Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
清野菜名 生茶新CMでの爽やかさと「LOVE理論」で潔いほどの下品さが最高!

清野菜名 生茶新CMでの爽やかさと「LOVE理論」で潔いほどの下品さが最高!

清野菜名 生茶新CMでの爽やかさと「LOVE理論」で潔いほどの下品さが最高!

2015年4月13日、「夢を叶えるゾウ」の作者である水野敬也さんの恋愛マニュアル本「LOVE理論」がテレビ東京の深夜ドラマにて、大野拓朗主演で始まりました。この作品は表の顔はキャバクラの店長、裏の顔はラブ理論マスターの水野愛也という片岡愛之助さん演じる役が、全くモテずモテる男になりたいと東京へ進学した主人公、今田聡演じる大野拓朗に「ラブ理論」を伝授するという、恋愛ハウツードラマです。

早速視聴した方達が、ツイッターなどで「下品」だけど「面白い」とツイートしています。気になるこのドラマのヒロインを演じるのは。

清野菜名 「LOVE理論」で潔いほどの下品さが最高!!

清野菜名 主人公の憧れのマドンナで連続ドラマ初ヒロインを演じる

清野菜名はヒロインである桐谷怜子を演じるに当たり、初ヒロインで嬉しくもあるけど、一秒も手を抜かないように頑張ろうと気持を引き締めた、とのことです。その彼女が演じるのは大学では超清純な女性、夜はキャバクラで働いているという桐谷怜子。監督と清野菜名はその役のイメージについて、天然で明るく元気で、誰からも好かれる女の子だと語っていました。キャバクラで働くという設定の為に、お酒の造り方やマナーを一から覚えたとか。また台本に容姿がモデル並みということで、ダイエットもしたそうです。相当気合を入れている清野菜名。その甲斐あってか初回の滑り出しは上々のようで、ネット上での好評でした。

清野菜名 生茶新CMでの爽やかさがギャップを生む

手島葵の「いつでも夢」にのせて流れているKIRINの生茶のCMでは、優しく染み込むようなナレーションと共に、生茶を飲み最後に風に乱れた髪のまま、囁くように「甘い……」と空に向かって言う清野菜名。濃くなくさっぱりとした飲み口と、甘さを表現したCMにネットでもこのCMに出てる娘は誰だ!?と話題にもなりました。そしてこれで清野菜名を知ったという方も多いと思います。

スポンサーリンク

清野菜名のプロフィール

清野菜名 憧れは「ミラ・ジョヴォヴィッチ」!映画「TOKYO TRIBE」でのアクションが話題に

LOVE理論で取材を受けた際に、自分が演じてきた役は、強い女の子が多かったと語る清野菜名。2007年に行われた中学生向けファッション雑誌「ピチレモン」の第15回ピチモオーディションにてグランプリ・ペンティーズ賞を受賞してモデルとしてデビュー。「ピチレモン」専属モデルとして2011年まで活動していました。2009年に行われた次世代アイドル発掘オーディション「グラビアJAPAN」にて準グランプリを受賞。高校入学を機に、故郷の愛知県から上京。高校ではアクション部に所属していたという。小さい時からアクションが好きだった清野菜名は高校時代に、元アクション俳優で現在は監督をしている坂口拓の元でアクションの訓練を受けた経験があり、それが「TOKYO TRIBE」でスヒロインの座を射止めたことに生かされます。そのオーディションでは、最初は自己紹介のみで終わったのですが、2度目があり運良くアクションを披露する機会を得て、抜擢されたようです。この映画は井上三太原作の漫画を実写化したもので、近未来の東京を舞台にしたTRIBE(族)が、縄張り争いをするアクション大活劇。そのTRIBEの一つ、ブクロWU-RONZのメラ(鈴木亮平)によって風俗店につれてこられた謎の女スンミという役。高い戦闘能力で男を圧倒するという激しいアクションを、清野菜名はスタントなしで演じきりました。日本外国特派員協会で「TOKYO TRIBE」の記者会見が開かれ、園子温(おんしおん)監督は「彼女はアクション女優になろうとして、この世界に入ってきた。彼女のスタントは本当に素晴らしいですから」と絶賛。園子温監督と言えば、良いものは良い、ダメなものはダメとはっきり言う監督で、吉高由里子や満島ひかり、二階堂ふみといった若手女優を発掘したことでも知られています。その監督のフリに対して清野菜名は、スカート姿でバク転いわゆる後方倒立回転を大胆にも披露。映画「バイオハザード」を見て以来ミラ・ジョヴォヴィッチに憧れている清野菜名が、いつかそのミラ・ジョヴォヴィッチと一緒のスクリーンで見られるかもしれませんね。

清野菜名 アクションが評価され、実写版映画「進撃の巨人」にも出演が決定!

「TOKYO TRIBE」でのアクションが話題になり、徐々にスポットライトが、清野菜名を照らしはじめます。2014年8月に公開された後、少女は異世界で戦った(金子修介監督2014年9月27日公開)ではヒロインの内の一人、マリ役を務めた。ここでも本格的にアクションが出来る女優として選ばれ、スタントなしのアクションを披露。今年初めの1月23日には小栗旬と生田斗真の主演で話題になった「ウロボロス~この愛こそ、正義。」にも出演。アクションこそ無かったものの、話題作にも名を連ねるようになり、順調に階段を上り続けています。また2015年8月公開予定の諌山創原作による漫画「進撃の巨人」の実写版に出演予定ということで、今話題になるアクション女優という方はいないので、彼女が日本一のアクション女優になる日もそう遠くないかもしれません。

清野菜名の出身地 愛知県稲沢市について

清野菜名の出身地、愛知県稲沢市の観光スポット「善光寺東海別院」

天正10年(1582年頃)に織田信長と信雄によって、善光寺御本尊如来様が岐阜から尾張甚目寺へ御遷座、いわゆるお引っ越しされる時に、立ち寄ったのが稲沢市の祖父江付近だそうで、その場所に蓮田だった境内に明治42年と43年に連続して一本の茎から2本の花が咲く(双頭蓮)という奇瑞(めでたいことの前兆として起こる不思議な現象。吉兆のこと)を縁とし、善光寺東海別院が創立しました。信州善光寺の別院になります。双頭蓮は奇瑞として有名で、50年か100年に一度現れると言われています。このことから善光寺東海別院では蓮を大事に扱っており、数種類の蓮が6月から8月まで咲き乱れるとのことです。また善光寺東海別院の開基林旭住上人は、善光寺本堂県立の為、地元の人に協力を得るとともに、勧誘活動の一環として、「善光寺如来絵伝」を描いていたそうです。愛知、岐阜、三重の三県に出向いて当時は行っていたそうで、一時期その伝承は途切れていたそうですが、平成15年の御開帳の際に復興されたそうです。絵解きとは、絵で仏教の教えを描いて解りやすくし、更に口頭で伝えることにより、理解しやすくする方法です。是非訪れた際には、この「善光寺如来絵伝」と蓮の咲き乱れるのを見たいですね。

スポンサーリンク

清野菜名の出身地、愛知県稲沢市名物「銀杏」

稲沢市は江戸時代から木曽三川によって肥沃な大地に恵まれ、銀杏の産地として有名です。銀杏は燃えにくいため防災用に、また伊吹おろしから屋根を守る暴風の為に、いたるところに植えられています。米が凶作の時には備蓄食料になったという銀杏。稲沢市の祖父江で採れる銀杏は大粒でもっちりとした食感が特徴で、祖父江飲食組合では「銀杏おこわまんじゅう」や「銀杏入りこんにゃく」、松月堂では「ぎんなん春秋」という最中ふうのお菓子が、大橋米店では「ぎんなんうどん」「ぎんなんそうめん」「ぎんなんきしめん」など色々な料理に使われ、特産品として世に出ています。皆さんも稲沢市を訪れた際は是非一度、祖父江の銀杏料理を味わってみては如何でしょうか。

吉瀬美智子や平野綾に似ていると言われる、清野菜名。彼女達のようにこれからスターダムにのし上がれるか、2015年期待の女優さんの一人ですね。これからが楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る