ソニンの結婚や熱愛彼氏は?後藤祐樹と活躍したEE JUMP時代!

ソニンの結婚や熱愛彼氏は?後藤祐樹と活躍したEE JUMP時代!出典:http://pinky-media.jp

ソニンの結婚や熱愛彼氏は?後藤祐樹と活躍したEE JUMP時代!

ソニンの芸能界デビューから今まで!気になる結婚や熱愛彼氏は!?

ソニンは、1983年生まれ33歳の歌手で女優。在日コリアン三世で、本名はソン・ソニム。ソニンの芸能界デビューは、2000年にユウキ(後藤真希の弟 後藤祐樹)、ケンと共に結成したEE JUMPですが、2002年にはソロ活動に転向しました。ちなみに、ソニンが芸能界に興味をもったきっかけは、SPEEDのライブを見て感動したからだとか。

ソロ活動に転向して以降、女優、タレントとしても活動の幅を広げるものの、2012年に芸能界を1年間休止し、文化庁新進芸術家海外研修制度を使って、ニューヨークに留学したソニン。帰国後の2014年1月に再度活動を再開しています。

ソニンは、結婚や熱愛彼氏に関わるスキャンダルが今までに1度もありません。これまで、クリーンな女性芸能人のイメージを維持してきました。それが本当であれば、今のところ結婚の可能性はなく、熱愛彼氏は不在と考えられます。なお、アイドル時代には、結婚したい男性は中居正広だとコメントしていたソニンでしたが、その実現もなさそうです。

ソニンが後藤祐樹と共に活躍したEE JUMP時代!EE JUMPの楽曲の中でオリコン最上位を記録したのは!?

ソニンは、ユウキとケンと共に3人構成でEE JUMPを結成し、芸能界デビューを果たしますが、2000年10月のCDデビュー直前にケンが脱退し、デュオになりました。EE JUMPの3枚目のシングル「おっととっと夏だぜ!」がオリコンチャートで最高5位を記録すると、EE JUMPは勢いに乗りはじめます。

スポンサーリンク

しかし、次のシングル発売直前の2001年8月に、仙台に出張中だった後藤祐樹が、友人と遊びたい欲求が抑えられず失踪し、謹慎処分に。独りになってしまったソニンは、「EE JUMP featuring ソニン」名義でソロデビューを成し遂げました。そんな中、2002年2月には、後藤祐樹が復帰したことから、デュオでのEE JUMPが再始動します。

しかし、ファーストアルバムのリリースが予告されていた2002年4月、まだ未成年だった後藤祐樹が、仲間と飲酒している光景を週刊誌に撮られ、芸能界追放と同時にEE JUMP脱退という事態が発生。EE JUMPは事実上解散となってしまいました。

ソニン「カレーライスの女」セクシー路線から激変!筋肉美が凄かった!

ソニン「カレーライスの女」での露骨なセクシー路線!裸エプロンでファンを虜に

ソニンは、EE JUMP解散後、ソロ活動に専念します。2002年8月にリリースしたシングル「カレーライスの女」では、裸エプロン姿のCDジャケットや、プロモーションビデオにおいてボディラインを露わにし、大きな話題となりました。EE JUMPでのデビュー以来、プロポーションの良さも人気の1つであったとはいえ、キュートさがウリだったソニン。「カレーライスの女」での露骨なセクシー路線は、かなりの衝撃でした。しかし、ソニンには、所属事務所から、ダイエットも兼ねてさらに体を鍛えるよう指示が下ります。

スポンサーリンク

ソニンはセクシー路線から一転して筋肉ボディへ!ダイエットを機に筋トレに熱中している?

ソニンは、事務所のダイエット指示に基づき、運動と食事制限によって激やせに成功します。もともと基礎代謝が高い体質らしいソニンは、食事制限、ストレッチ、ウォーキング、筋トレを繰り返して、順調に減量できたようです。しかし、ソニンは、このダイエットをきっかけに、筋肉トレーニングに熱中してしまいます。

筋肉がつきやすい体質でもあったようで、ダイエットのため筋トレをしていたところ、女性とは思えないほどの筋肉ボディを作り上げることに成功したソニン。所属事務所の意図は、ダイエットにあったにも関わらず、想定外の筋肉ボディ化を開始したソニンには、ジム禁止令・筋トレ禁止令が発令されました

ソニンは舞台女優に自分の居場所を見出した!実力を発揮し菊田一夫演劇賞も受賞!

ソニンは、ニューヨークへの留学を終えて日本に帰国し、2014年から芸能活動を再開しました。その後は、舞台での活動に生きがいを見出しているようで、舞台女優に転身したことに対し、「このまま死んでもいいと思った」「居場所を見つけた」とコメントをしています。

ソニンが舞台女優に転身したきっかけは、2007年の「スウィーニー・トッド」と、2008年の「ミス・サイゴン」への出演で、配役に没入した感覚に震えたようです。持ち前の歌声と芝居を武器に、現在では、舞台「キンキーブーツ」の日本人キャスト版で、ヒロインのローレンに抜擢されています。ソニンは、東宝が演劇界の発展のために作った「菊田一夫演劇賞」を2016年に受賞するほど、着実に実力を発揮しています。本場ブロードウェイへの出演に対しても意欲的のよう。

もともとEE JUMPのメンバーとしてデビューし、アイドル時代からセクシー路線を経て、舞台女優になったソニン。「カレーライスの女」時代のセクシー路線のソニンからは想像し難い、大きな変化と成長です。パフォーマーとしても人としても、人に優しさや温かさを与えられるようになりたい、と非常に前向きな姿勢のソニン。決して順風満帆ではなかった芸能活動を通じて、前向きに舞台活動に邁進するソニンには、ようやく見つけた自分の居場所と思える場所で、のびのびと活躍を続けていってほしいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る