佐藤かよのすっぴん、声、脚がキレイ過ぎ!グラビアも衝撃的だった!

佐藤かよのすっぴん、声、脚がキレイ過ぎ!グラビアも衝撃的だった!

佐藤かよのすっぴん、声、脚がキレイ過ぎ!身長、体重、本名は?

佐藤かよのすっぴん、声、脚がキレイ過ぎる!悩殺グラビアの衝撃とは?!

佐藤かよが元男性であることは周知の事実ですが、すっぴんは、どこからどう見ても女性。一切整形を施していないのに、肌も、くっきり二重も、女性よりキレイ過ぎます。いくらキレイなニューハーフでも、しゃべった瞬間、「あ……」と気付かれてしまうものですが、佐藤かよの場合は、声すら女性そのもの。

モデルとして惜しみなく披露している細くて長い脚も、キレイ過ぎて、男性の骨格など見る影もありません。それ以上に衝撃的だったのは、2015年5月18号の「週刊プレイボーイ」に掲載された「佐藤かよ 初水着グラビア」。ビキニだけではなく、挑発ボンテージ、下着姿で縛り付けられるナースなど、セクシーな佐藤かよに悩殺された男性は少なくないでしょう。胸のサイズは控えめですが、豊胸手術していないというから驚きです。

そして人々が最もクギヅケになったのは、男の象徴である膨らみが全くない股間。佐藤かよは「性適合手術」という言葉を出してハッキリと明言したことはありませんが、工事済みであることはほぼ確定。佐藤かよが言っていた「戸籍以外はほぼ女性」とは、こういうことだったのですね。

佐藤かよの身長、体重、本名は?いつから女の子に?

佐藤かよの身長は172cm。体重は公表されていませんが、ネットには55kgと明記しているサイトもあるようです。もっと軽いように見えますが、スタイルキープのために筋トレを行っているため、案外、佐藤かよは筋肉質なのかもしれませんね。1988年12月26日、愛知県名古屋市に男として生まれた佐藤かよの本名は、「佐藤たかゆき」。

スポンサーリンク

幼少期から可愛らしい顔をしていたため、名字をもじった「シュガー」というその頃のニックネームも似合っています。佐藤かよが、自分が男の子であことに違和感を覚え出したのは小学生の頃でした。ランドセルの色や席順、体育の着替えの男女別に馴染むことができず、中学の時には、学ランを着たくなくて不登校に陥って家出をした経験も。

15歳からホルモン注射を開始して、女性としてアルバイトをしていたアパレル店でファッション誌のモデルにスカウトされた佐藤かよは、2010年に性同一性障害であること公表しました。それまでは事務所の社長でさえ、佐藤かよを女の子だと疑ったことはなかったそうです。

佐藤かよと菜々緒は幼馴染の大親友!大島優子とも仲良すぎ!

佐藤かよと菜々緒は幼馴染の大親友!何でも言い合える姉妹のような関係

佐藤かよと菜々緒は幼稚園の時からの幼馴染で、今も大親友。菜々緒は、佐藤かよが男の子だった時代から毎日のように一緒にいましたが、佐藤かよが引っ越してしまったために離ればなれになってしまいました。佐藤かよと菜々緒の再会は、モデルになってからのこと。昔と変わらず菜々緒が姉、佐藤かよが妹のような関係を続けています。仲が良すぎて、家族のように感情をむき出しにした喧嘩もしたことがあるそうですが、それだけ本音を言える関係なのですね。

スポンサーリンク

佐藤かよがテレビを通して戸籍上の男性であることをカミングアウトした時には、事前に菜々緒に相談しており、菜々緒は、佐藤かよの大きな決断に「誇りに思う」とコメントしていました。菜々緒のブログには、佐藤かよのために作ったバースデーケーキや、2人でセーラームーンのコスプレをした画像と共に、「これからも親友であり、良きライバルとしても二人三脚で頑張っていきたい」という、佐藤かよと菜々緒の素敵な関係が伺える投稿がたびたび見られます。実の姉妹でも、ここまで強い信頼関係は珍しいですよね。

佐藤かよが大島優子と仲良すぎ!ずっと一緒にいる?ツーショットが可愛すぎると話題に!

佐藤かよと大島優子は、共に27歳の同い年ということもあり、仲が良すぎることで知られています。大島優子のInstagramやTwitterには、佐藤かよとのプライベートツーショットがたびたび掲載されて「天使すぎる」「カワイイ!」と話題になっています。初詣、スノボ、コスプレ、何でもない日まで、ベッタリと言っていいくらいに、佐藤かよと大島優子が一緒に過ごしていることが分かります。

最近では、大島優子がInstagramで「急に来てお腹すいたと言い、急にうちのキッチンで作り始める人」というコメントと共に、佐藤かよが、得意の料理をする姿を投稿。つい先日には「毎年恒例バレンタインチョコ作り」として、佐藤かよと大島優子が、自宅でミニマフィン作りする様子を公開しており、女子ライフを誰よりも満喫する姿に、2万件を超える”いいね”が寄せられました。

佐藤かよに女性ホルモン投与を勧めた母親の葛藤!本当の幸せとは?

佐藤かよが、2010年に戸籍上の男性であることをカミングアウトした時、おそらくほとんどの人が目と耳を疑ったのではないでしょうか。佐藤かよは、事務所の社長にさえ、自分の性を伏せ通せるほどの美貌の持ち主でした。しかし、出自を隠したままでは、本人名義の預金通帳すら作ることができないなど、あらゆる面で抑圧状態にありました。

佐藤かよのように、性の不一致に悩む人の第一関門となるのは家族の理解。佐藤かよの場合も、「女の子として暮らしたい」という願望と行動が、子供の将来を案ずる母親を苦しめてきました。母親は、佐藤かよの不登校を解消するために、学ランではなく体操服で登校させてもらえるように学校に申し出ては挫かれ、3カ月も家出された時には、食事ものどを通らず10kg近く痩せてしまったそうです。

佐藤かよの兄は、スポーツやヒーローものを好む普通の男の子でしたし、大学にも進学しています。一般的な物差しを捨てきれなかった母親は、佐藤かよを家に連れ戻してからも進路に心を砕きました。しかし、佐藤かよは、進路よりも、「自分自身の性の不一致」という根深い問題を解決せずには前に進めなかったでしょう。

実は、佐藤かよに女性ホルモン投与を勧めたのは母親でした。兄が大学生だった頃には、佐藤かよは、すでに10代にしてモデルとして1人前に稼ぐようになります。今でも母親は、男の子として産んだ佐藤かよが、女性として生きることに100%の理解を持つことはできずにいるそうですが、佐藤かよが本当に自分らしく社会に認められながら生きている姿を見て、「幸せの切符はどこにも売っていない」と思うようになったそうです。佐藤かよの場合は、性の不一致による悩みですが、本当の幸せが世間体や固定観念では決められないというのは、誰にとっても同じこと。臆することなく社会に飛び出していくための指針になるかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る