蓮佛美沙子 身長、体重、性格は?妹や家族は?役柄で髪もバッサリ!似てると噂のテヨンとは?

蓮佛美沙子 身長、体重、性格は?妹や家族は?役柄で髪もバッサリ!似てると噂のテヨンとは?

蓮佛美沙子 身長、体重、性格は?妹や家族は?

蓮佛美沙子 女性からの支持間違いなし!普通の感じがたまらないけど、意外と大胆で男っぽい?

ドラマ「◯◯妻」で、すっかりお馴染みになった、蓮佛美沙子。

最近ジワジワと人気が上昇してきています。蓮佛美沙子は1991年2月27日生まれ、鳥取県出身で、2005年「第一回スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」でグランプリに輝き、2006年には、映画「犬神家の一族」でデビューを飾りました。竹内結子に憧れ芸能界入りを決意し、グランプリ獲得当時は「長澤まさみのようにブレイクする」と言われたほど、その後の人気はお墨付きだった蓮佛美沙子。高校は堀越学園、大学は白百合女子大学を卒業しています。そんな蓮佛美沙子の身長は、163cm。体重は非公開ですが、蓮佛美沙子の体重は45キロ位ではないかと推測されています。蓮佛美沙子の身長、体重を見ると、実にスレンダーなスタイルです。さらに蓮佛美沙子は、色白で肌が綺麗であることから、女性からの支持も間違いなし!「普通な感じがたまらない」という声が最も多く見られます。そんな、蓮佛美沙子は性格について「意外と大胆で男っぽい」と語っており、子供の頃は「男の子と喧嘩して生傷が絶えなかった」というエピソードも公表されているほどです。

蓮佛美沙子 妹は芸能人?お母さんは「特に厳しい人」

「蓮佛美沙子の妹は芸能人」という噂が飛び交っていますが、本当のところはどうなのでしょうか。蓮佛美沙子の妹と言われているのは「蓮佛杏沙子」さん。2014年に「ミスアカペラコンテスト」に出場しており、名前の「蓮佛」や出身地などが同じであることから、妹ではないかとウワサになっているようです。しかし、姉妹であると正式な公表があったわけではありません。ちなみに、蓮佛美沙子の家族構成は、母方の祖父母、両親、妹の6人家族。母親は特に厳しい人だったのだそうです。けれども、蓮佛美沙子本人が、学生時代は「興味がおもむくままフラフラしてた」と言っていることから、家族が寛容であったことが見て取れます。

蓮佛美沙子 役柄で髪もバッサリ!似てると噂のテヨンとは?

蓮佛美沙子 髪を35センチ以上もカット!民放連ドラ初主演の役作り

蓮佛美沙子が、7月9日からスタートする民放連ドラ「37.5度の涙」で初主演することが決まりました。ドラマの役作りのために、蓮佛美沙子は髪を35センチ以上もカットし、演技派女優の意気込みを見せています。蓮佛美沙子は髪をバッサリ切った理由を「原作に合わせて髪を切った」と語り、そのプロ意識の高さに、番組プロデューサーも「蓮佛さんという天才女優の連ドラ初主演作品に携われ光栄です」と発言したほどです。蓮佛美沙子の役柄は、子供が熱が出ても迎えに行くことができない親に変わり、自宅で看病するという「病児保育士」。今までの役柄と少し印象の違う、シリアスな人物を演じることが注目されています。「髪は女の命」と言われますが、蓮佛美沙子が役柄で髪もバッサリ切った女優魂に、ドラマへの関心が高まること、間違いなしです。

スポンサーリンク

蓮佛美沙子にそっくり?テヨンって誰?姉妹かと思った人も!

蓮佛美沙子に似てると噂の「テヨン」とは誰なのでしょうか。テヨンとは、韓国のガールズグループ「少女時代」のメインボーカル「キム・テヨン」のことです。「姉妹じゃないの?」などの憶測も聞こえてきます。実際、蓮佛美沙子とテヨンの写真を見比べても、本当にそっくりで、写真だけでは見間違えてもおかしくありません。けれども、全くの他人で、無関係です。意外にも、蓮佛美沙子にはそっくりだと言われている有名人が複数いて、中でも一番多く聞かれるのが、蓮佛美沙子とテヨン、蓮佛美沙子と足立梨花です。世の中にはそっくりさんが三人いると言われていますが、まさに、その内の二人は決定したと言えるのではないでしょうか!?

蓮佛美沙子、35センチ髪バッサリ病児保育士役で民放連ドラ初主演

実力派女優・蓮佛美沙子が初主演する、民放連ドラ「37.5度の涙」が7月9日、いよいよスタートします。病児保育士の役作りのために、35センチも髪をバッサリ切って、撮影に挑む姿勢ににじみでるのは女優魂。この髪を切った行動は、強制されたわけではありませんでした。ns原作を読んで、役に近づくために行ったとのことで、撮影に対する強い覚悟も伝わってきます。蓮佛美沙子は、どの作品を見ても、完璧に役を演じきる素晴らしい女優。ドラマ「ナニワ金融道」や「夜の先生」では、それぞれ全く異なるイメージの役を、完璧に演じ尽くしているのは、ご存じのとおりです。その演技を最初に認めたのは、監督である、大林宣彦。蓮佛美沙子が15歳で初主演した映画「転校生」で、「非常に情熱的に役を演じることができる」「それと同時に冷静に客観視して分析している」「それが蓮佛美沙子の魅力」と惜しまず大絶賛しています。まず、主役として頭に浮かぶのは、蓮佛美沙子とのこと。蓮佛美沙子の成長と成功は、大林宣彦なくして語れないのです。今後について、蓮佛美沙子本人が語っている将来像は「演技幅のある女優」。さまざまな役柄を演じているこれまでの活動を見る限り、目指す場所へ迷わず、着々と歩みを進めている様子がみてとれます。芸能界入りのきっかけとなった、竹内結子と肩を並べる日も、遠からずやってくることでしょう。実力派女優、蓮佛美沙子の「演技幅のある女優」としての活躍を期待し、さらなる高みに向かって歩みを進めて欲しいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る