扇千景が明かした長門裕之との恋!扇千景が一笑に付した、夫・坂田藤十郎のスキャンダルとは

扇千景が明かした長門裕之との恋!扇千景が一笑に付した、夫・坂田藤十郎のスキャンダルとは出典:http://rekishihodan.seesaa.net

扇千景が明かした長門裕之との恋!若い頃は美人だった!

扇千景は30年間参議院議員で、人間国宝四代目坂田藤十郎の妻

日本経済新聞には、1956年より続く「私の履歴書」という人気連載コーナーがあります。それは、政財界、文壇、芸能界を網羅した、存命著名人たちの半生を描いた読み物です。その中で、有馬稲子や佐久間良子など往年の女優は、得てしてかつての恋愛スキャンダルや離婚について赤裸に語ることで話題になることがあります。

ここにもう1人、過去の恋愛について語った宝塚出身の女優がいました。扇千景です。……といってもピンとこない人が多いかもしれません。2004年に、女性で初めて参議院議長となり、2007年に政界を引退したあの扇千景であり、上方歌舞伎の名代で人間国宝の四代目坂田藤十郎翁夫人その人です。

扇千景が明かした初恋の相手は、あの「太陽の季節」の長門裕之だった?!

扇千景は、1933年生まれで83歳。議員時代は貫禄たっぷりといった感じでしたが、若い頃は、大きな瞳に鼻筋の通った顔立ちで、美しさの際立つ存在でした。1954年、その美貌を見込まれ、宝塚歌劇団に設けられた映画専科に、八千草薫とともに移った扇千景は、宝塚映画「怪傑鷹第一篇蛟竜風雲の巻」で映画デビューを果たします。

この映画で共演したのが、まだ日活デビュー前の長門裕之でした。2人ともまだ二十歳を過ぎたばかり。生まれて初めて男性と喫茶店に入った扇千景に、長門裕之は、「3年たったら結婚しよう」と突然プロポーズし、扇千景は「うん」と答えたのだとか。

スポンサーリンク

結局、長門裕之は日活に移籍し、たった1回キスしただけの淡い恋は終わりました。その後、長門裕之は、日活の「太陽の季節」に主演し、やがて南田洋子と結婚します。もし、扇千景の初恋が叶っていたら、日本の芸能界や政界は、全く違った未来になっていたかもしれません。

扇千景の出身やプロフィール!大臣時代の評価は?

扇千景は宝塚歌劇出身で梨園の妻!テレビタレントから参議院議長へ?!

天は二物を与えずという言葉は、この人には通用しないようです。扇千景は、兵庫県の名門・神戸高校を卒業後、大学進学を目指していましたが、父親の反対に遭い、進学を断念します。しかし反発心からか、1954年、入学が難しい宝塚音楽学校に4番の好成績で入学しました。映画全盛の折から、宝塚歌劇団は、扇千景を映画専科に編入させます。

しかし1957年、今後の活躍が期待されていた矢先に、扇千景は、上方歌舞伎の名門山城屋の二代目中村扇雀(現・四代目坂田藤十郎)と突然結婚。梨園の妻となりました。子育てが一段落すると、今度は、テレビ女優として復帰して大活躍。また、ビデオカメラが普及するはるか前の1965年、フジフィルムが発売した小型8ミリカメラのCMキャラクターに起用された扇千景のはんなりした関西弁「私にも写せます」という台詞は、当時の流行語となりました。

スポンサーリンク

1973年5月から1年間は、フジテレビのワイドショー「3時のあなた」の司会者にも抜擢されています。

扇千景が一タレント議員から保守本流を生き抜いた政治家としての道のり

主婦タレントとして圧倒的知名度を誇るようになった扇千景は、1977年に、自由民主党の要請を受け、参議院選に全国区から出馬。見事に当選し、代議士先生となりました。当初は、タレント議員と揶揄された扇千景ですが、さまざまな政変の中で保守本流を貫き、2000年には、第2次森改造内閣で、初代の国土交通大臣に抜擢されます。

2004年7月30日には第26代参議院議長に選出され、2007年、議員生活30年を機に政界を引退しました。宝塚出身女優にして、夫はといえば、人間国宝の四代目坂田藤十郎。テレビタレントから参議院議員となり、大臣、参議院議長にまで登りつめた扇千景の人生は驚くべきものがあります。

扇千景が一笑に付した、夫・坂田藤十郎の51歳年下舞妓とのスキャンダル

さすがの扇千景も、梨園の妻となった初めの頃は、そのしきたりや格式に戸惑うことも多かったようです。まず義母から教えられたことが、「息子が家に帰って来るのは、初日と千秋楽だけどすえ。あとは外泊どすえ」。……つまり、歌舞伎役者の女遊びは当たり前なのだから覚悟をしておきなさい、ということでした。

実際、夫となった現・坂田藤十郎も相当遊んできたようです。出色は2002年。当時70歳だった坂田藤十郎が、19歳の舞妓に入れあげたあげく、ホテルの部屋から舞妓が帰るのを呼び止めてバスローブを広げ、自慢のイチモツを御開帳したところをフライデーされたことがありました。

しかし、当時、国土交通大臣だった扇千景は、びくともせず一笑に付し、その大物ぶりが逆に話題になったほどです。今でも、坂田藤十郎・扇千景夫婦は、夫をボンちゃん(坊ちゃん)、妻をカンコ(本名)と呼び合うアツアツぶり。実はこの2人、若手女形として人気沸騰中だった坂田藤十郎が、扇千景に猛烈アタックの末のできちゃった婚だったそうです。

扇千景は、2010年、女性初の桐花大綬章(とうかだいじゅしょう)を受章。一方、夫の坂田藤十郎は、1990年に、紫綬褒章。2003年に、文化功労者。2009年には、文化勲章を受章。1994年には、人間国宝に指定されています。数々の栄誉に輝く2人ですが、なんといっても、この歳まで仲よく過ごしてこられたことが最大の幸せだったかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る