坂本ちゃんの東大受験はどうなった?合格大学の全てを大公開!

坂本ちゃんの東大受験はどうなった?合格大学の全てを大公開!出典:http://bokunolog.com

坂本ちゃん「電波少年」東大一直線でブレイク!合格大学が凄かった!

坂本ちゃん「進ぬ!電波少年」34歳・低学力男の東大受験に密着8カ月!

坂本ちゃんは、伝説のバラエティ番組「進ぬ!電波少年」の企画「電波少年的東大一直線」に出演し、一躍人気者となったお笑い芸人です。ハチマキを巻いた坊主頭と学ラン姿で、言葉使いはオネエという特殊なキャラが、ジメッと脳裏に焼き付いている人も少なくないでしょう。

番組では、企画のオーディションを通過した坂本ちゃんが、家庭教師のケイコ先生のもとで、1日10時間の猛勉強に挑み、実際に東京大学を受験するまでの8カ月に密着しました。坂本ちゃんの出身校・日本大学明誠高校は、特別進学コースを除くと、偏差値50弱の中堅校ですが、大学進学率は9割を超えており、そのうち半分の生徒が日本大学に進学すると言われています。

その中で、大学進学が叶わなかった1割弱の生徒に数えられ、四則計算すら危うかった坂本ちゃんが、34歳になって東大を目指そうというのですから、無謀にもほどがあるというものです。本番では、案の定、センター試験の時点で、東大受験が叶うボーダーラインを超えることができませんでした。猛勉強の末に学力は向上したものの、8カ月の付け焼刃で乗り越えられるほど、東大受験は甘いものではなかったようです。

坂本ちゃんが合格した8大学の偏差値!雪辱の日本大学合格で晴れて大学生に!

坂本ちゃんの東大受験が1月のセンター試験の時点で失敗に終わり、「進ぬ!電波少年」は急遽、「電波少年的東大一直線」から、「どこでもいいから合格一直線」へと企画を変更。坂本ちゃんは、14校もの有名私立大学を、手あたり次第に受験しています。その結果、慶應義塾大学、早稲田大学、法政大学など偏差値60~70の難関校や、それより難易度の低い2大学を含め、6校が不合格。合格したのは、青山学院大学経済学部や明治大学政治経済学部の第二部など、偏差値40~50前後の8大学となりました。

スポンサーリンク

しかし、同年に8つの合格証書を受け取るとは、受験料を考慮しても、一般の受験生には得難いスゴイ経験です。また、たった8カ月の勉強で、現役時代に進学できなかった日本大学文理学部に合格したことは、何よりの成果。東大合格こそ叶いませんでしたが、坂本ちゃんは、16年前の雪辱となった日本大学に入学することになりました。

坂本ちゃんが大学を中退したワケ!家庭教師・ケイコ先生の現在は?

坂本ちゃんは日本大学を中退していた!やはり月収900万円に勝るものはなかった!?

坂本ちゃんは、苦心の末に日本大学文理学部中国語中学文化学科に入学するも、7年間在籍した末に中退しています。大学に合格する学力を身に着けるきっかけとなったのが「進ぬ!電波少年」ならば、芸能人としてブレイクしたのもこの番組のおかげ。「大学一直線」終了直後から、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」でゴールデンタイムの初レギュラーを獲得するなど、各方面で引っ張りだことなった坂本ちゃんには、もはや学校に通う時間などありませんでした。

坂本ちゃんは、1999年にお笑いコンビ・アルカリ三世でデビューしてから、わずか1年後に「進ぬ!電波少年」に出演し、ピン芸人として急激にブレイク。年間テレビ出演本数113本、最高月収は900万円の超売れっ子となりました。芸人として売れるために、無謀な東大受験企画に参じたわけですから、坂本ちゃんでなくとも、目の前に差し出されたドル箱を蹴ってまで大学卒業に執着する者は、なかなかいない気がします。

スポンサーリンク

坂本ちゃんの家庭教師・ケイコ先生の現在は浪曲師!「進ぬ!電波少年」出演は不本意だった!?

坂本ちゃんと同じく、家庭教師を務めていたケイコ先生も、「進ぬ!電波少年」をきっかけに一躍人気者となっています。ケイコ先生は、偏差値70超えの私立白百合学園中学校・高等学校を経て、東京大学教育学部を卒業した本物のエリートです。その上かなりの美人だったため、番組終了後は、本名の唐木恵子の名で、ドラマやバラエティ番組に出演していました。

それから間もなく出会った浪曲に感銘を受け、女流名跡に入門を懇願し、坊主頭で修業に励むこと3年。2006年に、春野恵子の名で浪曲家デビューを果たし、現在は、芸能界を引退して、200もの国内外公演をこなすなど、精力的な活動を行っているそうです。

実はケイコ先生、「進ぬ!電波少年」は、芸能事務所に所属して1発目の仕事だった上に、騙される形で、坂本ちゃんの家庭教師を任されることになったといいます。まさか、マンションの1室に、8カ月間も2人きりで閉じ込められるとは思わず、2度も脱走を図ったのだとか。しかし、今となっては思い出ということで、イヤで仕方なかった坂本ちゃんのメールにも、最小限の返信は行っているようです。

坂本ちゃん「しくじり先生」で明かされた家族との金銭トラブルと現在が辛すぎる!

坂本ちゃんが、2017年2月20日放送の「しくじり先生 俺にみたいになるな!!3時間スペシャル」に、先生として登壇しました。かつてと同じスキンヘッド、黒縁メガネ姿は、確かに坂本ちゃんのものですが、50歳になって唐突に現れると、太ったせいもあって、「誰?」といった印象に。そんな坂本ちゃんが教鞭を振るったのは、家族との金銭トラブルで家族と絶縁しないための授業でした。

「進ぬ!電波少年」でブレイクして以来、母や弟は、金銭的に潤っていた坂本ちゃんに、執拗に金の無心をするようになりました。あまりに執拗だったため、坂本ちゃんは2000万円以上も渡した挙句に、家族とは絶縁。ノイローゼ状態に陥り、芸能界での仕事も失ってしまったそうです。

現在も、芸能事務所の所属は残っているそうですが、新宿ゴールデン街でのアルバイトで生計を立て、家賃4万8000円の風呂なしアパートで貧乏生活を送っているといいます。「しくじり先生」では、13年間も音信不通だった弟が、「実は闇金に借金があった」と謝罪し、坂本ちゃんが涙を流すシーンもありましたが、それでも拭いきれないような後味の悪い話です。

家族とあっさり和解してしまったことに、「違和感を覚える」との声も挙がっていますが、坂本ちゃんは、二度と同じ轍を踏まないつもりで、しくじり談を披露したはず。もし、この番組がきっかけとなって芸能界に復帰できたら、平穏無事に過ごされることを願います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る