小沢仁志・小沢和義兄弟の喧嘩上等伝説に打ちのめされる!

小沢仁志・小沢和義兄弟の喧嘩上等伝説に打ちのめされる!

小沢仁志・小沢和義兄弟の喧嘩上等伝説に打ちのめされる!

小沢仁志の喧嘩列伝、大先輩との間でトラブルも?

小沢仁志は俳優業だけはなく、映画監督やプロデューサーも務めています。Vシネマ作品に多数出演しており、主にヤンキー、やくざなどの役柄を演じることが多い役者です。任侠映画にふさわしい強面と雰囲気を合わせ持つ小沢仁志ですが、大迫力なのは外見だけではありません。空手2段、剣道初段、柔道初段と腕っぷしが強く、気性も激しいためか、多くの喧嘩列伝を持っているそうです。

小沢仁志には、昔、とある大御所とトラブルを起こしたというエピソードがあります。当時撮影していた作品の現場では、大御所が通る通路と、その他の人が通る通路が分けられていたそうです。あるとき、大御所が通るべき通路を小沢仁志と哀川翔が通り、大御所を怒らせてしまいました。

しかし、それに対し小沢仁志と哀川翔がマジ切れで喧嘩寸前に!最終的には吉永小百合の仲裁により、小沢仁志と哀川翔が二人で謝罪することで丸く収まったという、何ともハラハラする事件。他にも多くの芸能人と喧嘩のようなトラブルを起こしてきた小沢仁志ですが、一番の強敵は意外にも弟の小沢和義だそうです。

スポンサーリンク

小沢仁志の一番の強敵は弟の小沢和義?喧嘩上等伝説!

小沢仁志にまつわる数々の喧嘩列伝。多くの人とトラブルを起こしてきた小沢仁志ですが、今まで戦ってきた中で一番強かったのは、なんと、実の弟!同じく俳優である小沢和義だそうです。小沢和義は兄と同様、アウトローな世界を描く作品に出演することが多い俳優です。そのため、小沢仁志・小沢和義兄弟で同じ作品に出演することも多いそう。そんな小沢仁志と小沢和義の兄弟喧嘩がとても激しいとの噂が。

小沢仁志と小沢和義は、若い頃から喧嘩が絶えず、数々の大乱闘を繰り広げてきたそうです。撮影現場や忘年会会場など、さまざまな場所で大喧嘩になり、時には鼻の形が変わってしまったり、その場所を半壊させてしまったりする等々。想像以上に激しい喧嘩が頻繁にあったようです。弟の小沢和義が、兄の小沢仁志に喧嘩を売ったというエピソードが多い二人。小沢仁志と小沢和義は、子供の頃からライバル同士だったのではないでしょうか?

小沢仁志の結婚した奥さんは?子供は?身長、体重、性格は?

小沢仁志の知られざる結婚生活、奥さんと子供は?

小沢仁志は、その激しい気性から、喧嘩列伝が多々ある人物です。喧嘩列伝ばかりがクローズアップされ、プライベートについてはあまり知られていませんが、小沢仁志は結婚しているのでしょうか?実は、小沢仁志は結婚しており、二人の子供がいます。個人的なことはあまり公にしていない小沢仁志。奥さんがどのような方なのかについての情報は出ていないため、世間では、奥さんは一般女性ではないか?との噂が広がっています。また、現在は離婚し、小沢仁志は独身だとの噂も。結婚の真相について、いつか小沢仁志本人から語られる日が来るのでしょうか。

スポンサーリンク

小沢仁志の子供は、息子と娘が一人ずついます。息子は、父・小沢仁志と同様に俳優をしており、名前は「MASAYA」。小沢仁志は俳優だけでなく、監督も務めていることから、自身の作品に息子を出演させることが多いそうです。小沢仁志の息子が演じる役柄は、やはり悪役。父・小沢仁志の背中を追い、アウトローな役をこなす役者として日々修行しているのでしょうね。

小沢仁志の身長と体重は?強面だが性格はけっこう可愛い?

小沢仁志は、強面で迫力ある容姿の持ち主。そんな小沢仁志の身長は180cm、体重は70kgと大柄。また、普段からトレーニングを欠かさず、体を鍛えているため、がっしりとした体格をキープしている小沢仁志。その鍛え抜かれた肉体を見ると、ハードなアクションシーンをこなせてしまうのも頷けます。

腕っぷしが強く「顔面凶器」という愛称まで付いている小沢仁志ですが、性格は演じる役柄とは異なり、人情を大切にする義理堅い人です。また、意外にも可愛らしい一面があるとの噂が。なんと、小沢仁志、実はディズニーが大好きとのこと。弟の小沢和義も大のディズニー好きとのことで、東京ディズニーリゾートに頻繁に足を運んでいるのだそうです。

小沢仁志が一番好きなアトラクションは、東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」。小沢和義が一番好きなのは、ダッフィーだそうです。血の気が多い小沢仁志・小沢和義兄妹ですが、夢の国にいる時だけは心が和むのかもしれません。

小沢仁志は可愛らしさを合わせ持つ喧嘩上等のやくざ俳優!

喧嘩列伝の多い俳優、小沢仁志。顔面凶器と呼ばれるほどの厳つい顔で、仕事の大先輩に対してキレたり、実の弟の小沢和義とも大乱闘を繰り広げる。時にはその場所を壊してしまうなど、昔も今も変わらず喧嘩列伝を量産し続けながら、やくざ映画に出演して、活躍を続けています。スタントマンを起用するような危険なアクションシーンも、小沢仁志はほとんど自身でこなしており、これまでに40回以上も怪我や骨折をしたことがあったそうです。

普通の人間であれば、一度怪我をすると自分で演じることは諦めそうですが、小沢仁志が怪我を恐れることは一切ありません。日々トレーニングを積み、自身の身体を鍛え上げ、どのようなシーンの撮影にでも挑むというストイックで屈強な精神の持ち主なのです。このようなエピソードを耳にすると、普通の人とは異なり、近寄り難いというイメージを持たれやすいかもしれません。

しかし小沢仁志には、親しみやすさを感じさせる一面も。小沢仁志は、俳優としては後輩でもある息子に、少しでも多くの経験を積ませようと自身の作品に出演させて応援する良き父親であり、夢と魔法の国ディズニーを愛する純粋な心の持ち主なのです。

「アナと雪の女王」を鑑賞した際に泣いたというエピソードも。思わず顔がほころんでしまうような可愛らしさを持つ、とても親しみやすい人物だと言えるのではないでしょうか?そんな小沢仁志は今年53歳。己に限界を設けず、夢と希望に胸を膨らませ、まだまだ現役で突っ走るアニキの今後の活躍にも期待したいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る