脊山麻理子の性格がKY過ぎて笑えない!「今夜くらべてみました」が酷かった

脊山麻理子の性格がKY過ぎて笑えない!「今夜くらべてみました」が酷かった出典:https://citydiver.net

脊山麻理子の性格がKY過ぎて笑えない!「今夜くらべてみました」が酷かった

脊山麻理子の性格が悪すぎると評判!天然なのか?KY過ぎるのか?

脊山麻理子(せやままりこ)は、日本テレビアナウンサーを退社し、現在は、フリーアナウンサーとして活躍しています。容姿の整った美人である脊山麻理子は、「美人アナウンサー」「アイドルのようなアナウンサー」との名をほしいままにしてきましたが、ビジュアル的に人気の高い割に、一方では「性格が悪過ぎる」「KY過ぎる」ともいわれています。理由は、脊山麻理子はアナウンサーであるにもかかわらず、場の空気が読めず、話が盛り上がらない上に、話を繋げることができていないこと。

また、バラエティ番組出演時の強気な発言もあるでしょう。報道番組ならば、真面目に原稿を読んでいることで、ある程度は体裁を保てます。しかし、バラエティ番組となると、ゲストや共演者との掛け合いが大切になってきますし、アナウンサーのトークの力量も、番組を面白くするかどうかに大きく影響するものです。

脊山麻理子のトークについては、番組が盛り上がらない理由として、「否定的なことから会話が始まる」、「女王様的な上から目線の会話」などと、視聴者からも厳しい言葉を受けています。KY過ぎるのが天然であるとすれば、フリーアナウンサーとして活動している脊山麻理子の今後には、大きな課題があるといわざるをえません。

脊山麻理子はキャラか?天然か?「今夜くらべてみました」が酷かったと話題に

脊山麻理子は、6月16日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」で、性格が酷すぎるとさらに話題になっています。現在のテレビ番組には、毒舌キャラ、強気キャラも多いですが、一般視聴者は、「この人は悪者ぶっているだけ」、または「毒舌の人たちはキャラ作り」と、ある程度割り切って見ているものです。それで番組を盛り上げているので、仕事としては成立しているともいえます。

スポンサーリンク

しかし、「悩める女を渡部プロが救済SP」に登場した脊山麻理子。自身の悩み相談をするという出演趣旨でしたが、相変わらず否定から入り、提案される内容に対して、いちいち反論し、とうとう「文句を言われる筋合いない」とまで言い出しました。

これには、アンジャッシュ渡部建も、「段々腹立ってきたな」、「ちょっと態度がおかしくないですか?」と言い出しはじめます。共演者のおのののかから「スタッフから説明受けてなかったんですか?」と聞かれた脊山麻理子は、「受けていますよ、バカだと思っているんですか?」と答える始末。キャラ慣れしている視聴者も、「ここまで酷いと、さすがに素なのではないか?」と、脊山麻理子を否定する意見が一挙に高まってしまいました。

脊山麻理子と元夫の結婚馴れ初めが変わり種!離婚理由は何?

脊山麻理子と元夫の結婚馴れ初めがかなり変わっていた!出会いのきっかけは?

脊山麻理子は、2009年、一般人の男性と結婚しました。脊山麻理子のハートを射止めたお相手は、海外勤務もある商社マン。この2人の馴れ初めは、かなり変わったものでした。それは、2009年のこと。新橋駅で痴漢に遭った脊山麻理子は、なんと犯人を自ら取り押さえたそうです。これだけでも凄い話なのですが、その時に、一緒に痴漢を取り押さえてくれたのが元夫となる男性でした。痴漢の取り押さえをキッカケにして、お付き合いへと発展していった脊山麻理子と元夫。

スポンサーリンク

すべては2009年中に起こったできごとでしたから、結婚に至るまでは、実に早い展開だったといえます。結婚を発表してから数カ月後には、これまたスピーディに日本テレビを退職した脊山麻理子。日本テレビを退職したのは、必ずしも結婚が理由というわけではなかったようですが、公私ともに新生活を開始した脊山麻理子について、誰もが幸せに結婚生活を送っているものだと思っていました。

脊山麻理子の離婚理由は何?

脊山麻理子は、結婚後、フリーアナウンサーとして活動していました。しかし、結婚から6年目となった2015年7月中旬に、離婚してしまいます。実は、2013年頃には、すでに離婚の話が出ていたという脊山麻理子。フリーになってからは、仕事が減ってしまったのか、この当時は、水着姿で色っぽい表情をしたグラビアデビューも果たしています。アナウンサーをしていた時とは全く違う仕事ぶりには、衝撃を受けた人も多かったでしょう。元夫も衝撃を受けたのかもしれません。

しかし、離婚理由として根強くいわれていたのは、「脊山麻理子のW不倫」という噂でした。相手の奥様に不倫がバレて、脊山麻理子が示談金を支払ったとまでいわれています。「有吉反省会」に出演した時に見せた脊山麻理子の酒癖の悪さを見た人は、思わず納得してしまう噂かもしれませんね。

脊山麻理子の喋り方はアナウンサーとして本当に大丈夫?

脊山麻理子は、1980年4月生まれで、現在36歳です。幼稚園から高校まで、お茶の水女子大学付属に通い、大学は慶應義塾大学を卒業。医師であり、東京大学医学部元教授・東京大学名誉教授・お茶の水女子大学名誉教授という肩書を持つ父親と、英語教師や通訳などをしていた母親を持つ脊山麻理子は、お嬢様とも思わせる家庭環境で育ちました。だからこそ、「女王様気質」、「高飛車」といわれている脊山麻理子の性格は、キャラではなく、「素」だと思うという意見も多いのです。

しかし、トーク番組やバラエティ番組に出演するたびに、批判の声を集めている脊山麻理子ですが、逆にいえば、テレビ出演すれば視聴率が取れるタレント性があるということ。6月30日には、文化放送の「リオデジャネイロ民放ラジオ101局統一番組」で、萩原次晴と共に番組キャスターに就任したという記者会見を行いました。「アナウンサーとして、オリンピックのキャスターになることは憧れだった」と話していた脊山麻理子。

日本を飛び越えた世界の祭典なので、アナウンサーとしてステップアップできる仕事となることは間違いありません。否定的な言動が気になるといわれている脊山麻理子ですが、世界の祭典オリンピックは、楽しく、明るく、応援して欲しいと思います。いよいよキャスターとしての本領を発揮する場を得た脊山麻理子は、TBS「珍種目No1は誰だ!?ピラミッド・ダービー」で、36歳にして見事なプロポーションの競泳水着姿を披露し、全力で泳いでみせました。

その姿を見た視聴者からは、「脊山ちゃん最高!」、「この子はもっと売れていい子!」という評価の声も。こうした勢いにも乗って、リオオリンピックを機に、脊山麻理子のアナウンサーとしての真価が発揮されると良いですね。挨拶や礼儀などはキッチリしていて、スタッフ受けは良いといわれている脊山麻理子。やはり、毒舌や、場を読まないKYな雰囲気は、”キャラ作り”なのでしょうか。リオオリンピックのラジオ放送で、その真価を見定めることにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る