おさるがモンキッキー改名の苦悩!細木数子に振り回された!?

おさるがモンキッキー改名の苦悩!細木数子に振り回された!?出典:http://www.news-postseven.com

おさるがモンキッキー改名の苦悩!細木数子に振り回された!?

おさるはモンキッキーと改名しても何もいいことなかった!?

おさるは、「アニマル梯団」として、相方コアラとともにデビューしたお笑い芸人です。2004年に、モンキッキーという芸名に改名したことをご記憶の方も多いことでしょう。おさるがモンキッキーに改名したのは、占い師の細木数子から「芸名が悪いから売れないのだ。売れる芸名を教える」と言われたからです。そして、おさるが細木数子から命名されたのが「モンキッキー」。しかし、改名後のおさることモンキッキーがブレイクしたわけでもなく、これといった変化は何もありませんでした。

本当に改名してよかったのか、不安になったおさるが、細木数子に尋ねたところ、「今まで大殺界だったからで、これから芽が出る」とさらなるダメ押し。その後のおさるは……テレビ出演が増えるどころか、あまり見かけなくなりました。この頃のおさるは、ブログで話題作りするのが精いっぱいだったようです。

おさるは細木数子に振り回されたあげく、芸名をもとに戻した!

おさるは、細木数子に「改名しなかったら、地獄に落ちる」などと言われ、かなり悩んだ末に、改名を決意しましたが、実際、正式に改名となると、事務的な手続きなどいろいろ面倒なことも多くありました。当時、細木数子の占いは大ブームで、多くの芸能人がアドバイス受けていた時代。そんな世間の雰囲気からも、おさるは、モンキッキーへの改名を断ることができなかったのかもしれませんが、結果としては、振り回されただけだったといえそうです。

スポンサーリンク

モンキッキーという名前を出すのがイヤだったおさるは、結局、2012年に2人目の子どもが生まれるのを機に、仕事を頑張って、家族を支えるという決意とともに、芸名を元の「おさる」に戻しました。

おさるは内P事件で消えた?嫁・山川恵里佳の現在は?

おさるは内P事件のせいで干されたって本当?その真相は?

おさるは、出身大学を見ても分かるように、ある宗教団体の信者だといわれています。うわさでは、2005年9月まで放送されていた「内村プロデュース」で、準レギュラーで出演していたおさるが、共演者をしつこく勧誘したため、ウッチャンこと内村光良から怒りを買ってしまったそうです。

おさるが、やはり同じ団体の信者であるとされる久本雅美に相談したため、久本雅美と内村光良のバトルに発展し、圧力がかかったことから「内村プロデュース」が終了させられてしまった、これが俗にいう内P事件。「内村プロデュース」が終了したことについては、単に低視聴率のためだったとか、ウッチャンの不倫騒動があったからなど他にもいろいろと取り沙汰されているため、真偽のほどは不明です。

スポンサーリンク

おさるは、この時から「取扱注意タレント」というレッテルを貼られてしまったため、レギュラー番組の話がなかなか来ないのではないかともいわれています。

おさると嫁・山川恵理佳との不仲説は本当?離婚するの?

おさるは、2007年に山川恵里佳と結婚しました。おさるの活躍がぱっとしないこともあって、バラエティー番組では、ダメ夫と鬼嫁というキャラで出演していたため、おさると嫁・山川恵理佳には、離婚の危機や不仲説が常に囁かれていました。しかし、先日放映された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』内でおさるが暴露した話によると、こうしたキャラ設定のそもそもの始まりは、おさるが、世間の目をひこうと話を作って、少しずつ内容を盛っていったことがエスカレートした結果だったのだとか。

VTR出演した嫁の山川恵里佳も、おさるの話に調子を合わせて、おさるが趣味の書道や筋トレなどにあまりにもお金を使っているとか、責任感がない夫だなどと言い過ぎたため、おさるへのバッシングが始まってしまったことにうろたえ、自己嫌悪に陥っていたことを告白。実際のところ、それまでも、仲良く家族旅行に出かけたりする姿も目撃されていましたし、嫁・山川恵里佳のブログでは、夫であるおさるのことを褒めちぎって書いているので、話題作りのためのおさる夫婦共作のヤラセだったということは間違いないでしょう。

おさるが『しくじり先生』の講師として出演!改名4回で月収0円になっていた!

おさるは、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演し、デビュー以来、芸名を4回も改名したために、月収0円になってしまったことがあると告白しました。このことを反面教師にしてもらいたいということで、おさるが展開したのが「話題作りばかりに必死になって周囲から総スカンされないための授業」。
おさるは、アキラ→おさる→モンキッキー→おさると改名を繰り返してきたことで周りから嫌われてしまい、仕事もだんだん来なくなったのだといいます。

月収0円になったおさるは、話題作りのためだけに、「ダメ夫」と「鬼嫁」というキャラでテレビに出演することを考えついたということも『しくじり先生 俺みたいになるな!!』で告白。しかし、嫁の山川恵里佳は、本当は仲のいい夫婦ですから、離婚宣言などとニュースになるたびに自己嫌悪に陥るほどつらい思いをしていたそうです。

おさるはそんな妻への思いもこめて、自作自演のウソで、視聴者をはじめ関係者に迷惑をかけたことを謝罪していました。これからは、話題作りで目立つのではなく、本当の実力を発揮して視聴者を楽しませてほしいです。実は、4度の改名以外にも、宇都鬼(ウッキー)という名前で、2008年から書家として活動し、入賞するなど実力もつけつつあるおさる。そちらの方面でも有名になればなおいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る