瑠子はグラビア界に現れた謎の聖女!映画主演も話題に!

瑠子はグラビア界に現れた謎の聖女!映画主演も話題に!出典:http://kawaberi.net

瑠子はグラビアに現れた謎の聖女!本名やプロフィールは?

瑠子はFLASHで話題の謎の聖女!妖艶なヌードグラビアで話題に!

瑠子(りこ)が、写真週刊誌「FLASH」の2015年5月から始まった連載グラビア「恋日記」で、”謎の聖女”として話題を浚っています。B85-W85-H92のスリーサイズを持つ璃子の妖艶なヌードグラビアのチャームポイントは、カボチャみたいに大きなプリッとしたヒップ。「傘が1本あれば痴漢を撃退することができる」という剣道2段の腕前だそうですが、男性ならば、思わず煩悩を掻き立てられしまうような妖艶さです。

瑠子は、同じ事務所・アーティストハウスピラミッドに所属し、”謎の美女”として知られるグラビアアイドル祥子と、セクシー女優の壇蜜を掛け合わせた存在として売り出されました。現在も依然として”謎”のコンセプトを貫いたまま、グラビアだけではなく、「サンデージャポン」などのバラエティ番組にも進出しています。

瑠子は本名だけでなくプロフィールの大半が謎!小出しで話題作りが狙い?

瑠子は、1991年11月13日生まれ。出身は、壇蜜と同じ秋田県であることが分かっています。しかし、”謎の聖女”をうたっているだけあって、本名などの細かいプロフィールは公表されていません。瑠子は、高校卒業後に秋田県から上京し、渋谷のスペイン坂で現在の所属事務所にスカウトされ、2009年から芸能活動を始めました。

空白とされている約6年間は、アルバイト生活をしていたといいますが、さまざまな想像が掻き立てられてしまうのも、”謎の聖女”というコンセプトの狙いどころなのでしょう。グラビアアイドル祥子も、同じく”謎”で売り出しはしたものの、バラエティ番組出演回数が増えるにつれて、本名などの素性が次第に明らかになっていきました。瑠子の売り出し方にも、情報の小出しで話題を呼ぼうという戦略が見受けられます。

スポンサーリンク

瑠子の出身高校はどこ?映画「好きでもないくせに」主演で話題に!

瑠子は秋田県の女子高校出身!小出し情報から高校名を推定!

瑠子は、高校までは秋田県にいたことが分かっており、出身高校は秋田県であったと推定されます。”謎の聖女”ですから、もちろん高校名は明らかにされていません。しかし、「サンデージャポン」で本人が語った内容によると、どうやら女子校出身だったようです。

そのため、偏差値40前後の私立秋田和洋女子高等学校や、県立大館高等学校、偏差値50超えの聖霊女子短期大学付属高校まで、閉校した学校を含めると、6校に絞られます。また、剣道2段の腕前以外にも、洋裁検定1級や食物検定1級などの資格を有しているという情報も小出しにされている瑠子。上京後に取得したものでなければ、大学進学を目的とした高校ではなかった可能性が大きいでしょう。

瑠子は映画「好きでもないくせに」主演で濡れ場も!演技力の評価は?

瑠子は、2016年9月3日公開の映画「好きでもないくせに」で、主演女優デビューを果たしています。同作品は、若い男女が持つセックスへの複雑な感情を描いた青春恋愛物語です。昼はモデル、夜はキャバクラ嬢として働く琴子を演じた瑠子の、ヌードあり、本格的な濡れ場ありの体当たり演技が、話題十分だったことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

映画公開の1カ月前には、1st写真集「瑠子 愛しい女」も発売されており、舞台挨拶ではシースルーのセーラー服姿で登場するなど、事務所の猛プッシュぶりもうかがえます。しかし、「脚本はいいのに、演技力が作品の質を落とした」と、あまり評判は芳しくなかったようです。

瑠子が「サンデージャポン」で問題発言!バラエティスキルはまだまだ発展途上

瑠子は、グラビアや映画主演を経て、バラエティ番組での知名度を着々と上げつつあります。”謎の聖女”と謳われているだけに、「一体、この女性は誰なんだ?」と、モヤモヤムラムラした気持ちが掻き立てられるのでしょう。流されやすかったという若い頃の奔放な恋愛経験を小出しに明かしつつ、「4年間はご無沙汰です」と語るとは、小悪魔としか言いようがありません。

しかし、この小出し暴露戦略には、失言という危うさがつきものです。2017年3月19日放送の「サンデージャポン」では、埼玉県の非行生徒リスト流出事件の話題において、自らの高校時代の黒歴史を語って、大きな失敗を犯してしまいました。秋田県での女子高時代、瑠子は、改造自転車で暴走する不良グループの一員だったそうです。

それは過去の話だからいいとしても、当時の非行グループを「○○の集まり」と、不適切な単語を用いて表現してしまったために、世間から批判を食らうこととなってしまいました。注目を集めるために、話にインパクトを持たせようととすると、言葉選びが際どくなってしまうことは往々にしてありますが、失敗の種にもなりかねません。

せっかくビジュアルに恵まれたのですから、瑠子が芸能界で成功するためには、壇蜜のように、自分のコンセプトを巧く利用できるだけのスキルを養っていく必要がありそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る