押切もえが整形後遺症で劣化中?ダイエット方法と体重が気になる!

押切もえが整形後遺症で劣化中?ダイエット方法と体重が気になる!出典:http://image.search.yahoo.co.jp

押切もえが整形後遺症で劣化中?ダイエット方法と体重が気になる!

押切もえは整形手術をカミングアウトしていた?後遺症で劣化の噂は本当なの?

押切もえは、2000年代の「CanCam」の専属モデルとして、蛯原友里、山田優と並ぶトップ3の人気を誇りました。姉風のメイクやファッションといい、美しさも隆盛を極めた押切もえですが、モデル時代から一転して、現在は劣化が囁かれ続けています。

押切もえは、2007年からは「AneCan」に専属誌を移し、タレント活動など、多岐にわたる活動を行ってきました。とりわけ、2013年に出演した「ごきげんよう」では、モデル時代とは別人レベルの劣化具合が話題に。”笑顔が不自然に引きつっている””顔面崩壊?”と、整形手術の後遺症を噂する声が後を絶たず、巷では「ガイアの夜明け」に出演して、整形手術をカミングアウトしたなどというデマも飛び交っている始末です。

たしかに、押切もえがギャル雑誌「Popteen」で読者モデルとして活躍していた高校時代の顔を見ると、コギャルメイクを抜きにしても、現在のパッチリ二重とは似ても似つかない、小粒の一重まぶたとなっています。しかし、その頃は、「CanCam」時代よりふっくらしていますし、つけまつ毛の重みで、次第に二重になったのかも……整形疑惑の真相は定かではありませんが、押切もえも30代後半ですから、多少の劣化は許容範囲として見なければなりません。

押切もえのダイエット方法で健康美をゲット!体重に悩まされていた意外な過去があった

押切もえの身長は、公称で169cm。体重は推定で43kgと見られており、そのスレンダーボディを羨む女性は数えきれません。しかし、押切もえにも、体重に悩まされた時期があり、断食などのダイエットに挑んでは、リバンウンドでさらに太るという悪循環を、幾度となく経験していました。

スポンサーリンク

そんな押切もえに、先輩モデルたちが、”3食をきちんと食べることがダイエットの近道”とアドバイスを送ります。「本当に食べていいものか?」と勘ぐりながら、玄米と、精白しない食品、野菜中心の食事を摂るようになると、自然と体重が減少していったそうです。

食べ方のポイントは、野菜から始まり、最後に米を食べる低炭水化物ダイエットを意識すること。また、毎日2リットル以上の水を飲むことや、酵素ドリンクなどを取り入れてデトックスを心がけています。最も肝心なことは、9時以降に食事を摂らないことだとか。それらがクリアできれば、美味しく健康的に、押切もえに近いスタイルが手に入るかもしれません。

押切もえの性格が最悪という噂!高校中退の過去と現在のギャップが激し過ぎ!

押切もえの性格は最悪なの?それともいいの?噂の真相を検証

押切もえには、性格が最悪という噂がたびたび見られますが、実際は性格がいいと、真逆の評判も聞こえてきます。コギャル時代の押切もえの、汚らしい口調が記憶にある人ならば、現在のしとやかな態度にあざとさを感じてしまうかもしれません。しかし、本来の押切もえは、人見知りである上、自己主張が苦手な性格でした。

スポンサーリンク

コギャルとなって渋谷遊びに熱中するあまり、家庭崩壊危機を招いてしまったともいわれていますが、それも内向きな性格の反動と思われます。また押切もえは、当時から、見かけとは裏腹に、一途な性格で、20歳の時に不慮の事故で亡くなった熱愛彼氏の墓参りを、今でも欠かさないという優しい心の持ち主。その悲しい出来事を胸に、コツコツと努力を積み重ねた結果が、今の押切もえなのです。

押切もえはコギャル時代に高校中退歴も!教養溢れる現在の姿は努力の賜物だった!

押切もえの最近は、文化人寄りの印象が強くなってきました。2013年に発表した長編小説「浅き夢見し」で小説家デビューを果たし、2016年に出版された第2作目「永遠とは違う一日」が、山本周五郎賞候補作に名乗りを上げたことで、下手の横好きではないことが証明されています。

さらに、20代後半からハマったという水彩画作品が、2015年の二科展に入選するという、新たな才能も開花させました。また、ワイン好きが高じて、日本ソムリエ協会が認定する”ワインエキスパート”の資格試験にも合格しており、今や、押切もえは、”教養の高い女性”の位置に付けています。高学歴の匂いさえしてくる押切もえですが、実は高校中退歴がありました。

それが家庭崩壊の原因になったともいわれていますが、翌年には改心して、千葉県立市川西高校に入学し、卒業しているところを見ると、やはり根は真面目な頑張り屋さんのようで好感が持てます。

押切もえと涌井秀章が結婚!大物カップルに早くも離婚を不安視する声が!?

押切もえが、2016年11月1日、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手・涌井秀章と入籍・結婚したことが分かりました。しかし、前日に「情報ライブ ミヤネ屋」で、芸能リポーター・井上公造が予言していた、”大物カップルの結婚発表”が、押切もえと涌井秀章だったことが分かると、「どこが大物なの?」とガッカリ意見もチラホラ。

かつて「CanCam」を支えた、蛯原友里、山田優らトップ3モデルの中で、唯一の独身だった押切もえが結婚するというおめでたいニュースのはずが、意地悪なことに、すでに”長続きしない説”まで囁かれています。2015年9月頃に知人を介して交際へと発展し、約1年後に涌井秀章のプロポーズによって結婚することとなった押切もえ。

2016年2月の熱愛報道の際にはあっさり認めるコメントを出し、結婚と同時に、創刊以来、10年もの間活躍した「AneCan」を卒業しました。ところが、結婚発表の直筆文に見られる超優等生な美文字をはじめ、小説に絵画、ワイン愛好家と、自分磨きに余念のない姿を見て、人々は、「アスリートの妻が務まるのか?」と疑問視しているようです。

涌井秀章のコメントには、”栄養面で献身的なサポートをしてくれた”とありましたので、余計な心配とも思われますが、その涌井秀章といえば、なかなかのプレイボーイとして知られる遊び人。押切もえは6歳上の姉さん女房となるため、長続きしないカップルの定石を踏んでいるかのようにも見えてしまいます。

しかし、押切もえには、どんなことも努力を怠らず、誠実に向き合ってきたこれまでの日々があります。結婚寸前とまでいわれた、読売ジャイアンツ・野間口徹との破局も糧に、今後はより一層の堅実さを発揮していくに違いありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る