大島優子 アンチが多く演技力が認められない?!AKBからの呪縛解放は無理?!

大島優子 アンチが多く演技力が認められない?!AKBからの呪縛解放は無理?!

大島優子 アンチが多く演技力が認められない?!出演ドラマの評価は?

大島優子、アンチが多く演技力が認められない!?

AKBから卒業したことで話題を呼んだ大島優子。卒業後の道として、迷わず女優を選んでいます。大島優子の芸能歴は1996年にセントラル子供劇団に入団したことから始まり、AKBの中で芸歴は最長。

子役からの芸歴もあってか、AKBの中では、大島優子の演技力についての評価は高いものでした。ただ、これはあくまでもAKBの中ではという前提の話。AKB=アイドル、アイドルの演技なんか……という先入観もあるのでしょう、それ以上の評価はまだ聞こえてこないようです。

大島優子は、2014年公開の映画「紙の月」で「第38回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞」「報知映画賞・助演女優賞」を受賞します。しかし、これに対し、映画関係者などから「違和感しか感じられない」とアンチな意見も多く、今なお大島優子の演技力はなかなか認められていません。

大島優子、出演ドラマの評価は!?

大島優子は数多くのドラマに出演しています。「マジすか学園」をはじめ、「霊能力者 小田霧京子の嘘」、AKB48を卒業してからは「銭の戦争」、「ヤメゴク」など。「銭の戦争」では、ヒロインに抜擢され、最初こそ「演技ができている」と評価する声が上がっていましたが、最終回で号泣するシーンは批判の連続でした。その後に初主演ドラマ「ヤメゴク」に出演します。

スポンサーリンク

「ヤメゴク」は足抜けしたい極道をテーマにしたドラマ。そんな中、大島優子は、常に喪服姿の刑事役を演じています。ボサボサ頭で笑わないヒロインを演じきった大島優子は、「ヤメゴク」でそこそこの演技力の評価を得られたものの、役と大島優子が合っていなかったようでそれを指摘する声が多数あがっています。

大島優子 AKBからの呪縛解放は無理?!ウエンツと結婚して引退!?

大島優子、AKBからの呪縛開放は無理なの!?

AKBを卒業したあとも「元AKB」ということに誇りを持ちたいと大島優子は語ります。その言葉からなのか、卒業後も、大島優子はAKBのイベントやコンサートに何度も参加しています。AKBというグループから離れていても、そのエンターテイメント性は高く、大島優子が登場してからの会場は盛り上がりを増します。

女優としての実力は、同じくAKBを卒業した前田敦子と比較されることがやはり多いようです。今のところ軍配は、前田敦子に上がっています。二人とも女優志望で、作品と出演時期もかぶっているため仕方ないのでしょうが、これもAKBの呪縛なのか……いい意味でも悪い意味でもまだまだAKBからの呪縛開放は無理なようです。

スポンサーリンク

大島優子、ウエンツと結婚して引退か!?

恋愛禁止を打ち出しているAKB48ですが、実は大島優子には数多くの熱愛報道がありました。お相手は、山下智久をはじめ、ダンサー、野球選手まで。その中でも一番有力視されているのが、ウエンツ瑛士です。最初の報道は2010年。その後も家族ぐるみで温泉旅行に行くなど、大島優子とウエンツ瑛士の関係は順調と思われます。

一時期は、水面下の交際にウエンツが嫌気をさして、破局寸前という噂もありましたが、それも大島優子が卒業したのでクリアになったはず。大島優子は「27歳までに結婚宣言」を出しているので、このまま結婚に向かって加速するのではないでしょうか。

大島優子、AKBを卒業してもやっぱりAKB!?

そんな大島優子ですが、12月開催の「AKB劇場オープン10周年際」に神7と呼ばれた前田敦子、篠田麻里子、板野友美らとともにOG枠で出演が決定しました。このイベント、実は、2008年に発売された「AKB48 2nd Anniversaryスペシャルフォトアルバム」の特典チケットとのことで、まさにプレミア中のプレミアです。

元AKBであることを誇りに思っていると話す一方で、AKBの肩書はいらないと話す大島優子。紅白歌合戦の時に卒業宣言してからというもの、「紅白を私物化して謝罪もない」とうの批判を受けています。もちろん、演技力等々の面から、もともと大島優子のアンチは多いのですが、さらに油を注いだよ結果となってしまいました。

また、前田敦子に敵対心を持っていることも話題となっています。前田敦子はラブシーンNGに対して、大島優子はOKなので、その分演技じる役柄の幅は広くなります。

大島優子は「お芝居で脱ぐことに抵抗はない」と発言もしており、これに対してもまた批判の声は大きいのです……。人気者だからこそなのか、元AKB48というアイドルからなのか、何かと批判されることが多い大島優子ですが、それもバネにしていってほしいものです。今後どのような演技を見せてくれるのか、今後の大島優子の活躍にも期待しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る