「おおさかシネマフェスティバル」とは?「そこのみにて光輝く」綾野剛主演が6冠!

「おおさかシネマフェスティバル」とは?「そこのみにて光輝く」綾野剛主演が6冠!

2015年3月1日、関西の映画ファンに親しまれている「おおさかシネマフェスティバル2015が開催されます。すでに2014年の邦・洋画ベストテンと個人賞が発表されており、当日は表彰式と2本の映画が上映予定です。

おおさかシネマフェスティバル2015「そこのみにて光輝く」綾野剛主演が6冠!今年も豪華なゲストの顔ぶれ

「おおさかシネマフェスティバル」2015年からは有志で開催!

おおさかシネマフェスティバルとは、1975年~2000年まで「おおさか映画祭」として開催されており、2006年からは現在の名称が使われています。
2009年~2014年まで、大阪アジアン映画祭のプレ企画として大阪市の助成を受けていましたが、2015年以降は助成対象から外れることになりました。そのため、有志が実行委員会を立ち上げ、おおさか映画祭(映画ファンのための映画まつり)の原点に戻り、開催しています。

スポンサーリンク

特別顧問に浜村淳さんを迎え、大阪風の味付けでどこにもない映画祭であることを打ち出しています。

 

おおさかシネマフェスティバル2015年「そこのみにて光輝く」綾野剛主演が6冠!

おおさかシネマフェスティバル2015年の邦画第1位は『そこのみにて光輝く』で作品賞を受賞。同作品では、監督賞・呉美保さん(『オカンの嫁入り』)、撮影賞・近藤龍人(『横道世之介』)さん、主演男優賞・綾野剛さん、主演女優賞・池脇千鶴さん、助演男優賞・菅田将暉さんと合計6冠を制しました。
「そこのみにて光輝く」は、芥川賞候補に挙げられながらも受賞を逃してきた不遇の作家、佐藤泰志さんによる1989年出版の長編小説が原作です。

物語は函館を舞台に、仕事を辞めて目的もなく毎日を過ごしていた男性(綾野剛)と、海辺のバラックに住む過酷な生活を送る女性(池脇千鶴)が出会い、困難を乗り越えお互いにあきらめていた愛を貫こうとします。同作品は、すでにモントリール世界映画祭を始め、数々の賞を受賞していますね。

スポンサーリンク

綾野剛主演「そこのみにて光輝く」が6冠!【おおさかシネマフェスティバル】
2015年3月1日(日)
開演 10:00
開催場所 ホテルエルセラーン大阪 エルセラーンホール(5F)
10:05~ 阪神・淡路大震災20年特別上映『劇場版 神戸在住』
上映後、白羽弥仁監督と浜村淳さんによるトークショー
13:00~ ベストテン発表と表彰式
15:10~ 特別賞受賞記念上映『太秦ライムライト』
○同時開催 高倉健、菅原文太追悼ポスター展

■スペシャルサポーター席(個人)
最前列指定席(限定12席)
料金15000円
特典
・受賞者へ花束贈呈(当日抽選)
・浜村淳さんサイン入りプログラム進呈
・プログラムにサポーターとして任意で名前記載
・シネフェスお楽しみ袋

■サポーター席(個人)
中央前列指定席(数量限定)
料金 5000円
特典
・浜村淳さんサイン入りプログラム進呈
・プログラムにサポーターとして任意で名前記載
・シネフェスお楽しみ袋

■一般チケット

2015年3月1日(1日通し券)
前売指定券 3000円

残念ながら2015年のチケットは予定数に
達したため完売となっています。
2015年の映画を1年間チェックをして、
来年のフェスティバルに備えてみてはいかがでしょうか。

 

「おおさかシネマフェスティバル2015」の司会者:浜村淳とは?

「おおさかシネマフェスティバル2015」司会者:浜村淳は映画評論家であり、名司会者

浜村淳、1935年1月10日生まれの京都府京都市出身。同志社大学文学部卒です。パーソナリティを務めるラジオ番組、「ありがとう浜村淳です」(MBS)は1974年から続く、関西圏で高い聴取率を維持し続けている超長寿番組です!

また、浜村淳さんと言えば講談風の映画紹介で有名ですよね。映画の登場人物を大阪弁にて、擬音を多用して語ります。サービス精神旺盛でいらっしゃいるので、物語をすべて語ってしまし、いざ映画館に行くと「本物の映画より解説の方がおもしろかった」となることも多いとか!

 

「おおさかシネマフェスティバル2015」の司会者浜村淳は多才で関西の“おばちゃん”に人気

関西中心に活躍中の浜村淳さん、ファンサービスがよいことで人気があります。「淳ちゃん!」と大阪のおばちゃんたちから声が掛かるたびに笑顔で手を振り「ありがとう」と応えるそうです。
また、ラジオや映画評論でも瞬時に雑学を披露したり、古代史に精通しており、「星影の飛鳥」という飛鳥時代の天智天皇(中大兄皇子)の生涯を軸にした小説を書き下ろすなど、多才ぶりが伺えますね。

 

「おおさかシネマフェスティバル2015」司会者:浜村淳出身地 京都府京都市のおすすめ

「おおさかシネマフェスティバル2015」司会者:浜村淳出身地 京都府京都市の博物館で京都の歴史と文化を知る

京都市は、言わずと知れた歴史と文化の街ですよね。「京都文化博物館」には、京都の歴史や文化に関する様々な展示があります。赤レンガの建物は明治時代に日本銀行京都支店として使用されていたもので、別館は国の重要文化財として保存公開されているので必見です。総合展示室では京の至宝と文化、京のまつりなどの展示、特別展示室は別料金の企画展となっています。
1階は博物館を利用しなくても入ることができるフリーゾーンとなっており、また、ミュージアムショップと江戸末期の京町屋を復元した「ろうじ店舗」などには、京の味や和雑貨を楽しめるお店が並んでいますよ。

 

「おおさかシネマフェスティバル2015」司会者:浜村淳出身地 京都府京都市の日本最古の三門 東福寺は初夏がおすすめ

毎年、紅葉スポットとして人気の東福寺。修行場として桜の木はふさわしくないとして、境内はもみじで埋め尽くされています。11月下旬は紅葉が見事ですが、立ち止まって写真を撮ることもできないほど観光客の方で埋めつくされ、最盛期には通天橋まで行列ができるそうです。

そこでおすすめしたいのが、初夏の東福寺。秋には真っ赤なもみじに埋め尽くされる通天橋ですが、初夏のもみじは若葉で緑一色になり秋とは違う美しい景色が広がります。また、本坊庭園の北庭にある市松模様の苔庭も初夏が見頃です。禅寺として毎週日曜日の早朝に坐禅会があるので季節を感じながら参加してみてはいかがでしょうか。

映画にはそれぞれの国の歴史や文化が刻まれていますね。物語の背景となる歴史や文化を映像から探すことも映画のおもしろさですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る