ピカ子(本田ヒカル)は1時間で1億円売る実業家オネエ!先輩おぐねーに挨拶なしでネットが炎上

ピカ子(本田ヒカル)は1時間で1億円売る実業家オネエ!先輩おぐねーに挨拶なしでネットが炎上出典:https://matome.naver.jp

ピカ子(本田ヒカル)はセレブキャラでブレイクのオネエ!1時間で1億円売る実業家

ピカ子(本田ヒカル)のセレブキャラがヤバい!1時間で1億円売り上げる実業家

ピカ子(本田ヒカル)は、女性ファッション誌やバラエティ番組で披露する「引き算メイク」と、セレブキャラでブレイクしたオネエのメイクアップアーティストです。驚くべきは、ピカ子が立ち上げた化粧品ブランド「LA MAKEUP(ラメイキャ)」の売上額。なんと、1時間のテレビショッピングで、1億円の売上額を叩き出すと言います。化粧品の売上額の内、ピカ子の懐に入ってくるのは2割とか。そのため、ピカ子曰く「時給2000万円みたいなものよ」とのことです。

化粧品の売上も好調な実業家オネエの顔も持つピカ子のセレブ生活は、一般の常識をはるかに上回るもの。まず、住居はタワーマンションの最上階のペントハウス。高級家具に囲まれていることは言うまでもありません。さらに、ピカ子の愛用する香水は、ビスポーク(オーダーメイド)だと300万円もするという「by kilian(バイ キリアン)」。……次々と明らかになるピカ子のセレブキャラぶりに、視聴者はただただ驚くばかりです。

ピカ子(本田ヒカル)の引き算メイクとは?朝は時短で乳液まで引き算するベースメイク!

ピカ子の提案するメイク術の中でも、特に、ベースメイクの引き算メイクが斬新だと話題となっています。一般的には、洗顔後のケアとして、化粧水をつけた後に油分で蓋をするために乳液をつけるものですが、乳液はつけなくても大丈夫だと言い切るピカ子。理由は、その後に塗る化粧下地などにも十分な油分が含まれているからです。

スポンサーリンク

「それでも化粧水の次に化粧下地を直接塗ることに抵抗があれば、乳液と化粧下地が一緒になったオールインワンタイプのものを使用するべき」と、ピカ子は引き算することを勧めます。ピカ子の引き算メイクが多くの女性の支持を得ているのは、乳液という手間を引き算することで朝の貴重な時間を余裕を持って過ごせ、結果的に心のゆとりにもつながるからかもしれません。

ピカ子(本田ヒカル)は元モデルだった!性格が悪すぎて炎上続き!?

ピカ子(本田ヒカル)はモデル出身のメイクアップアーティスト!

セレブなオネエキャラとしてブレイクしたピカ子(本田ヒカル)の経歴もまた輝かしいものとなっています。1971年9月21日、北海道出身のピカ子は、大学在学中にスカウトされ、ファッションモデルとしての活動をスタートさせました。しかし、モデルとしての将来に不安を覚えたピカ子は、メイクアップを猛勉強し、メイクアップアーティストへ華麗なる転身を遂げます。

こうして、メイクアップアーティストとして1999年から活動し始めると、ハリウッドにも進出。大人気俳優のブラッド・ピットや、歌手のアリシア・キーズのメイクアップを手掛けたこともあったと言います。その他、ファッションや美容の流行の発信地であるミラノやパリにも活動の幅を広げていきました。

スポンサーリンク

こうして、モデルからメイクアップアーティストへ転身して成功したピカ子は、表参道に美容室「11 salon」をオープンしたり、自身の化粧品ブランド「LA MAKEUP」を立ち上げたりと、実業家としても大成功を収めています。

ピカ子(本田ヒカル)が先輩おぐねーへ挨拶なし!ネットが炎上

2016年11月7日にTBS系で放送されたバラエティ番組「7時にあいましょう」でのピカ子の態度が「性格悪すぎる」と、ネットで炎上しました。番組内では、先輩メイクアップアーティストであるおぐねー(小椋ケンイチ)から「挨拶をしない点を直してほしい」と言われたピカ子。

これに対しピカ子は、「必要ない」とまさかの反論。さらに「尊敬していないおぐねーに良くしてもらおうなんて思ってないから、(挨拶は)必要ない」と畳みかけました。このため、SNSで、各々の視聴者がピカ子の性格に関する発言をしたことから、一時ネットは炎上状態に。最も多かった声は「どの業界でも挨拶は常識」「性格悪すぎる」という、ピカ子の性格の悪さと礼儀のなさを批判するものでした。

ピカ子(本田ヒカル)が前立腺がんの疑いあり?

実業家としても成功を収めているメイクアップアーティスト・ピカ子(本田ヒカル)のセレブな生活ぶりは、さまざまなバラエティ番組で紹介されています。2017年11月13日にTBS系で放送された「名医のTHE太鼓判!」に出演したピカ子は、さらなる仰天の私生活を明かしました。

この時に披露したのは、ピカ子が自ら作る焼きそばレシピです。食生活も大変豪華なピカ子は、焼きそばに黒毛和牛やマツタケを惜しげもなく使用し、その原価はなんと2万円!ピカ子の作る超高級焼きそばに、スタジオは驚きの声に包まれました。

引き算メイクが女性たちから熱い支持を得る一方で、事業を立ち上げて成功へ導く実業家としての手腕や、ハリウッドのセレブたちにも通用するピカ子の確かなメイクアップ技術は本当に素晴らしいものです。それだけ人の心を動かせる感性と技術を持っているピカ子ですが、性格や礼儀作法には一癖あるようで批判が集まっています。

しかし、そこまで礼儀作法に欠けた人間が、人望を得て、イチから会社を立ち上げて成功へ導くことは可能なのでしょうか。モデルの仕事に見切りをつけ、メイクアップアーティストとして成功するという、物事を見極めるセンスを持ち合わせているピカ子だからこそ、これも1つの「話題を呼ぶ戦略」のようにも見えてきます。

「名医のTHE太鼓判!」で、前立腺がんである疑いが指摘された点はやや心配ですが、引き算メイクという画期的な時短メイク以外にも、ピカ子の新たな代名詞となるようなメイク法が発表される日が楽しみでなりません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る