ペンタトニックスは全米NO.1アカペラ集団!メンバープロフィールは?

ペンタトニックスは全米NO.1アカペラ集団!メンバープロフィールは?出典:http://www.music-lounge.jp

ペンタトニックスは全米NO.1アカペラ集団!メンバープロフィールは?

ペンタトニックスは最近話題のアカペラ集団!彼らの結成までとその特徴的な音楽とは!?

ペンタトニックスは、2011年に、アメリカ合衆国テキサス州で結成された5人編成のアカペラ集団です。ペンタトニックスというグループ名は、「ペンタトニックスケール」という五音音階に由来しています。

もともと、メンバーのうち3名が、高校生の頃にボーカルトリオを結成し、レディー・ガガの楽曲「テレフォン」をカヴァーしたYouTube動画をアップしたことが世に出た始まりです。30万回以上の再生回数を記録して、インターネット上で人気を得ました。その後、2名が加わり、今のペンタトニックスの原形となります。ペンタトニックスのアカペラによる音楽は、デジタルエフェクト系サウンドのアレンジやヒューマンビートボックスによる表現が特徴的で、その新しさが話題となりました。

ペンタトニックスメンバーのプロフィールは!?個々の音楽の能力はもちろん、個性も強い!?

ペンタトニックス5名のプロフィールに迫ります。
スコット・ホーイングは、1991年生まれの24歳で、ヴォーカルを務めます。テキサス州出身でペンタトニックスのリーダー的存在であり、最も背が高く、ミッチ、カースティとは幼馴染です。ビヨンセの熱狂的ファンであることでも知られ、メンバーのミッチ・グラッシと共にゲイであることを公言しています。

カースティン・マルドナードは、テキサス州出身で、1992年5月生まれの24歳。ペンタトニックス唯一の女性で、彼女もヴォーカルを務めます。メキシコ、スペイン、イタリア、フランスの混血で、交際中のお相手は、アーティストのジェレミー・マイケル・ルイスです。

スポンサーリンク

ミッチ・グラッシは、1992年7月生まれの24歳で、同じくヴォーカルを務めます。テキサス州出身で、グループ最年少。イタリア、アイルランド、スコットランド、ウェールズの混血で、最も歌が上手いと評判です。チョコレートを好みますが、チョコレート味のアイスクリームは嫌いだとか。

アヴィ・カプランは、1989年4月生まれの27歳で、ヴォーカル・ベースを担当しています。カルフォルニア州出身で、長髪と髭が特徴的です。ユダヤ系ロシア人の血を引いており、同時にトーンの異なる2つの音を出すホーミーという技術を得意としています。日本の少年向けアニメを好み、実姉のエスター・カプランも、ツアーマネージャーとしてペンタトニックスをサポートしています。

ケヴィン・オルソラは、1988年10月生まれの27歳で、グループ最年長。ケンタッキー州出身のビートボクサーで、グレナダとナイジェリアのハーフです。絶対音感を所有しており、ヒューマンビートボックスによる美しいハーモニーが得意なケヴィン・オルソラ。実はチェリストでもあります。

スポンサーリンク

チェロを演奏しながら、ビートボックスを奏でるという、チェロボキシングの動画をYouTubeにアップして注目され、動画がきっかけで、スコットたちの目に留まり、ペンタトニックスに加入することになりました。

ペンタトニックスのPerfumeメドレーが話題!カースティが「かしゆか」化!?ペンタトニックスがPerfumeメドレーに挑戦!?

今までもペンタトニックスは有名アーティストのカヴァーをしてきた!?

ペンタトニックスを一躍有名にしたのは「ダフト・パンク・メドレー」でした。その他、「マイケル・ジャクソン・メドレー」「ビヨンセ・メドレー」など、欧米アーティストのカヴァー曲メドレーを実現してきたペンタトニックス。今回は、「Perfumeメドレー」に挑戦しました。

ペンタトニックスは、Perfumeの楽曲を、クールでエネルギッシュと評価しており、今回の採用に至ったようです。完璧な日本語の発音と、ペンタトニックスの持ち味であるドラムマシンやシンセサイザーの音まで全て人間の声で表現するテクニックには、本家本元のPerfumeも、自分たちの楽曲の新たな一面に触れて圧倒されたと語っています。

ペンタトニックスは実は努力家!?Perfumeカヴァーを経てメンバーのカースティが”かしゆか”化!?

ペンタトニックスは、今回のPerfumeのカヴァーを機に影響されたのか、紅一点のカースティン・マルドナードが、前髪をまっすぐに切った写真をツイッターにアップして話題となりました。その髪型は、Perfumeのメンバー樫野有香こと「かしゆか」にそっくり!特にこの写真を発見したPerfumeのスタッフが動揺を隠せず、リツイートを繰り返したようです。これも、Perfumeをカヴァーするために徹底研究した、ペンタトニックスの努力の表れなのかもしれません。

ペンタトニックスがサマソニ出演!親日であることを公言する各メンバーは日本を満喫!?

ペンタトニックスは、2016年8月20日、21日に開催されたサマーソニック出演のために、来日を果たしました。親日家であるペンタトニックスの来日は、今回で6度目になります。日本に慣れているペンタトニックスのメンバーたちは、各々日本を満喫していたようで、SNSに写真をアップロードして、その模様を公開していました。東京の街で早朝ランニングに勤しむケヴィン・オルソラ。

ヘアカラーとネイルを変えて東京仕様にイメチェンしたカースティン・マルドナード。東京タワーや渋谷のスクランブル交差点、雑貨店やゲームセンター巡りをしていたスコット・ホーイングなど、限られた時間に、各メンバーは、いろいろな予定を詰め込んでいたようです。昼間の個人行動とは一転、夜はメンバーが集結し、スタッフも交えてしゃぶしゃぶを楽しんでいたとか。ホテルに戻ってからも、デパ地下で購入した寿司を堪能し、フェイスパックをしたりと、夜遅くまで日本をフルに満喫していたといいます。

サマーソニックでは、35,000人に及ぶ観客を魅了しつつ、Perfumeメドレーを世界に先駆けて演奏し、ステージは大成功に終わりました。日本を愛してやまないペンタトニックスは、再来日を約束してステージを去りました。違和感のない日本語でPerfumeカヴァーを披露したペンタトニックス、次の日本人アーティストのカヴァーには、どの曲を選択するのでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る