柴咲コウと歴代熱愛彼氏の破局理由!中田英寿と結婚しなかったワケ

柴咲コウと歴代熱愛彼氏の破局理由!中田英寿と結婚しなかったワケ出典:http://mdpr.jp

柴咲コウと歴代熱愛彼氏の破局理由!中田英寿と結婚しなかったワケ

柴咲コウとつき合った歴代熱愛彼氏とは?その破局理由は!?

柴咲コウは、東京都出身の女優で歌手。20才の時に出演した映画「GO」の演技が高く評価され、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しました。デビューしてまもなく女優として花開いた柴咲コウですが、恋多き女としても知られています。最初に発覚した熱愛彼氏は、ドラマの共演をきっかけに交際が始まったDA PAMPのISSA。しかし、ISSAの浮気が原因で、破局。次に噂になった妻夫木聡とは、今度は柴咲コウの浮気が原因で別れたといわれています。

その後、浮気相手とされたUVER worldのTAKUYA∞と熱愛交際していた柴咲コウですが、これまたTAKUYA∞の浮気が原因であっさり破局。そして2014年に交際を報じられたのは、元プロサッカー選手の中田英寿でした。順調に見えた2人の交際ですが、結婚には至りませんでした。お似合いだった柴咲コウと中田英寿の間には、いったい何があったのでしょうか。

柴咲コウが中田英寿と破局!結婚しなかったワケ

柴咲コウと中田英寿は、2ショット写真も複数回撮られるなど、順調交際ぶりを見せていました。友人関係と思われていた2人が、熱愛交際を報じられるきっかけになったのが、2014年6月のサッカーW杯ブラジル大会。なんと、ブラジルまで赴き、一緒に試合観戦していたところを目撃されたのです。その後、柴咲コウと中田英寿は、フランス・パリで開かれたルイ・ヴィトンのパーティーに同行したことから、恋人であることが決定づけられました。

2人が結婚しなかったのは、結婚観の違いとすれ違いが主な原因とされています。2017年NHK大河「おんな城主 直虎」に主演することが決まっていた柴咲コウと、日本文化の伝道師として会社を設立し世界中を飛び回る中田英寿。自分の道を邁進する2人が共に歩くことは難しかったのでしょうか。

スポンサーリンク

柴咲コウの性格は意外とイイ?本名を公開しない理由は何?

柴咲コウの性格は意外とイイ?悪い?

柴咲コウは、眼力の強さが印象的で、これまで演じてきた役柄の影響もあってか、気の強いイメージがあります。実際に、柴咲コウの性格の悪さを強調するような噂も少なくありません。まずは、織田裕二と共演NGだという噂。ドラマ「外交官 黒田康作」で共演した柴咲コウと織田裕二でしたが、視聴率が振るわず、ご機嫌斜めな織田裕二は、自ら共演者の柴咲コウの演技指導を行い、声を荒げていたとか。

この噂が本当だとしたら、柴咲コウはが共演NGを出されているのかもしれません。また、人気シリーズ「ガリレオ」を降板したのは、柴咲コウの性格の悪さが原因だったという噂もありました。ところがこれも、主人公・湯川教授の相棒を新しくしたほうがいいという柴咲コウ自身の提案によるもので、番組全体の面白さを考えての意見だったとか……どれも、柴咲コウの明晰な頭脳がうかがえるエピソードかもしれません。

現場でのスタッフ受けは非常によいともいわれている柴咲コウ。実はとても人見知りな性格だそうですから、お互いによく知り合い、打ち解けるまで、悪く捉えられてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

柴咲コウが本名を公開していない?理由は何?

柴咲コウは、本名を公開していません。現在の「柴咲コウ」という芸名の由来は、デビュー当時好きだった漫画「ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット」に登場するヒロインの名前が、
「柴崎紅」だったことにあります。柴咲コウいわく、性格も柴崎紅にそっくりなのだとか。柴咲コウが本名を公開していない理由は、明確に語られていませんが、母親の死が関係しているという話もあります。

柴咲コウがスカウトされたのは、中学生の時でした。しかし、父親の反対を受け、芸能界入りを断ります。しかし、高校進学後に母親が末期ガンであることが発覚し、治療費を稼ぐために、芸能活動を始めることに。残念ながら、柴咲コウの母親は他界してしまいましたが、本名での活動は、過去の辛い経験が蘇ってしまうから公開しないのでは、といわれています。

柴咲コウは2017年NHK大河「おんな城主 直虎」主演決定!女優として歌手として進化中

柴咲コウのカバーアルバム「続こううたう」が7月20日にリリースされました。本作は「こううたう」に続く2枚目のカバーアルバムで、前作同様、事前にツイッターでリクエストを募り、柴咲コウ本人が選曲するという形をとっています。
音楽活動に、女優活動と、柴咲コウの経歴を振り返ると、才能にあふれた人物であることが分かります。

柴咲コウが女優として注目され始めたのは、2000年公開の映画「バトル・ロワイヤル」。その後、「化粧師KEWAISHI」といった時代物や、「着信アリ」などのホラー作品、「どろろ」ではアクションをこなし、「舞妓Haaaan!!!」でコメディアンヌぶりを発揮するなど、さまざまなジャンルに挑戦してきました。そして2013年には、「47RONIN」のヒロイン役で、とうとうハリウッド映画デビューを果たしています。

また、ドラマにおいても高視聴率女優として知られている柴咲コウは、2003年に出演した「GOODLUCK!!」で最高視聴率37%をマーク。「Dr.コトー診療所」「ガリレオ」は、どちらも平均視聴率20%を超え、人気シリーズとなりました。2015年には、女優17年目にして「○○妻」で連続ドラマに単独初主演し、思わぬラストで話題を呼んだのも記憶に新しいところです。そして、2017年には、NHK大河「おんな城主 直虎」の主演が控えています。

一方、歌手・柴咲コウの活動は2002年から。2003年にRUI名義でリリースした「月のしずく」がミリオンヒットを記録すると、柴咲コウとして「かたちあるもの」も60万枚を超えるヒットとなりました。

デビューから十数年経った現在も、仕事と真摯に向かい合い、チャレンジし続ける柴咲コウの姿は、見ていて気持ちのよいものですね。来年の大河「おんな城主 直虎」では、柴咲コウの新たな一面を見せてくれることでしょう。これからも立ち止まらず進化していってほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る