ワッキー(ペナルティ)がフライデーされた銀座キャバ嬢とのその後!嫁の反応は?

ワッキー(ペナルティ)がフライデーされた銀座キャバ嬢とのその後!嫁の反応は?

ワッキー(ペナルティ)がフライデーされた銀座キャバ嬢とのその後!嫁の反応は?

ワッキー(ペナルティ)がフライデーされた銀座キャバ嬢は家庭を築いていた!?

ワッキー(ペナルティ)が、銀座キャバ嬢と3年半に及ぶ不倫関係にあると報じたのは、2011年7月のフライデーでした。銀座キャバ嬢は浅田舞似の美人。ワッキーと出会ったのは、当時彼女が勤めていた五反田のクラブだったといいます。銀座キャバ嬢との関係が始まったのは、ワッキーが嫁と結婚して1年後、長男が生まれる1週間前だったそうです。ワッキーには、嫁と交際中に別女性とのキス写真がスクープされたのをきっかけに嫁との結婚を決めた過去があり、浮気グセは今に始まったことではありませんでした。

しかし、このスクープが衝撃的だったのは、ワッキーが、嫁や子供が住む自宅からわずか1.5㎞の近距離にある銀座キャバ嬢のマンションに、3年半も通い続けていたということ。銀座キャバ嬢は、「ワッキーの子供が欲しい」と周囲に語るほど真剣だったという話もあって、一部では「ワッキーが第二の家庭を築いていた!」とする報道もあったのです。

ワッキー(ペナルティ)、嫁の怒りに激ヤセ!浮気癖は治った!?

ワッキー(ペナルティ)と銀座キャバ嬢のフライデー報道から2カ月。9月のイベントに登場したワッキーは、不倫報道後の3日間で体重が5キロ落ちたことを明かしました。この時初めて不倫を認めたとともに、嫁に陳謝して許してもらったとも話しています。

ワッキーの嫁といえば、かつて夫婦で沖縄旅行した時に、レンタカーを取りに行ったワッキーが渋滞に巻き込まれて10分遅れただけで、ワッキーが涙を流すほどキレたという鬼嫁エピソードの持ち主。当然と言えば当然ですが、ワッキーが激ヤセしたのは、嫁の絞り上げがあったからに違いありません。

スポンサーリンク

許してもらったということは、ワッキーと銀座キャバ嬢の関係は、フライデー報道直後には切れていたと思われます。2016年1月のベッキー不倫報道の際、ワッキーは「ベッキーとワッキー間違えてんじゃないの?」とリップサービスしていましたが、現在も続いているとしたら、かなりの命知らずです。

ワッキー(ペナルティ)が土田晃之に勝てない理由!相方ヒデとの格差が激しすぎる

ワッキー(ペナルティ)には土田晃之の知ったかぶり話術がない

ワッキー(ペナルティ)は、強豪・市立船橋高校サッカー部を経て、専修大学サッカー部でプロを目指した経験から、サッカー芸人としての仕事も多くこなしています。しかし、ワッキーと同じ年の土田晃之は、サッカー経験がないにもかかわらず、ワッキーより圧倒的にサッカー番組出演率が高いのです。

ワッキーは、「自分にはプレイ歴があるけれども、土田晃之のようにサッカーのあらゆる知識が豊富なわけではない」と敗因を素直に分析しています。たしかに、土田晃之には、知識の穴に振られても、あたかも知っているかのように喋る隠しテクがありますが、話術のないワッキーは「おしゃべりのドリブルミス」になってしまうそう。

スポンサーリンク

以前、アメトーークの「昭和47年会」で、知らない話題になるとスベリ気味になるワッキーを、土田晃之が罵倒したことがありました。それ以来、ワッキーにとって、土田晃之は、吐き気を伴う恐怖の対象となってしまい、ますます勝てない存在になってしまったようです。

ワッキー(ペナルティ)と相方ヒデの格差も話術の差

ワッキー(ペナルティ)と相方ヒデは、市立船橋高校、専修大学サッカー部、それぞれでの先輩後輩関係でした。相方ヒデがプロリーグのオファーを蹴り、怪我でサッカーを諦めて大学を中退したワッキーを誘って結成したのが「ペナルティ」。この時点で、サッカーの経歴に多少の格差はあったものの、ペナルティとしては、変顔などの気持ち悪いキャラが際立っていたワッキーへの注目度は、相方ヒデよりも格上でした。

しかし、「1、2行進」などのスベリキャラ一辺倒で行くワッキーに対して、「アメトーーク」で”家電芸人”の地位を築いた相方ヒデは、趣味の多さや仕切りの巧さが評価されて、ピンでの仕事を着々と増やしていきます。最近では、ワッキーがマネージャーに頼み込んで、相方ヒデがピンで出演する番組に無理矢理出演することもあるのだとか。肉体芸と喋り芸の間では、どうしても格差が生まれてしまうものなのです。

ワッキーの変顔が世界進出!?一発ギャグ芸人の下剋上なるか?

ワッキーは、一発芸ばかりですから、初めのインパクトに慣れてくると飽きられてしまうという弱みが常に付きまといます。そこへ、銀座キャバ嬢との不倫など私生活のだらしなさや、芸能人としての自覚のなさが祟って、干された時期もありました。時々出てきて「男性ホルモン受信中!」などの一発ギャグで瞬間的な笑いを起こしても、世の中には「ワッキー大好き!」と断言できる人はそう多くないでしょう。

土田晃之に罵倒されてトラウマを抱えたり、嫁に絞られて激ヤセしたりするくらいですから、ワッキーは本来あまり図太い人間ではないはずです。それしかできないと言えばそれまでですが、今もなお、キャラが全くブレないワッキー。3月29日放送の「口だけ芸能人を撲滅せよ!有言執行」で、ワッキーは、英国王室をも笑わせた変顔のレジェンド、トミー・マティンソンに変顔芸で挑みました。

このロケをきっかけに、ワッキーの元には、2016年9月に英国で開催される「変顔選手権」に正式なオファーが届いたそうです。「フェイスなら絶対に負けない。変顔に国境はいらない」と豪語するワッキー。同大会16回の優勝歴を誇るトミー・マティソンを破って優勝でもした日には、相方ヒデとのコンビ格差や話術のなさなど何のその。かたくなにキャラを守り抜いてきたのですから、報われてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る