坂口涼太郎は坂口健太郎と兄弟?加藤諒とは怪しい関係だった!?

坂口涼太郎は坂口健太郎と兄弟?加藤諒とは怪しい関係だった!?出典:

坂口涼太郎は坂口健太郎と兄弟!?身長体重、プロフィール!

坂口涼太郎と坂口健太郎は兄弟??「坂口○太郎」つながりの真相は?

坂口涼太郎は、映画「ちはやふる」でヒョロくん役を演じた俳優です。最近では、「坂口」と名字が同じばかりでなく、「○太郎」と名前も似ていることから、塩顔男子で人気の坂口健太郎と兄弟ではないかという噂があります。

坂口健太郎は、1991年7月11日生まれなので、1990年8月15日生まれの坂口涼太郎の1歳下。兄弟であれば、どこかしら似ているところがありそうですが、顔を比較してみると、形もそれぞれのパーツもあまり似ていないような気もします。しかも、坂口涼太郎が神戸出身であるのに対して、坂口健太郎の出身地は東京です。総合すると、兄弟である可能性はかなり低いと思われます。

坂口涼太郎の身長体重は?特技はダンスとピアノ

俳優としてさまざまな映画や舞台で活躍している坂口涼太郎は、兵庫県神戸市出身で、身長171cm、体重は58k。かなりスレンダーな体型です。しかし、細身とはいってもひょろひょろしているわけではなく、体幹も安定して筋肉もしっかり付いていることは、得意だというダンスをキレッキレに踊る様子を見れば分かるというもの。

2007年8月に上演された、森山未來のダンス公演「戦争わんだー」にダンサーとして出演したのがデビューの様子です。ジャズからバレエまで幅広いジャンルのダンスを特技とする坂口涼太郎ですが、幼い頃から習っていたピアノの腕前もたいしたものとか。そのため、現在は、シンガーソングライターとしての顔も持つなど、マルチに活躍中です。

スポンサーリンク

坂口涼太郎のダンスの実力が凄かった!加藤諒との関係は?

坂口涼太郎のダンスの実力は?!ピアノの腕前も凄い!!

坂口涼太郎が踊る様子が収められている動画は、ネット上で数多く見ることができます。所属事務所キューブの公式プロフィールによると、特技は、「ダンス(ジャズ、バレエ、コンテンポラリー、ヒップホップ)」と、ダンス経験豊かな坂口涼太郎。「Ryotaro Sakaguchi」名義で公開しているYouTubeチャンネルの動画を見ても、動きのキレがいいのはもちろんのこと、柔軟性やジャンプ力にも優れていることが分かります。

また、YouTubeでは、ピアノを弾き語りしている動画も公開中です。「Birthday」や「僕の腕 君の舌」「Cold eyes」など、自作曲を爽やかに歌い上げる姿を堪能することができます。コーラスを従えて歌う姿は、まさにプロミュージシャン。メジャーデビューこそしていませんが、将来は、ミュージックシーンでの活躍も十分ありそうな坂口涼太郎は、今のうちにチェックしておいたほうが良いかもしれません。

坂口涼太郎と加藤諒の怪しい関係とは!?

坂口涼太郎と仲が良いと言われているのが、太い眉毛と独特な雰囲気、外見からは想像が難しいキレッキレのダンスパフォーマンスで人気のタレント加藤諒です。加藤諒のSNSを見ると、坂口涼太郎のことを「グッチ」と呼び、毎日のように遊んでいる様子がうかがわれます。加藤諒は、「有吉反省会」に出演した際にも、「友人の俳優グッチこと坂口涼太郎を、いつでもどこへでも連れ回していることを反省する」と仲の良さを公表。番組に坂口涼太郎も登場すると、一緒にクールなダンスも披露しました。

スポンサーリンク

同じ事務所に所属している2人は、ダンスが得意ということから意気投合したと言います。加藤諒がオネエキャラであることから、線の細い坂口涼太郎も「そっち系なのでは?」「2人の関係が怪しい」などとも噂されていますが、これについては現在までノーコメントです。2人でダンスパフォーマンスを披露して息もぴったりな様子を見ると、坂口涼太郎と加藤諒がとても仲がいいということは、確かなようです。

坂口涼太郎出演「ちはやふる」ヒョロくん役は「似すぎてフルCG」と絶賛!

坂口涼太郎は、2016年公開の広瀬すず主演映画「ちはやふる」に出演していました。「ちはやふる」は、末次由紀原作の少女漫画が原作で、瑞沢高校かるた部を舞台に繰り広げられる物語。小泉徳宏監督によって実写化された「ちはやふる」で、坂口涼太郎は、広瀬すず演じる千早の同級生で、同じかるた部に所属する木梨浩役を演じました。

努力家な性格の木梨浩のあだ名は「ヒョロくん」。あだ名通り、見た目がヒョロっとしていてかなりやせています。実は、小泉徳宏監督は、「ヒョロくん」のキャラを実写で再現することは難しいと考え、当初は映画に登場させるつもりではなかったとか。ところが、「ヒョロくん」にそっくりな坂口涼太郎がオーディションに現れたため、すぐに起用を決定したそうです。映画完成後には、「(「ヒョロくん」に)似すぎてフルCGかと思った」と大絶賛していました。

しかし、坂口涼太郎は、ただ似ているというだけで「ヒョロくん」役を獲得したわけではありません。その陰には、原作キャラクターになるべく近づくべく、7kgもの減量をしたという秘話がありました。そうしたこともあってか、坂口涼太郎が映画「ちはやふる」に掛ける意気込みはすさまじく、神奈川にある「109シネマズ湘南」では、独自のPR活動を実施し、「ヒョロくん」になりきって、チケットのもぎりから劇場の掃除までやってのけました。

そんな坂口涼太郎の姿に感動した小泉徳宏監督やプロデューサーが、同劇場での単独舞台挨拶をセッティング。ここに、坂口涼太郎にとって初となる舞台挨拶が実現することになります。この経緯を知った原作者の末次由紀も、「ヒョロくんの単独舞台挨拶が決定!なんて素晴らしいことかと涙が出ます」と感激のコメントを発表する事態にまで及びました。2018年には、続編「ちはやふるー結びー」の公開が決まっているので、ぜひヒョロくんの続投も期待したいところ。個性的で多彩な才能を持つ坂口涼太郎には、今後いろいろな場面での活躍が期待できそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る