アニメ「戦国鳥獣戯画」戦国武将が動物に!?放送局はどこ?

アニメ「戦国鳥獣戯画」戦国武将が動物に!?放送局はどこ?出典:http://www.animatetimes.com

アニメ「戦国鳥獣戯画」戦国武将が動物に!?放送局はどこ?

アニメ「戦国鳥獣戯画」で有名戦国武将があの国宝の動物姿に!

アニメ「戦国鳥獣戯画」は、2016年10月より放送開始が予定されている番組です。戦国武将が動物として表現されているこのアニメは、ある国宝を彷彿とさせます。その国宝があるのは、京都府右京区の高山寺。鎌倉時代の明恵によって開基された真言宗系の寺院です。多くの文化財を伝える寺としても知られており、東京国立博物館に展示された時には、長蛇の列を作った国宝「鳥獣人物戯画」でも有名です。

「鳥獣人物戯画」は、甲乙丙丁の4巻からなり、各々の作者も、作成年代も異なります。特に有名なのが、動物を人の姿のように擬人化させ、水遊び、相撲などといった遊戯や、法要を行う姿を描いた甲巻。アニメ「戦国鳥獣戯画」も、「戦国鳥獣戯画~甲~」が正式なタイトルとなっており、絵も甲巻風に擬人化した動物の姿になっています。さらに、織田信長はホトトギス、豊臣秀吉は猿、徳川家康は狸と、あだ名や逸話に関連した姿になっているのが特徴です。

アニメ「戦国鳥獣戯画」を見逃すな!動物戦国武将が戯れる5分番組放送局は?

アニメ「戦国鳥獣戯画」は、織田信長や、豊臣秀吉、徳川家康のほか、甲斐の虎・武田信玄や、鹿になっている真田幸村、河童のルイス・フロイス、そのまま蝮(まむし)の斉藤道三、犬の前田利家など、かなり個性的なキャラクターが登場。歴史的に重要な局面や、何気ない日常生活を緩く描いていきます。放送時間は5分間と短めで、放送局は、KBCテレビ(九州朝日放送)、tvk(テレビ神奈川)、テレビ埼玉、チバテレビ、サンテレビが予定されています。

5分番組ですし、放送時間は夜中が多くてつらい、という方も、アニメ「戦国鳥獣戯画」を視聴することは可能です!多くの動画配信サイトでも配信が決定し、隙間時間に見られるという嬉しい仕様になっています。有料サイトとしてはAbemaTV、dアニメストア、Rakuten SHOWTIMEのほか、基本的には無料となるニコニコ動画でも配信が予定されています。

スポンサーリンク

アニメ「戦国鳥獣戯画」監督・演出住田崇とは?脚本、作画は誰?

アニメ「戦国鳥獣戯画」監督・演出住田崇って何者?

アニメ「戦国鳥獣戯画」で監督、演出を務めるのは、住田崇。映像制作会社SWEATのメンバーでもあり、LOVE&POP代表取締役でもあります。これまで監督や演出として、映像作品に多く関わっており、2012年、戦国時代に現代要素を加え、バラエティ仕立てにした「戦国鍋TV」や、オンラインカードバトル「拡散性ミリオンアーサー」のドラマバラエティ番組「実在性ミリオンアーサー」の演出も担当。

「戦国鍋TV」では、織田信長役村井良太と、森蘭丸役鈴木拡樹が歌う「敦盛2011」や、AKR四十七といったグループなど、独特の演出が話題となり大人気に。「実在性ミリオンアーサー」では、楠世蓮、柳ゆり菜、夢眠ねむといった、モデルや、グラビアアイドルたちが、騎士として大活躍。全員女性というどことなくシュールな演出がウケて大人気となりました。「戦国鳥獣戯画」でも、住田崇がどのような演出で驚かせてくれるか、期待が高まります。

アニメ「戦国鳥獣戯画」脚本・作画はあの戦国TVの関係者たち!

アニメ「戦国鳥獣戯画」で脚本を担当するのは、熊本浩武と土屋亮一。国宝「鳥獣人物戯画」甲巻風のキャラクターデザインを担当したのがニイルセンです。熊本浩武は、かつて吉本興業に所属し、お笑いグループの一員だったこともあり、NHK「着信御礼!ケータイ大喜利」や「板尾創路の脱獄王」などで脚本、脚本協力を担当してきました。土屋亮一は、ラジオの放送作家をしながら、劇団「シベリア少女鉄道」を結成。独創的なアイディアで人気を博している人物です。

スポンサーリンク

ニイルセンは、高校卒業後に、アルバイト先の保育園で初めて美術大の存在を知り、多摩美術大学グラフィック科に進んだという異色の経歴の持ち主。テレビの美術制作会社などを経て、フリーの美術スタッフへ。この接点がなさそうな3人の唯一の接点が、「戦国鍋TV」製作スタッフの一員だったという点。演出を務める住田崇も含め、あのメンバーが!というスタッフが揃っています。

アニメ「戦国鳥獣戯画」テーマソング&ナレーションに林原めぐみ!キャストコメントも

アニメ「戦国鳥獣戯画」の放送が、2016年10月8日深夜1時42分からKBCテレビを皮切りにいよいよ始まります。放送に先駆け、現在は、関連情報が続々と公開中。現時点で役名も公開されているキャストは3人。ホトトギスな織田信長の声を担当するのは、中村国生(なかむらくにお)です。三代目中村橋之助の長男で、自身も歌舞伎役者として活躍しています。11月には四代目中村橋之助を襲名することが発表されており、にわかに注目が集まっています。

続いて、豊臣秀吉役は村井良太です。主に映画や舞台で活躍し、チケットを取れないことで有名な「弱虫ペダル」初代小野田坂道役としても知られる俳優です。舞台&映画「真田十勇士」にも出演しているほか、「戦国鍋TV」には、織田信長役で出演しました。狸な徳川家康役は、和田雅成(わだまさなり)が務めます。舞台を中心に活躍しており、舞台「戦国無双」「刀剣乱舞」「K」といった2.5次元作品に多数出演。関西出身で明るい関西弁が持ち味で、トーク番組にも出演しています。

ほかにも、鳥越裕貴や、長濱慎、三上真史、石井智也といった俳優陣の名前が並んでいるアニメ「戦国鳥獣戯画」。さらに、深澤大河、峯田大夢、今川碧海、長村航希、高橋直気、大矢剛康が、新キャストとして発表されました。アニメ「戦国鳥獣戯画」のYouTube公式チャンネルでは、キャストのコメントを順次配信中。2016年9月現在では、石井智也、深澤大河のコメントを見ることができます。

そして驚くべきことに、ナレーションには、林原めぐみがキャスティング。本人も「なんともバカバカしい展開の中に、真実がある!」と、アニメ「戦国鳥獣戯画」を絶賛。勉強にもなるとコメントしており、収録を楽しんでいる様子です。さらにはテーマソングも林原めぐみが担当すると発表されました。どのような仕上がりになるのか期待は高まります。この秋は、出演者公認ゆるい戦国アニメ「戦国鳥獣戯画」で、戦国時代をゆるく勉強しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る