アスリートの魂」が密着取材!スランプに打ち勝った秘訣を語った

NHKのスポーツドキュメンタリ―番組「アスリートの魂」の2017年4月3日放送回で、大江光がクローズアップされました。番組副題は「跳べ スランプを越えて スノーボード大江光」。この頃、スノーボードの世界最高峰の大会で3位になるなどの輝かしい成績を残してきた大江光には、かつてないほどのスランプに見舞われるという異変が起きていました。

カリフォルニア州マンモスマウンテンで行われたワールドカップに出場していた大江光は、弱気な態度を隠すことすらできない状態に。その結果、彼女が得意とするスピン技「キャブセブン」を失敗し、決勝に進むことは叶いませんでした。そんな大江光が、ワールドカップからしばらく経って姿を見せたのは、出身地である富山県のジャンプの練習場。人工芝の斜面を滑ってはジャンプし、エアマットへ飛び込む練習を、雨の中、実に4時間も続けていました。

スポンサーリンク

これにより、雪と人工芝とでは多少違いがあるものの、「空中の感覚は一緒」と、器械体操を学んでいた頃の感覚を取り戻し、迎えた3月11日の世界選手権。原点に立ち返って地道な努力を続けてきた大江光は見事に4位入賞を果たし、平昌オリンピック出場への望みをつなぎました。

大江光(スノーボート)の後援会発足!平昌オリンピックへ向けて地元企業がスポンサーに決定

女手一つでスノーボード競技生活のサポートをしてきた母に恩返しをしたいと常々言っていた大江光に、地元の富山県で後援会が発足したという嬉しいニュースが。平昌オリンピック開催を控えた2017年5月に行われた発足式には地元企業も出席。大江光がスノーボードの練習や大会出場に専念できるように、スポンサーとなって競技生活をサポートすることを表明しました。後援会発足式後の懇親会には、大江光も参加し、「海外を拠点にするとお金がかかる。支援は大変ありがたい」と、感謝の意を述べています。

大江光(スノーボート)が平昌オリンピックに初出場!応援を力に変えて表彰台を目指す

2017年12月22日に全日本スキー連盟が発表した平昌オリンピックの内定選手の中に、2014年のソチオリンピックでは最終選考まで残りながら、あと一歩で代表入りを逃した大江光の名前がありました。悲願だった代表決定を喜んだのは大江光だけではありません。

大江光の地元・富山県では、県勢初となるスノーボード種目でのオリンピック出場選手が誕生したことで、代表内定を知らせる号外が配られるなど一気にお祝いムードとなっています。当の大江光も、「ほっとした。平昌オリンピックでは最高の滑りを見せたい」と力強く抱負を語っています。

「空中でのかっこよさとスタイルを重視している」と言うように、男子選手も顔負けの豪快なプレースタイルが大江光の強みです。スランプに苦しんだ時期を乗り越えて、さらに技に磨きをかけた大江光は、平昌オリンピックを控えた今、2017-2018シーズンのワールドカップで2度の5位入賞を果たすなど、まずまずの位置につけています。課題は、攻めるべき場面で転倒するなどのミスが出た点を修正して、平昌オリンピック本番に照準を絞り、全体の完成度を高めていくことでしょう。

常に支え続けてくれた母や、後援会やスポンサーの応援を「自分の力に変えて本番に臨みたい」と語る大江光が目指すのは表彰台のみ。インタビューで「(得意技の1つである)バックサイド900をかっこよく決める」と宣言した通り、平昌オリンピックでは最高の滑りを見せてメダル争いに食い込んでほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る