Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
又吉直樹「火花」芥川賞受賞効果!今度は映画化!!印税2億7千万円!209万部!やらせ 出来レース!あらすじネタバレ!(大阪府寝屋川市出身)

又吉直樹「火花」芥川賞受賞効果!今度は映画化!!印税2億7千万円!209万部!やらせ 出来レース!あらすじネタバレ!(大阪府寝屋川市出身)

又吉直樹「火花」芥川賞受賞効果!今度は映画化!!印税2億7千万円!209万部!やらせ 出来レース!あらすじネタバレ!(大阪府寝屋川市出身)

又吉直樹「火花」芥川賞受賞効果!今度は映画化!!印税2億7千万円!209万部!芥川賞やらせ 出来レース!

「読書芸人」として知られるピースの又吉直樹さんの「火花」が第153回の芥川賞に選ばれました。
ネット上では「出版業界の話題づくり感が否めない……受賞者2人ってとこもやっぱ…反対派が居たんでは」 「出来レースなのか。純文学離れに歯止めをかけたい感じが満載かなぁ」
などやらせ疑惑が渦巻いています!

又吉さんの「火花」は、売れないお笑い芸人と独特なお笑い哲学を持つ先輩芸人との心のぶつかり合いから「笑いとは」「才能とは」「生きるとは」「人間とは」という人間の根底を描いた作品です。
2015年3月に発売されてから発行部数209万部を超える大ベストセラーになっています。
気になる印税は10%です。「火花」の値段は1296円ですから、一冊当たり四捨五入すると130円が又吉直樹さんの懐に入ります。209万部×130円=27170万円!!です。なんと、2億7千万円以上が又吉直樹さんの印材収入になりますね。さらに芥川賞の正賞として懐中時計、副賞として賞金100万円が贈られます。

芥川賞は確かに権威のある文学賞ではあります。でも、辻仁成さんも穫っていますし、石原慎太郎さんなんかも穫っています。
結局は本を売るための話題性重視が大きいんですね。

ここ10年の出版不況で本も、漫画も雑誌も売れない。出版界の売上は、ちょうど30年前の売上と同じ1兆6千億円にまで下がっています。
いったいどこまで売上が下がるかもしれない中で、業界全体が終わっていく。今、売れる本しか売れませんからね。

スポンサーリンク

そんな中、又吉さんは、「読書芸人」として色々な本をネットやテレビで紹介していくれる。いままで売れなかった本が、又吉さんの影響力で実際に売れ出しています。
その効果を考えたら、ここで又吉さんに芥川賞を受賞してもらいもっとプロモーション力を強くしてもらうのが良いと、出版界の関係者はみんなそう考えます。又吉直樹さんの芥川賞受賞が本を売る起爆剤となるわけですね。
又吉直樹さんは今年5月に三島由紀夫賞で受賞を逃しています。これも話題性を高めるための宣伝みたいなのもでしょう。
又吉さんの芥川賞受賞はやらせみたいなものではありますが、7月16日の選考会の結果はやはり、予測通りでした!出版業界挙げての不況脱出のためのやらせ出来レース!!見事な芥川賞受賞ですね。

和田アキ子、又吉直樹「火花」を読んでみたけど「純文学感じない…」と批判!

和田アキ子さんは見事な芸能界のご意見番ですね。
「アッコにおまかせ!」で又吉直樹の「火花」を読んでみたけど「純文学感じない…」とコメントしました。
和田アキ子さんは「みなさん『純文学を感じた』というが、何も感じなかった」と首を傾げながら批判したんですね。
芥川賞受賞に納得のいかないと明確に態度を表明しました!

勝俣州和は、番組内で、又吉さんが祖運慶している太宰治などの本を「もっと読んだほうがいい」と和田アキ子さんに反論しましたが、
和田アキ子さんは「太宰治からいろいろな小説は読んでいますよ。本好きなほうだけど」と、歯に衣着せぬ発言を繰り返しました。
和田アキ子さん、なかなかの読書家なんですね。

スポンサーリンク

視聴者からは「なんで普通におめでとうと言えないのかな」とバッシングが相次ぎましたけど、自分の思ったことを率直に言って何も問題はないと思います。
もちろん、たしかに大人気ない発言かもしれませんけれど。

もしかしたら又吉さんから、芥川賞を受賞しました!と連絡が和田アキ子さんになかったのかもしれませんね。
それで和田アキ子さん、少し拗ねているのかもしれません。又吉さんも「アッコにおまかせ!」の準レギュラーなんですから、その辺、配慮があるべきだったかもしれません。

又吉直樹「火花」芥川賞受賞効果!今度は映画化!!脚本、主演、監督も!?興行収入数十億円か!?

実は、芥川賞受賞の前から映画化の噂はありました。それが芥川賞を受賞したことで今や、映画化に向けてのオファーが殺到しているんです。
又吉直樹さんが脚本はもちろん監督や主演もするらしいんですね。これは大ヒット間違いなしか!!

8月2日の「オモクリ監督」では、又吉直樹さんがが撮った映像作品をフランス人の観客が大拍手してましたからねえ。どんでん返しの展開が受けたみたい。海外で映画賞を獲るのも夢じゃないかも。

ただ、映画のプロたちの目は厳しいようです。「『火花』は映像向きではありませんね。映像で見せて惹き込まれる大きな展開がない。大ヒットさせるには原作を大幅改変しまくてはならないでしょうね。原作に忠実に作れば、地味になることは避けられません」との意見が大勢を占めています。

原作を大幅改変してバッシングされている「進撃の巨人」の例もありますしね。ただ、なぜか、大ヒットしちゃていますけれども。
さてさて、今後の「火花」の映画界に大注目です!!

ピース又吉直樹 「火花」で”文學界”文芸誌デビュー

又吉さんが今回発表したのは中編小説「火花」。
若手芸人の「僕」(徳永)が語り手となり、
日々を共に過ごしたちょっとクセのある先輩芸人(神谷)との
お笑いにかける魂と挫折を描いた作品です。
月刊誌「文學界」2月号に一挙掲載されました。
Snap239

又吉直樹 芥川賞「火花」あらすじネタバレ

「火花」は終始、漫才コンビ「スパークス」の徳永(若手お笑い芸人)を中心に、徳永が師と仰ぐ漫才コンビ「あほんだら」の神谷との会話や、二人の間の火花の散る関係の変化をひたすら詳細に描いていきます。
「お笑い業界の裏側」的なことやお笑い芸人のサクセスストーリーや現役のお笑い芸人さんだからこそ書ける細部の話は出てきません!

漫才コンビ「スパークス」の徳永は、熱海に営業に行き、4歳上の先輩芸人・漫才コンビ「あほんだら」の神谷に出会います。
徳永は自分ではもっていないが非常識な面白さを体現する神谷に心酔します。徳永は神谷との付き合いにのめり込んでいくのです。

徳永は、だんだんテレビ番組に出演できるようになりますが、漫才コンビ「スパークス」の相方が同棲相手が妊娠してしまい芸人を辞めてしまいます。
漫才コンビ「スパークス」は結成10年目にして解散となりました。仕方なく徳永もお笑い芸人を辞めることにします。

一方、4歳上の先輩芸人・漫才コンビ「あほんだら」の神谷は、売れていないのでアルバイトでお金を稼ぐこともしません。めちゃくちな浪費や後輩に奢りまくる生活を続け、借金が膨大になっていきます。
結局、そうにもお金の工面ができなくなり失踪!神谷はとうとう自己破産してしまいます。

そんな神谷が徳永が芸人を辞めたあと、連絡してきました。
神谷に会って、徳永は大ショックを受けます。

なんと神谷は豊胸手術を受けてFカップになっていたんです。徳永はさすがにその大変貌を受け入れられず、神谷もようやく豊胸手術を受けを受けたことを後悔し始めます。

腐れ縁の徳永と神谷は、2人が初めて出会った熱海へ温泉旅行に出かけます。
そこで、たまたま開催されていた素人参加型の漫才大会に出場するため、神谷はネタを作り始めます。
徳永は「生きている限り、バッドエンドはない。僕たちはまだ途中だ。これから続きをやるのだ」と決意していくのです。

主人公の徳永は漫才師として高い理想は持っています。でも自分が残念ながら天才ではないことも自覚しています。
しかし、現実と自分の理想をなんとか折り合わせようともがいています。
反対に徳永が師匠と仰ぐ神谷は非凡の人です。神谷は自分だけを信じて自分が面白いと思うことだけを全力で演じます。徳永は神谷に恋い焦がれ、神谷のようになりたい、認められたいと切望します。
しかし、凡人が非凡の人になれる道は無い、自分は自分にしかなれないと思い知ります。
徳永も神谷も恐ろしくピュアな人間。
嘘のない言葉だけで会話をしていきます。
徳永は神谷に本気でぶつかっていきましすし、神谷は徳永に甘い言葉は一切かけません。
物語の終盤近くまで、徳永と神谷は、お笑いについて深い話をし続けます。

例えば、素晴らしいテクニックで生み出すけれど平凡な笑いと、下手でも非凡で新しい笑いをどういう基準から比較、判断するか?
一発芸的なものはいつまで「奇抜な」ものとして通用するのか?
お笑い芸人の個性とは。お笑い芸人が「キャラ」を持つ意味はあるのか?
お笑いライブで「ファン投票」の意味はあるのか?ネットで悪口をいってくる誰かにどう対応するか?
笑われたらあかん、笑わさなあかん。という言葉の本当の意味は?
笑いに関するテーマで徳永と神谷は、安い居酒屋やヒモになった女性の部屋や河川敷で安い惣菜をつまみながら、酒を飲み、ひたすら会話をし続けます。
徳永が神谷に語る言葉は、自分がお笑いを演じる現実の中で、どうしても誰かに聞いてみたい疑問です。
これに対して神谷が返してくる言葉には、徳永がこういう風に返してもらいたかったと思っていた以上の内容なのです。
「火花」は終盤近くで、徳永と神谷の会話から離れクライマックスへと向かっていきます。
又吉直樹さんの「お笑い」に対するとめどもない愛情が溢れだしてきます。
徳永と神谷の二人ともお笑いに対する愛をぶちまけまくっていきます。

最後のシーンは普通のプロ小説家なら、こういう風には書かないな・・・、という結末です。
綺麗なんですが、かなりイビツな感じで、変な余韻が残ります。
まさに純文学してますね、又吉直樹さん!

又吉直樹 芥川賞「火花」師匠のモデルは?

芥川賞当確とも言われている「火花」の主人公・徳永が「師匠」と慕う先輩お笑い芸人・神谷のモデルは、コンビ「烏龍パーク」の橋本武志です。
38歳の売れないお笑い芸人ですね。

ここから(週刊FLASH7月21日号)引用

「14年くらい前に知り合って、気づいたら、又吉に『師匠』と呼ばれていました。『火花』のことは、『師匠のこと書いてます。いいですか』みたいに言われましたね。僕が上石神井の駅前に住んでいて、吉祥寺から3キロ余りをいっしょに歩いたこととか、小説に『真樹』という名前で出てくる女性と、僕がいっしょに住んでいたこととかのエピソードはホントのこと。2人のエピソードがだいぶ入っています。
僕が『火花』のモデルといわれていることをオカンがネットで知って、読んだら何千万円も借金して逃亡したとか、笑いを取ろうとして豊胸手術を受けたとか書いてある。心配して泣いたらしくて。それ見たオトンが読んで、オトンまで『これは現実やろ』って。小説や!あれは、ホンマではありません(笑)」

ここまで(週刊FLASH7月21日号)引用

「文學界」は芥川賞作家も輩出した文芸誌です。
文芸誌に載るにはもちろん、作品の質が一定の水準を
越えていなければなりませんから、掲載が認められたのは
又吉さんの実力ですね。
2015年1月7日に2月号は発売されたのですが、
1月9日は増刷が決定しました。発売初日で品切れに
なったそうです!これは、1933年の創刊以来初の出来事!!
出版界だけではなく、読み手の方々の注目度が高い証拠ですね。

ピース又吉直樹 「火花」は芥川賞、直木賞の候補になるのは確実だった?!

又吉さんは2012年に一度、自伝的短編『そろそろ帰ろうかな』を
「別冊文藝春秋」にて発表しています。
今回は純文学への挑戦となりましたが、
「文學界」の武藤編集長は、
「タレントではなく、新人作家として扱いたい」との
コメント。又吉さんの文才は巷でも評価が高く、
ぜひ読んでみたいとの声も多かったようです。

又吉さんは創作秘話を明かしています。「小説はほかの文章と全然違いますね。ムチャクチャ集中して、何時間もかけて充実して書けたと思ったのに3枚ぐらいしか進んでなかったり。これ、なんなんやろうと。エッセイとかだと10枚、20枚ぐらい書けている感覚なのに」と苦しみを語っています。

又吉直樹「火花」芥川賞受賞は純文学に話題を集め、本を売るための出来レース!

最近10年の芥川賞受賞作品を振り返ると、受賞者の話題性が高いことに気づきます。
たとえば、綿矢りさと金原ひとみの19歳、20歳の同時受賞(第130回・2003年下半期)は、最年少記録を更新しましたね。

川上未映子(第138回・07年下半期)や、町田康(第123回・00年上半期)は、ミュージシャン。
外国人初の芥川賞受賞中国人作家、楊逸(第139回・08年上半期)。
朝吹真理子と西村賢太の2人同時受賞(第144回・10年下半期)なんかは、まさに美女と野獣でした。
最年長記録75歳の黒田夏子(第148回・12年下半期)も記憶に新しいです。

話題性のある意外な人が芥川賞を受賞するケースが多すぎです。又吉直樹の芥川賞受賞は大いにありえます。
選考会は7月16日に築地新喜楽で行われます。

又吉さんの『火花』の他の芥川賞候補は、内村薫風さんの『MとΣ』、『シルエット』で「第44回群像新人文学賞」優秀作など受賞多数、今回が4度目の候補となる島本理生さんの『夏の裁断』
『指の骨』で「第46回新潮新人賞」を受賞した高橋弘希さんの『朝顔の日』『楽器』で「第43回新潮新人賞」を受賞した滝口悠生さんの『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』
4度目の候補となる羽田圭介さんの『スクラップ・アンド・ビルド』の全部で6作品です。

お笑い芸人初の芥川賞作家の誕生を見守りましょう!!!

芥川賞作家になりそうな又吉直樹とはどんな方?

芥川賞作家になりそうな又吉直樹さんはスポーツもできる文系芸人

又吉さんは大阪府寝屋川市出身。
小学校から高校まではサッカー少年で、
大阪府代表としてインターハイに出場する程だったそうです。
運動神経は高く、最近ではスカッシュにはまっていた時期も。
高校卒業後に1999年にNSC東京校に入学、
芸人としてのキャリアをスタートさせました。
2003年までは「線香花火」というコンビを
組んでおられましたが、解散。
その後、NSC東京の同期で仲の良かった
綾部祐二さんとピースを結成し、今に至ります。
ちょっと残念ですが、最近は本業のお笑いよりも
読書・文芸関連での活躍されていますね。
ピースとしての漫才、コントの活動もお待ちしております!

ピース又吉直樹の代名詞になった「読書」「ファッション」

又吉さんが最初に衝撃を受けた作品は、中学生の頃に読まれた
太宰治の「人間失格」。
多感な時期にこの作品を読み、自分と共感を覚えた方も多いはずです。
作品へ思いはもちろん、太宰自身への興味もつのり、お墓参りや
太宰が歩いた土地を訪れたり、生家である青森の斜陽館へも
足を運んだそうです。
又吉さんの太宰愛が引き寄せたのか、以前三鷹市に住んでいた住所が、
東京での太宰家の旧住所に当たっていたそうです。
スゴい、の一言です。

また、街神保町の古書店に足を運ぶことも多く、
神田古書店連盟が作っている公式本(年1冊発売)
「神保町公式ガイド」Vol.2で表紙を飾っています。
Snap240
毎年、10月下旬から11月上旬にかけて、神保町では
神田古本まつりが開催されています。

また、神保町には所属事務所の吉本興業劇場「神保町花月」もあり、
毎日、吉本芸人さんによる公演が行われいます。
チケット代は1000円〜2500円とリーズナブル。
本とお仕事先がある神保町で、散歩している又吉さんを見かける
チャンスは大いにありますね。
また、又吉さんのファッションセンスも定評があり、
よしもとオシャレ芸人ランキングでも一位になっています。
我々では到底着こなすことができないアイテムも着こなし、
好きなブランドはFRAPBOIS(フラボア)で、
古着とmixするのが得意なようです。
プライベートでは和服も着ることがあり、
和服に帽子、下駄はまさしく昔の文豪スタイルですね。

岡村隆史、芥川賞選考委員の村上龍が又吉直樹の「火花」を「限りなく透明に近いスルー」すると予測!

『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』でナインティナインの岡村隆史さんが、又吉直樹さん「火花」が芥川賞にノミネートされたことを取り上げていました。

岡村隆史さんは、「火花」読みましたけど、面白かったですもん。「え?!」って思いましたけども。審査するのは、村上龍さんとかでしょ?村上龍さんが、又吉さん絶賛しますかね?…っていう感じすんねんなぁ。
芸人が書いた小説ってなった時に、外すんちゃうかなぁっていう。限りなく透明に近いスルーしません?
「限りなく透明に近いスルー」を、ぜひ、みなさんもどこかで使ってみてください(笑)

岡村隆史さん、相変わらず、鋭い突っ込みです。ちょっと又吉直樹さん「火花」が芥川賞受賞に暗雲が立ち込めてきましたかね。

又吉直樹は芥川賞発表当日の落選、当選をシミュレーション中

16日の芥川賞発表を待つ又吉直樹さんは、京都市内で、2~3日前から、発表当日のシミュレーションをしています。

又吉直樹さんは「16日当日はなんでも、取材の方がいらしてくれるようで、ほんとは1人でいたいんですが…。だって、落ちたときに(落ち込んでいたら)アレやから、でも、明るすぎても、無理してる? みたいに言われる」と悩んでいるんですね。

「仕事がなかったら、相方の綾部は劇場で後輩集めて応援するって言ってたけど、それは僕が『やめてくれ』と言いました」とのことで、相方の織部さんは脱毛の仕事をしながら、又吉直樹さんの芥川賞受賞を祈ることになるようです。

芥川賞作家になりそうな又吉直樹は、大阪府寝屋川市出身

芥川賞作家になりそうな又吉直樹の出身地 大阪府寝屋川市は、多くの著名人を輩出

又吉さんの出身地である大阪府寝屋川市は、特例市の中では
最も面積は狭く、人口密度が大阪府吹田市に次いで2番目に高い市です。
同市出身の著名人が多く、PUFFY吉村由美さん、FUJIWARAのお二人、内藤剛志さん、ドリカムの中村正人さん、上原浩治投手などがいらっしゃいます。

寝屋川市で有名なスポットのひとつに成田山大阪別院明王院があります。
千葉県成田市にある成田山新勝寺の別院で、
ユニークな交通安全祈願をすることで知られています。
100台もの車を収容できる祈祷殿があり、車ごと
ご祈祷してもらえます。関西で交通安全祈願といえばこちらで、
個人のみならず関西の運輸会社もここでご祈祷を受けるそう。
かなりのご利益あり、なのでしょうね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る