柴田恭兵が肺がん克服し「あぶない刑事!」復帰!現在の症状、身長、体重は?

柴田恭兵が肺がん克服し「あぶない刑事!」復帰!現在の症状、身長、体重は?

柴田恭兵が肺がん克服し「あぶない刑事!」復帰!現在の症状、身長、体重は?

柴田恭兵は肺がんを見事克服!「あぶない刑事!」が帰ってきた!

柴田恭兵といえば、恭サマ。「あぶない刑事」や「はみだし刑事情熱系」など数多くのテレビドラマに出演し、ヒットさせてきた実力派俳優です。そんな柴田恭兵が、2006年7月に肺がんに罹っていることが発覚。まだ初期段階のがんということで、柴田恭兵は、摘出手術を受けたそうです。

同年の8月中旬には退院し、自宅療養生活をしていましたが、12月には早くもドラマ「ハゲタカ」に出演し、見事復帰を果たしました。その後も、衰えを知らないかのようにさまざまなドラマに出演している柴田恭兵。そんな彼の最新作は「さらば あぶない刑事」!一世を風靡した人気ドラマ、あぶない刑事シリーズが映画になって復活します。あぶない刑事といえば、柴田恭兵が街中を走り回るシーン。今作でも、柴田恭兵は、忙しく走り回る大下勇次を演じているそうです。

柴田恭兵の現在の症状!肺がん発覚前とほとんど変わらない身長&体重

柴田恭兵が肺がんに罹ってしまったのは、ヘビースモーカーだったためだそうです。2006年に手術を受け、年末には見事に復帰しましたが、その後も肺がんが再発しています。肺がんは再発しやすく、進行が速いがんだと言われているため、柴田恭兵のファンたちもとても心配だったのではないでしょうか。

しかし現在、柴田恭兵は見事に芸能界に復帰し、さまざまな作品に出演しています。がんを治療する過程では、体重が著しく減ってしまうことも多いようですが、現在の柴田恭兵は、身長が176cm、体重が63kgとのこと。見た目はだいぶ痩せているように見えますが、もともとスリムな印象の強い柴田恭兵。数値からみても、極端に痩せているわけでもないようです。ドラマや映画に元気に出演していることからも、柴田恭兵は肺がんを克服したと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

柴田恭兵が最愛の息子を亡くしていた……奥さんや家族は?

柴田恭兵の心を痛めた息子の死!死因は喘息により併発した心臓発作

柴田恭兵は肺がんを発症し、闘病生活で多くの苦労を経験してきました。しかし、柴田恭兵の苦難は、自身の病気だけではなかったようです。というのは、2004年12月に、柴田恭兵の息子(次男)が亡くなってしまったのです。息子の死因は、持病である気管支喘息により併発した心臓発作。柴田恭兵の息子は当時、九州で一人暮らししながら、九州芸術工科大学に通いコンピューター音楽を専攻していたそうです。

しかし、12月中旬に入り、急に連絡が取れなくなったため知人が息子の自宅を訪ねたところ、亡くなっている姿が発見されました。子供たちをとても大切に思っている柴田恭兵にとって、最愛の息子の死はショックが大きく、悲しく辛い日々だったことは想像にかたくありません。悲しい出来事から3カ月後には、映画「まだまだあぶない刑事」がクランクインしましたが、柴田恭兵は、悲しい様子を一切見せず、撮影に臨んだとのこと。息子の死の悲しみに負けず、仕事に打ち込んだ柴田恭兵は、強靭な精神力の持ち主と言えるでしょう。

柴田恭兵の奥さんは元モデル?息子2人娘1人の5人家族だった?

柴田恭兵のプライベートについて、あまり知られていませんが、奥さんや家族構成はどのようなものなのでしょうか?柴田恭兵は1983年に、元モデルだという一般女性と結婚しました。奥さんにとっては再婚で、男の子を一人連れていたとのこと。柴田恭兵は、結婚したと同時に父親になったということになります。

スポンサーリンク

その後、1984年に次男が生まれ、1987年に長女が生まれたのだそうです。
芸能人の家族の情報は、よく世間に出回ってしまうものですが、柴田恭兵の家族についての詳細な情報や写真は、ほとんどありません。柴田恭兵の場合、マスコミに家族のことやプライベートなことはほとんど明かさないことにより、家庭を守ってきたのではないでしょうか。家族に対する愛情の深さが伝わってきますよね。

柴田恭兵の最新作は「さらば あぶない刑事」!セクシー大下にまた会える!

柴田恭兵の代表作といえば、舘ひろしとのタッグで繰り広げるアクション刑事ドラマ「あぶない刑事」。その続編であり、シリーズのラストとなる映画「さらば あぶない刑事」が2016年1月30日に全国公開されます。前作の「まだまだあぶない刑事」が公開されたのが2005年。およそ10年ぶりとなる新作に、喜びを隠しきれないファンも多いのではないでしょうか。

今作では、舘ひろし演じる鷹山敏樹と柴田恭兵演じる大下勇次が、定年退職するまであと5日と迫った横浜で、吉川晃司演じるキョウイチ・ガルシアが率いる中南米マフィアBOBが立ちはだかるというストーリーです。仲村トオル演じる町田透の心配をよそに、定年間近なタカとユージが暴れ回ります。BOBと横浜に潜む犯罪組織すべてを巻き込んだ激闘の行方はどうなるのか?

そして、本作のタイトルにある「さらば」とは「退職」か、それとも「殉職」か?タカとユージ、二人の刑事人生最後の闘いに注目が集まっています。
柴田恭兵は、前作「まだまだあぶない刑事」に出演した後に肺がんに罹り、しばらくの間、闘病生活を送り続けていました。しかし、見事に克服しあぶない刑事として帰ってきた柴田恭兵。長い年月を経て、ダンディーさやセクシーさなど、さらに深みが増したユージに会える日はもう間もなくです。公開日まで期待して待ちたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る