設楽統 嫁、娘も驚愕のフジテレビ帯番組のギャラとは?

設楽統 嫁、娘も驚愕のフジテレビ帯番組のギャラとは?

バナナマン設楽統 フジテレビ帯番組と日村勇紀を操る万能調教師

バナナマン設楽統 フジテレビ唯一の救い「ノンストップ!」起用は

設楽統と日村勇紀による漫才コンビ、バナナマンは、芸能界で圧倒的な勢力を誇る吉本勢を押さえ、今や中堅お笑いのトップといえる存在ではないでしょうか。いち早く才能を見抜いたフジテレは設楽統を2012年より「ノンストップ!」のメイン司会者に設楽統を抜擢。視聴率低下が著しいフジテレビの中で、「めざましテレビ」「とくダネ!」「ノンストップ!」は、民放の同時間帯視聴率首位を獲得しています。

中でも「ノンストップ!」の健闘ぶりは、彼の番組をしきる能力の高さを如実に示したといえます。ギャラもうなぎ上りで、2014年の所得番付では、同じ帯番組の司会者である宮根誠司の3億円を抜いて、なんと3億8000万円だそうです。また番組出演本数も2年連続1位であり、地方の人々でも彼の活躍は十分承知していますが、首都圏の人々にとって、フジテレビでの設楽統テレビの存在感は絶大でしょう。

バナナマン設楽統 お笑い猛獣田村勇紀を操る調教師

バナナマンのネタづくりは全て設楽統が担当。ツッコミどころ満載、天性のバカっぷりをみせる日村勇紀に、縦横無尽、的確無比にツッコミを入れる設楽統ですが、一般の漫才コンビのように、ボケとツッコミをわけているのではなく、自分たちの精緻なコントの中だけでなく、状況に応じて自在に演じ分けができるようです。雛壇芸人と呼ばれる集団の中で設楽統はこれまで、その的確な場の把握力で、いかに自分をではなく、いかにバナナマンを面白く見せるかを担ってきたのです。イジられてもOK、イジりもOK。その調教師たる絶妙なバランス感覚が、まさに、組織における中間管理職とも評される理由なのでしょう。

バナナマン設楽統、色気も感じるドSで頭脳派の素顔

設楽統、バナナマン誕生秘話

設楽統。1973年生まれ、43歳。相方の日村勇紀は1つ年上の44歳です。1993年に結成以来、さしたるスランプもなく、芸能界を勝ち上ってこられたのは、2人が全く違う個性と才能の持ち主であり、お互いのバランスが最高だからでしょう。最初は4人でやるはずのコントユニットを、彼ら2人が確信犯で、残り2人を切ってコンビを組んだとき、日村は、「オレたち、これから凄いことになるぜ」と、真顔で話したといいます。業界の大先輩、とんねるずのお覚えもめでたく、女性アナまで手にした日村勇紀の影に隠れて、一見目立たない普通の人っぽい設楽統もフジテレビ朝の生バラエティ「ノンストップ!」の司会を獲得して「お昼前の顔」の座を不動のものとして以来、収入も含めすごいことになっているようです。

スポンサーリンク

バナナマン設楽統、大泉洋とのバトル

設楽統は「ドS」などと評されていますが、雛段などにおいての場を読む力、今だれがボケているかを瞬時に判断して的確につっこみ、さらにそれを全体へと振り返すことができる、怜悧な頭脳派と言えます。油が乗った芸人は、同じように活躍する芸人と出会うことで、より存在感が際立ちます。北海道が生んだ天才コメディアン大泉洋とはどこか相通じるものがあるのか、互いのラジオ番組で、抱腹絶倒の罵倒合戦を繰り広げ、話題となりました。今や後輩の芸人からはカイザー、皇帝と呼ばれ人望も厚意と評判です。また、いい車に乗って男のさりげない色気をも漂わせる絶好調の設楽統。家庭では、きれいな奥さんと可愛い娘を愛するよき家庭人でもあります。薄毛対策で髪型にはうるさいとのウワサもありますが、バナナマンの活躍は田村勇紀がとんでもないスキャンダルを起こさないかぎり、当分の間・死角なしといえるでしょう。

バナナマン設楽統の出身地、埼玉県秩父郡皆野町ってどんなとこ

バナナマン設楽統の出身地、埼玉県秩父郡皆野町には「リバテラス長瀞」がある

埼玉県秩父郡皆野町は、埼玉県の西北部に位置する山間の町。長年町の観光協会が管理運営していた親鼻河原は、2015年5月から秩父鉄道によって民営化され、「リバテラス長瀞」という新名称のもと、町が誇る観光地としてリニューアルオープンしました。リバテラス長瀞は、河原まで車で直接下りることができるだけでなく、水道や水洗トイレも完備されているので、バーベキューやキャンプなどアウトドアライフを快適に過ごすことができます。また秩父鉄道によるSLパレオエクスプレスの運行や、荒川のライン下り、ラフティングなど、様々なアクティビティを楽しむことができます。

バナナマン設楽統の出身地、埼玉県秩父郡皆野町は秩父音頭発祥の町

皆野町は、秩父音頭の発祥地として知られています。毎年8月14日のお盆には「秩父音頭まつり」が盛大に行われます。流し踊りコンクールは町・県内各地から毎年約70チーム、1,600人を超える出場者があり、コンクール終了後は、夏の夜空を彩る花火が、祭りを一層盛り上げています。秩父音頭は、江戸時代の文化文政期に誕生したといわれています。その踊りの振りには、養蚕や農耕の仕種などが取り入れられ、厳しい風土と、素朴で強靭な秩父人の心意気が余すことなく盛り込まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る